「モアザンワーズ(漫画)」あらすじとネタバレ!大容量の試し読みも紹介

「モアザンワーズ(漫画)」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「モアザンワーズ(漫画)」あらすじ

■はじめに■―――――――

この作品はBLカテゴリされていないことが多いですがBL要素を含みます

そういうのが苦手な方は気をつけてください。

とはいえ、ガッツリなBLストーリーではありません。

逆にBLを求めている方には物足りなさを感じると思います。

以上の点をご注意ください。

―――――――――――――

 

高木美枝子(たかぎ みえこ)と妹尾槇雄(せのお まきお)

中学時代のひょんな出会いから仲良くなりなります。

いつも二人でいるので周りからは付き合ってるのかよく聞かれますが本人たちは否定。

ただの友達ではないけれど恋人でもない微妙な関係

 

二人は高校生になりバイトをすることに。

そのバイト先で福永永慈(ふくなが えいじ)と知り合います。

そして実は永慈がゲイだと言うことを知り―!?

ネタバレ

ある日の夜、美枝子が彼氏の家を飛び出し歩いていると槇雄に出会います。

頬が赤く腫れている美枝子を見て槇雄は声をかけます。

クラスも違った二人に面識はありませんでしたが、それをきっかけに仲良くなっていきます。

 

同じ高校に進学した二人は同じところでバイトを始めます。

ひょんなことからバイト先の先輩、永慈がゲイだと言うことを知ってしまいます。

バイト帰りに車を持っている永慈が二人を送ることが多くなり次第に仲良くなる三人。

永慈は次第に槇雄のことが気になり始めます。

 

美枝子に相談する永慈。

そんな美枝子と永慈を見て勘違いする槇雄。

勘違いをされていることを知った永慈は槇雄に真相を話してしまいます。

そして槇雄と永慈は付き合うことになりました。

そんな二人の幸せを心から願う美枝子でしたが―

 

ひょんなことから槇雄と付き合っていることが親にバレた永慈。

そしてそのことを知った永慈の父親は二人の関係に猛反対しました。

それを機に永慈が一人暮らしを始め、槇雄が転がり込むようになって数年経ち―

 

美枝子と槇雄は高校を卒業。それぞれの進路を進むことに。

そんなとき、美枝子と槇雄、永慈の三人は永慈の父親に呼び出されます。

呼び出された名目はそれぞれの進路祝いということでしたが―

 

永慈の父親が突然、槇雄と永慈に別れてくれと言い出しました。

時間が解決してくれるだろう・・・そんな風に考えていた槇雄。

そうはいかなかったことに戸惑いを隠せない三人。

そして二人の幸せを願う美枝子はある決断をします―

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想とか

はじめに注意書きしたようにBL要素を含む作品です。

とはいえ主人公は美枝子で、美枝子を中心とした物語です。

母子家庭、元彼に酷いことをされたというのもあり男性が苦手な美枝子。

 

そんな美枝子だから槇雄や永慈と仲良くなったんでしょうね。

槇雄には友達以上、でも恋愛感情ではない何かを抱いています。

この感情が何かも最後に明かされます。

 

槇雄と永慈の仲を父親に反対されたあたりから、もう涙なしでは読めませんでした。

二人の幸せを思っての美枝子の決断

ホントとんでもないことで、良いか悪いかは・・・うーんって感じですが。

まとめ

高校を卒業して美容関係の専門学校へ進んだ美枝子。

バイト先に就職することを決めた槇雄。

父親の強い希望もあり、父親の会社で働くことなった永慈。

それぞれの想いが複雑に絡んでいき、そして最後は―

正直ハッピーエンドにもアンハッピーエンドにも取れる微妙な終わり方です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子()
持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない)
昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)