「海王ダンテ」ネタバレと試し読み情報!少年は未知の力で海を行く

「海王ダンテ」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「海王ダンテ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「海王ダンテ」無料試し読みへ(PC版)

「海王ダンテ」あらすじ

1763年、西欧諸国の間で行われていた七年戦争が終結。

勝者となったイギリスは海路の開拓、世界中の植民地活動に取り掛かっていました。

海の向こうにロマンを求めて―

 

海路の開拓のため北極点を目指すイギリス軍。

氷塊に行く先を阻まれ足止めを食らっていたその時、船に近づいてくる人影。

しかもその人影は子供のようで―!?

 

その少年は世界の理(ことわり)を知っている。

大いなる力を秘めた少年、ダンテ。

彼が荒波をかき分け切り開いていく運命は!?

ネタバレ

時は18世紀半ば。

西欧諸国が海の向こうにロマンを求めていた時代。

北極点を目指し航海していたイギリス軍は、氷塊に行く手を阻まれていました。

すでに17日間も足止めを食らっていて貯蔵してある水や食料も怪しい・・・

このままだとフランス軍に先を越されるどころか自分たちの命さえ危うい。

 

そんなとき、あたりの監視をしている船員から人影が近づいてくると言う声が。

「何を言っているんだ、ここら一帯は人外境。」

こんな場所に人がいるわけがない、そう返事をするエリオット艦長。

おおかたアザラシか何かだろうと思っていた艦長でしたが―

 

「やはり・・・人・・・しかも・・・子供・・・か!?

船の方へ近づいてくる人影は子供のようでした。

「よかった、こんなところで通りすがりの船と落ち合えるなんて。」

近づいてきた少年は言いました。

 

少年の名はダンテ。訳あって北極点を目指しているということでした。

イギリス軍は女王の命で北極点に旗を立てることが目的でした。

国の力を誇示するため―

特にフランス軍に負けるわけにはいかないと思っていたイギリス軍。

エリオット艦長は、ダンテがフランス軍の人間であれば拘束する必要があると言います。

「旗立てにはまったく興味がない。そこにあるものが必要なんだ。」

友人の命を救う為のものを探しているとダンテは答えました。

 

しかし船員たちは納得しませんでした。

そこで、ダンテは背負っていた大きな本を取り出しました。

「なんだこのでかい本は!?」

その大きな本はダンテが祖父から受け継いだもの。

その本には、この時代ではあり得ないほど正確な地図が載っていました。

地図のほかにも見たことのない文字でいろいろと書かれていました。

この本はいったい―!?

 

また、本の他にもダンテは不思議なものを持っています。

それは魔導器と呼ばれるアイテム。

大きな本と一緒に祖父から受け継いだものだということでした。

ダンテは、その大きな本と魔導器を使いあらゆる困難に立ち向かっていきます。

 

気になる詳しい内容は、ぜひ単行本を読んでみてくださいね!

まんが王国「海王ダンテ」を読む(スマホ版)

BookLive「海王ダンテ」を読む(PC版)

感想とか

少年が友人を助けるために冒険する物語か・・・ふむふむ。

と、最初は思ってたんですが、なんかスゴいアイテムが出てきましたね。

ダンテが背負っていた大きな本。

この本が世界の理を教えてくれます。

 

簡単に言うとまだまだ子供なダンテに入れ知恵してる張本人(?)です。

その当時では知り得ないような情報が事細かに書いてあるようです。

正直チートアイテムです。

そして魔導器。これまた不思議な力を持っています。

 

イギリス軍が立ち往生していた辺りの氷塊を船員たちと壊すことに。

そしてなんとか氷塊を壊し船を進めることができた矢先、大きな氷塊に阻まれます。

これまでか・・・と思うイギリス軍の人たちでしたがここで魔導器が登場。

ダンテがその魔導器を使うと、巨人のような影が現れて氷塊を壊しました。

ムキムキな巨人の一撃でした。

 

はい。魔導器もチートアイテム確定。

ただこの魔導器を使うには代償が必要とのこと。

巨人を召還した代償は右手の指すべての爪がはがされました。

ひぇぇ・・・痛そう・・・

まとめ

祖父から受け継いだ、世界の理を知っている巨大な本と不思議な力を持つ魔導器。

それらを駆使してあらゆる困難にダンテは立ち向かっていきます。

どんな困難がダンテの行く手を阻んで、そしてどうやって切り抜けるか!?

この先のダンテの冒険が楽しみですね!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「海王ダンテ」を読む(スマホ版)

BookLive「海王ダンテ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)