「まんがグリム童話 タブーの昭和虐待事件」ネタバレと試し読みについて

「まんがグリム童話 タブーの昭和虐待事件」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「まんがグリム童話 タブーの昭和虐待事件」のネタバレ

時は第二次世界大戦の終わり。

東京大空襲により焼け野原と化してしまった荒野に2人の家族がいた。

母・まち子と息子・ノゾム。

空襲からなんとな生き延びた2人だったが、彼女たちを見る目は冷たかった。

 

その理由は、彼女の夫である俊介にあったのだ。

当時の時代背景から、国が負けるなどという言葉は口が裂けても言えなかった。

しかし、大学まで進学し、俊介は日本の国力とアメリカの国力の差を理解していた。

そのため、この第二次世界大戦の中で行われた太平洋戦争は、日本の負けである。

 

そのように言っていた俊介は、特別高等警察に連行され、逮捕されてしまう。

そして、戻ってきたのは遺骨のみ。

周りからも奇異の目で見られてしまうまち子とノゾムは、亡き夫の地元である信州へ足を向ける。

だが、そこでも待っていた目は変わらなかった。

 

義母の家には、「非国民」などというような文字が書かれているのだ。

義母の話を聞くと、やはり非国民の子の親も非国民。

そのような認識なっていた様子。

 

加えて、非国民という認識と田舎の村社会も加わり、義母は村八分にされていたのだ。

とはいえ、荒野と化した東京に戻るわけにもいかないまち子たち。

亡き夫の地元である信州で暮らす以外に選択肢はないのですが、この選択が後にまち子の運命を歪めることとになるのでした。

 

必死の思いで逃げてきた先で、まち子に待ち受ける過酷な運命とは。

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

実際に非国民と呼ばれることはあったでしょうねぇ・・・。

そういう雰囲気だったと思いますから。

話は変わりますけれど、赤紙とかって無視していた人もいたらしいんですよね。

 

もちろん、そういった人は戦後も逞しく生き延びていたそうですよ。

さて、話は本編の感想に入りまして、やっぱりアレでした。

うーん、表紙からして・・・という感じだったので、キツめです。

 

この辺りは、そういった方針を取っている「まんがグリム童話」ですので、仕方ないですね。

女性が虐げられたりするのが苦手な方は、あまりオススメできないものとなっていました。

とはいえ、時代背景的なことを考えてしまうと、これもあったんだろうなぁ・・・。

そんな風に考えさせられました。

まとめ

昭和の闇の一端を漫画で追うことができます。

ただ、内容は優しくないので読む際は注意してください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です