「未婚の花嫁」ネタバレと試し読み!擬似家族っぽくなった3人の結末とは

「未婚の花嫁」の結末のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「未婚の花嫁」のネタバレ

仕事で疲れ気味のアビゲイルは、大叔父が所有していた孤島で休養していました。

そこに、2人の家族がやってきたことから、アビゲイルの日常は急変。

彼ら2人の名前は父がセルビー、息子はハリーと名乗る。

突然の訪問者に対して、どうしてここに来たのかと聞くと、セルビーは契約だからと答えます。

 

セルビーとの契約は大叔母が勝手に結んでおり、アビゲイルからすれば文句が言えない契約になっていました。

なし崩し的にアビゲイルは、しばらく彼らと寝食を共にすることになるのでした。

1つ屋根の下で、年頃の男性と女性がいるわけですから、惹かれ合ってしまうんですよね。

 

ただ、どうも雲域が怪しくなっていきます。

セルビーの耳に別れた元妻が、セルビーの所在を探っているという情報が入ります。

さらに、アビゲイルの元にパパラッチらしき記者もやってきて、一悶着が起こります。

 

大叔母と契約し、突然の来訪者としてやってきたセルビーとハリー。

彼らと暮らす中でアビゲイルに芽生えつつある感情。

大叔母がアビゲイルがいることを知っていて契約した理由とは?

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

元はハーレクインの小説みたいですね。

作者の人を調べてみたら、昔っから活動していた執筆家の人でした。

 

元が小説であるために、マンガ化すると情景や心情が削られてしまうので、少しちぐはぐな部分も出てしまったみたいです。

とはいえ、物語の根幹は男女の恋愛と共に、家族愛がテーマとなっていますので楽しく読めました。

 

少々話が飛ぶとはいえ、登場初期のハリーが中盤から元気に目一杯走り回ったりする様は、読み手の私も心が踊りましたね。

ハリーの可愛さにノックアウトですよ。

 

あれは、アビゲイルも何だかんだで、ハリーに色々としてあげたくのも分かる。

アビゲイルも言っていましたが、子供は朗らかが一番ですよ。

まとめ

アビゲイルがキッチンからセルビーとハリーのやり取りを見て、微笑むシーンなんて家族そのもの。

このシーンが最も私の心の中に残りましたね。

 

恋愛要素が絡む作品ですので、お約束的な物も挿入されています。

そこを含めて、軽妙な会話も豊富に散りばめられているので、楽しめます。

 

また、アビゲイルも意地っ張りながら、地は面倒見の良い性格が手伝い悪い印象を持ちません。

ほのぼの系で腐れのない大人な恋愛を楽しみたい人に、向いている作品ですね。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です