「あせびと空世界の冒険者」あらすじとネタバレ!無料試し読みも紹介

「あせびと空世界の冒険者」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「あせびと空世界の冒険者」のあらすじとネタバレ

空に浮かぶ島で暮らす人々が普通に存在している世界。

しかし、空の生活は楽なものではなく、彼らの街には常に危険な来訪者がやってきます。

来訪者の名前は「竜魚」という魚のような獣のような生き物です。

 

彼ら竜魚を対峙するのが『衛士』と呼ばれる特殊な銃器を扱える人々。

彼ら衛士は空の生活に無くてはならい存在なのです。

そして、この物語の主人公であるユウも衛士の一人。

 

今日も街中に現れた竜魚を一発で仕留めたユウ。

ユウにはパートナーがいて、名前はあせびと言う女の子。

ただ、あせびは人間じゃありません。

人型のモジュールと呼ばれた機械だったのです。

 

さて、そんなユウとあせびは、別の島へと移りたかったのですが、あいにく船がありません。

竜魚が大量に発生しているらしく、そう簡単に船を出すことができないのです。

そんな中で、ユウとあせびが行きたい島に行くという船に乗せてもらえる話が舞い込みました。

 

ただ、乗せてもらえる船が、かなりのおんぼろ・・・。

加えて、依頼者である女性がツンツンして、機嫌も悪い。

色々と厄介そうな仕事かも・・・と思ったあせびは、断りを入れる・・・はずでした。

それをユウは制止させ、なんと衛士として仕事を受けることを決定。

 

こうして2人が求める島へ行くことになるのですが、ここからが大変な事に。

危険と言われた島へ行くわけなので、途中で巨大な竜魚に襲われます。

さらに、1匹退治して休む日まもなく次から次へと巨大な竜魚が出現。

 

ユウとあせびが空の世界を旅する訳とは。

あせびに『人生を与えて欲しい』と願った人物の想い。

空の世界を旅する2人と、あせびに託された願いの行方はどうなるのか。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

空を旅する物語というのは、聞くだけでワクワクしてしまいますね。

『空の島』ってキーワードだけで、私の心は高ぶってしまいますよー。

多分、これはクロノトリガーのせいでしょうね!

 

絵柄に関しては、コンパクトにまとまり過ぎているゆえに、印象が薄い感じに受けます。

また、正統派な冒険活劇ものゆえに、序盤はスローペース気味。

 

そのため、展開的に物足りない感じがします。

巻を追う毎に冒険活劇っぷりに磨きがかかるので、そこからが楽しめる部分でしょう。

まとめ

スチームパンク、失われた文明、空に浮かぶ島、少年少女の冒険活劇。

これを王道と言わず何を王道と言うのかって言うのか!

というくらい詰め込まれています。

RPG系ゲームをプレイするのは面倒だけど、ストーリーだけは楽しみたい人とかにオススメできる作品ですね。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です