「モテキ(漫画)」ネタバレと最終回の結末!安全な試し読みも紹介

「モテキ(漫画)」ネタバレと最終回の結末です。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「モテキ(漫画)」のあらすじ

藤本幸世(ふじもとゆきよ)は彼女なしのまま、20代の終わりを迎えようとしていた。

しかし、派遣社員でヘタレの草食系男子にもついにモテ期がやってきた・・・!?

ネタバレ

人生に一度訪れるという”モテ期”。

派遣で金もなく、彼女もいないまま30歳になろうかという、藤本幸世(ふじもとゆきよ)にもそれはやってきた。

 

サマーフェスに一緒に行ったものの、彼氏といるところを見て逃げ帰ったままの土井亜紀。

20歳で処女だった飲み友達どまりの中柴いつき。

幸世が25歳の時一番好きになった、何を考えているか解らない小宮山夏樹。

 

また、中学時代ヤンキーだった林田尚子はよき相談相手だ。

突然訪れたモテ期にも、まともな青春を過ごしたこともなく、誇りを持てる仕事もしていない。

さらには、お金もなく、地味な外見をした薄っぺらい人生経験の(本人談)、幸世の受身の姿勢は変わらなかった。

基本的に卑屈なのである。

 

幸世の卑屈さに、土井亜紀は相当イラつかされてもいた。

すぐ逃げだし、自虐的に自分の殻に閉じこもりがちな幸世だったが、どこかで小宮山夏樹への想いをひきずっていた。

 

幸世に訪れたモテ期は、彼を成長させることができるのだろうか。

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想と最終回の結末などに関して

1巻の表紙が秀逸ですね~。

大変失礼ですが、なんかこんな感じの卑屈そうな人いるいる!って感じの表情です。

今までモテなかったヤツに急激なモテ期が訪れても、やはりそう変われないものなのですね。

 

非常に話題になった作品で、もちろん映画にもドラマにもなっています。

どちらも森山未来で、ハマっていると思います、

しかし、読んでて楽しい!って感じではないのです。

むしろ、痛くなってくるのです。

 

なぜって、幸世の、「俺なんかどうせ」みたいなところがすごく身につまされるので。

傷つかないように逃げる行動が、誰かを傷つけている、など思い至らないところも痛いです。

そして、モテ期とはいっても、ハーレム状態ではなく、どうにもならないことも・・・。

 

楽しいというよりは、痛く切なく苦しいのですが、すごく濃密な作品になっていると思います。

しかし、ところどころ、強烈な笑いも差し挟まれるので、飽きることはありません。

個人的には、夏樹のお姉ちゃんが好きでした(笑)

一応重要な役どころなのに、扱いはぞんざいなところも好きです。

まとめ

作者が女性だった、ということも話題になりましたが、細かい心理描写に頷けるものがあります。

全4巻と半分と、意外と短めなのですが、とにかくセリフが面白くて深いです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。