「蜜の島」ネタバレと最終回の結末について!試し読みも紹介

「蜜の島」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「蜜の島」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「蜜の島」無料試し読みへ(PC版)

「蜜の島」あらすじ

昭和22年。主人公、南雲佳哉(なぐも よしや)

小さな少女を連れて九州南沖太平洋上の船にいました。

少女の名は貴船(きふね)ミツ。

 

南雲が軍人だったときの仲間、貴船に娘を故郷へ連れて行ってくれと託されました。

南雲とミツが向かっていたのは石津島(いわづしま)と呼ばれる島。

しかしその島は地図にも載っていない幻の島で―!?

ネタバレ

南雲とミツは石津島に向かうため船に乗っていました。

しかしその船は志布志と大阪を往復する船だと言うことを知ります。

そのとき突然船が止まり、南雲の前に一人の役人が現れます。

 

役人の名は瀬里沢極(せりざわ きわむ)。内務省調査局第一課の調査員。

瀬里沢は地図にない島「石津島」の調査へ向かうところでした。

海のど真ん中で止まった船。瀬里沢はそこから船を乗り換えると言いました。

そして島からの迎えだという小さな舟がやってきます。

 

小さな舟に乗り換えて、南雲とミツ、瀬里沢は石津島に向かうのでした。

地図にも載っていない存在しないはずの島― 石津島。

島に到着しミツの家を探しますが、島民名簿にそれらしき名前は見あたりません。

なんとか家を見つけましたがそこにはミイラ化した家主の遺体と食事が置かれていて―

 

この島の人々はという言葉を知りませんでした。

言葉を知らないというより死という概念そのものがありませんでした。

ミイラ化していてもなお生き続けているように食事を用意し、対話もする―

そんな島で事件は起こります。

 

何者かによって島民のハナが殺害されます。

そして、ハナの遺体を埋葬しようとしていた今村もまた殺害されてしまいます。

この事件を皮切りに、悲劇は続きます。

漁師のアンジ、神社の宮司、ロクと次々と殺害されます。

 

また殺人事件とは別に、島に異変が起きていました。

火山の噴火が近いと言うことでした。

南雲や瀬里沢はなんとか島民たちを島から脱出させようとします。

 

しかし余所者である南雲や瀬里沢の話を信じない島民たち。

それどころか余所者のせいでこんなことになっているんだと攻撃されます。

そこへミツがやってきて―!?

 

気になる詳しい内容は、ぜひ単行本を読んでみてくださいね!

コミなび「蜜の島」を読む(スマホ版)

BookLive「蜜の島」を読む(PC版)

 

感想と最終回について

ミツちゃんの正体にもビックリでしたが、島民たちの考え方?もビックリですよね。

死という概念がなく、記憶に残っているうちはその人は生きている。

ミイラ化してたって食事を用意するし対話だってしている。

私たちが聞こえない声が聞こえている―

 

サバイバル系ホラーサスペンス漫画を読んでたはずなんですが・・・

なんか難しい話になってました。

瀬里沢が「この島の住人には心がない」って言うんですよね。

心=私

自分というものがなく外から聞こえる神の声に従って行動している。

まあ時代や文化が違うと、こういうのもあるのかな・・・と。

 

で、殺人事件の犯人ですが、上記のことを踏まえて考えてみよう!って感じですか。

死という概念がない―というのがポイントですね。

犯人はヤス・・・じゃない以外な人物です。

まとめ

地図にも載っていない幻の島で次々と起こる殺人事件。

犯人は誰なのか!?

そして火山の噴火。

 

島が倒壊してしまうほど大きな噴火。

南雲や瀬里沢、ミツたち島民の運命は―!?

自分なりに推理しながら読んでましたが想像の斜め上を行く結末でした。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「蜜の島」を読む(スマホ版)

BookLive「蜜の島」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)