「逃げるは恥だが役に立つ」7巻ネタバレ!ドラマ原作漫画の試し読みも

「逃げるは恥だが役に立つ」7巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

その他の巻に関するネタバレなどは、コチラからどうぞ。

「逃げるは恥だが役に立つ」各巻のネタバレと感想

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「逃げるは恥だが役に立つ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「逃げるは恥だが役に立つ」無料試し読みへ(PC版)

「逃げるは恥だが役に立つ」7巻ネタバレ

契約結婚を結んだみくりと平匡。

ビジネスライクの関係だった2人ですが、晴れて両想いに。

そして、現在の事実婚ではなく、真実、入籍することを決めます。

 

その最中、平匡の職場では、部門縮小の話が浮上。

みくりとの結婚を考えている平匡は、安定を取って職場に残ろうとしていました。

しかし、転職のために動く同僚たちの姿や話を聞き、平匡の心は揺れます。

独り身なら新しいことにチャレンジしてみたかもしれない。

 

それでも、今更みくりがいない生活など考えられない。

揺れる心を何とか鎮めようとする平匡。

そんな平匡に、同僚の沼田が一緒に転職しないかと声をかけてきます。

そして、沼田の転職先の人を紹介されるのです。

 

話は聞けば聞くほど興味深く、心躍る平匡。

とうとう、みくりに転職のことを相談します。

転職となれば、少々立て込むことになる。

入籍を先延ばしにしてもいいかという平匡に、笑顔で賛同するみくり。

実はみくり自身、このまま入籍してもいいのかと悩んでいたのです。

 

仕事として家事代行を始めた以上、それがただの日常になれば収入はなくなる。

モヤモヤとしたものを抱えて入籍するのは避けたかったのです。

みくりにとっても、平匡の申し出は渡りに船という状況でした。

そして更にみくりは、1ヶ月の別居を提案します。

 

離れて暮らすことで、先のことを落ち着いて考えたかったのです。

みくりの言葉をきちんと聞いた平匡はそれを了承。

みくりは、1ヶ月間、百合の家に住むことになります。

けれど、状況を知らない百合と風見は2人の行動に疑問を抱くのです。

 

最初は、チャンスと思った風見ですが、みくりの平匡一筋は変わりません。

むしろ、みくりを心配する百合と過ごす時間が増えたことで、その心に変化が。

百合は、自立した大人ですが、どこか放っておけない。

相変わらずみくりへの興味はあるものの、次第に、風見の関心は百合へ。

 

しかも風見の転職先は、百合の勤め先と同じビル。

家も仕事場も近くなった風見と百合は、この先どうなるのか。

また、互いに想い合いながらも別居生活を続けるみくりと平匡。

2人は、どういう結論を出すのか。

 

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

コミなび「逃げるは恥だが役に立つ」を読む(スマホ版)

BookLive「逃げるは恥だが役に立つ」を読む(PC版)

読んだ感想

想いが通じ合い、仲良く過ごすみくりと平匡さん。

一見すると、順調に見える2人ですが、その心には各々の想いや悩みがあります。

恋愛のことだけを考えているわけじゃないからこそ生まれる葛藤。

 

この物語に出てくる登場人物は、良くも悪くも大人なのです。

前回の巻では、みくりのモヤモヤは経済的な部分でした。

けれど、どうやらそれだけじゃないよう。

 

その片鱗が窺えるのは、みくりの同級生の登場部分。

この女性とみくりの会話から、みくりが抱えるモヤモヤを少し理解できてきました。

それは、人の役に立つ仕事がしたいということ。

 

確かにこのまま結婚してしまえば、家事は仕事ではなくなってしまいますからね。

そんなみくりに対し、6巻では散々なヘタレっぷりを発揮してくれていた平匡さん。

今回は、とても素敵でした。

 

悩むみくりの言葉をきちんと聞き、更には、みくりが納得するまで待つという大人対応。

今までは壁を作り、傷つくことから逃げていた平匡さん。

それが、みくりに出会い、恋をしたことで変化します。

幸せも傷つくことも、せっかくなら思う存分楽しもうと決めたのです。

 

相手を思い遣る心も自立心もある2人。

この2人には、是非とも互いにとって一番いい関係を見つけて欲しいです。

そして、とうとう百合ちゃんと風見さんが、いい感じになってきました。

この2人は、自立心が旺盛過ぎて今まで恋愛が長続きしなかったのではないかと。

 

まだまだ恋の予感は微かなものですが、予兆は表れています。

みくりと平匡さん、そして、百合ちゃんと風見さん。

この先がどうなるのか、最後まで見守りたくなってしまう作品です。

まとめ

「逃げるは恥だが役に立つ」の物語も佳境です。

そろそろ終わりが見えてきたと、海野つなみ先生も、7巻のあとがきに書いていました。

 

みくりと平匡の関係はどうなるのか。

また、百合と風見の恋は始まるのか。

とても先が気になります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「逃げるは恥だが役に立つ」を読む(スマホ版)

BookLive「逃げるは恥だが役に立つ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。