「スロースターター(ハルミチヒロ)」あらすじと結末のネタバレ

「スロースターター(ハルミチヒロ)」あらすじと結末のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「スロースターター(ハルミチヒロ)」あらすじ

彼女なし歴=年齢の緑は、ある夜の街で酔っていた女の子を保護する。

行きずりから、自分の家へ連れ込んだ緑は、彼女によって童貞を卒業してしまうのだ。

翌日、彼女からヤケになった理由と名前があざみということを聞かされる。

こうして、今まで女性と縁のなかった緑の日常に、少しずつ変化が訪れるのだった。

結末のネタバレ

あざみがヤケになって緑とヤッた理由というのが、好きな女の子に手が届かないからなんですね。

あざみの好きな女の子はかおるっていうのですが、底抜けに明るくて良い子。

 

だけど、ビッチ。

超ビッチ。

かおるのビッチっぷりが終盤で、ちょっとしたトラブルを起こしてしまいます。

 

あまりに男関係に奔放だったため、ツケを払わされてしまったんですね。

死んではいませんが、肉体的にも精神的にも、少しばかり痛い目に合いました。

それから、少し経ってバイトで出会ってからは、それっきり。

 

かおるはどこかへ消えてしまったんです。

という話をカフェであざみと緑は話していました。

あざみは、かおるが存在したのかって言うことを緑に問いかけて、曖昧ながら答えをもらいうのです。

 

出会いは変だけど、変な所でピュアな物語。

緑とあざみが共にかおるに対して出した答えとは。

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

出会いこそ酷い(緑にとっては)ものの、内容は「恋」に関するピュアな気持ちが溢れています。

人の心の内側、どこまで踏み入れていいか。

どこまでなら、好きな人に許されるか。

そういう不安が絵と言葉で詳細に描かれていきます。

 

緑の童貞力っぷりも(2話以降は元童貞)良いスパイスとして働いています。

あー、良い奴って言われる男は、大体こういう奴だよね〜って感じです。

 

でも、そんな緑だからこそ、自分と同じ性別であるかおるに恋したあざみを励ますことができました。

多分、緑じゃないと励ませなかっただろうと感じさせる展開は、私は気に入りましたね。

まとめ

絵の綺麗さは言わずもがな。

作者の作風傾向からして、安心して読んでいられる作品です。

エッチなシーンはあるものの、女性でも読みやすいですよ。

 

本作の絵やストーリーが気に入った人は、同作者の「ベルベット・キス」もオススメできる作品です。

「ベルベット・キス」各巻のネタバレと感想

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です