「月光(ウチヤマユージ)」ネタバレと感想!奇妙な共同生活の結末とは

「月光(ウチヤマユージ)」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「月光(ウチヤマユージ)」のネタバレ

朝から夕方までは電話オペレーターとして仕事をする坂本。

しかし、家へ帰ればオペレーターとして仕事している時とは、全く別人のように様変わり。

住んでいる家は、かなり山奥に建っている一軒家で、鍵も頑丈に掛けられた家でした。

 

さらに、坂本は不思議な少女と同居中。

同棲しているにしては不思議で、坂本が鍵を外から開けることで少女は家の中を自由に動ける仕組みになっていました。

少女は非常に快活で坂本に対して、沢山の言葉を語りかけるものの、坂本は紙とペンで応答するのみ。

 

明らかに怪しい雰囲気ですが、坂本は少女を傷つけるわけでもなく、ただただ寝るまでの時間を一緒に過ごすだけ。

朝に目が覚めれば、昼食のお弁当を作り、少女の分も扉から差し入れておくのでした。

そして、それと同時にこの家の過去が語られる。

 

一体、坂本が事件のあった家で一人の少女を監禁し続ける理由とは。

おかしな関係ながらも共に信頼を置くちょっと見すぼらしい青年と、いたいけな少女の日常生活。

もう1つは修行をするお坊さんとの愛の形も収録。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

かなり不思議な感じの漫画。

なんとも言えないもどかしさ、モヤモヤを感じさせつつも、読み手のページを捲る手を止めさせません。

 

でも、題材として直球で言うと「少女監禁」ですからね。

現実だったら、即座にバレて逮捕です。

漫画だから、こうしている感じですけど。

しかし、絵柄の雰囲気も手伝ってか非常に読みやすい。

 

その上、さっきも言ったように、手が止まらなくなってしまうんですよねー。

それは1つとして絵柄のシンプルさにあるのかな、と。

昨今の漫画は非常に書き込みが激しい漫画と、少ない漫画があります。

「月光」は後者で、必要な背景以外を描いていません。

 

そのため、2人の関係のみに焦点を当てて読んでいける。

ここが大きいのかなー、と感じました。

私としては、書き込まれている絵も好きですが、月光のようなシンプルな漫画も好きですね。

サクサク読めるため、人にオススメしやすいな、と思いました。

ただ、題材で好き嫌いが分かれそうですけどね!

 

同作者の別作品は、コチラからどうぞ。

「よろこびのうた」結末のネタバレと感想

まとめ

読み終えた後にちょっと寂しさが残りますね。

もう少し読みたいけれど、これくらいが良いのかもしれない。

この余韻がたまらないから1巻完結型ばかり手にしてしまうのでしょうねー。

人によってはオチが微妙と感じるかもしれませんが、私は非常に楽しめた作品でした。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です