「大東京トイボックス」10巻のネタバレ!最終回の感想もあり

「大東京トイボックス」10巻のネタバレで、これで最終回です。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「大東京トイボックス」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「大東京トイボックス」無料試し読みへ(PC版)

「大東京トイボックス」10巻のネタバレ

走馬灯のようによぎる過去の記憶。

仙水と一緒にゲームをして、勝ち負けで競っている時。

いつだっただろう、小学生の時代だろうか。

 

そんな狭間にいるような感覚で記憶を手繰り寄せる太陽。

銃で撃たれて気を失ってしまったのか。

あー、プライドになんて従うんじゃなかった、と思いつつ過去の記憶へと沈んでいく。

思い出すのは、ダームを作る理由。

 

仙水がいつかはゲームをやらなくなる、と言っていた。

その時に、太陽は閃いた。

なんでも言うことを聞く、ということを。

そして、戻るは現実。

 

そこには一人の男、卜部がいた。

ニセの火事によってソリダス社員をロックアウトさせ、太陽を幽閉。

そこに最後通告し、CO2を注入しようとするのだった。

全ては復讐のために。

 

憎んで憎んで憎み続けたゲーム業界を壊すために動き続けた卜部。

そして、幽閉された太陽を助けるために動き出し、助け出した後に仙水の身に迫る危険。

最後に卜部と対峙した時に、太陽の口から語られる言葉とは。

 

詳しい話の内容は、単行本を覗いて確かめてみて下さい。

コミなび「大東京トイボックス」を読む(スマホ版)

BookLive「大東京トイボックス」を読む(PC版)

感想について

最初はゲーム業界のクリエイター話でした。

この記事を書いている時に丁度やっている「NEW GAME」みたいなものですね。

あっちは、また別ジャンルですが。

 

だけど、徐々に物語がシリアス化していって、過去の復讐の話から児ポや法規制。

そういった政治的なお話が入り交じるようになっていきました。

そのため、当時を単行本で追いかけていた人は、ヤキモキさせられたんじゃないかと感じます。

 

いやいや、そうじゃないんだよっ!と。

個人的に言えば、物語としては楽しめましたが、ゲーム業界を紹介したりするのは失敗かなって感じます。

確かに、漫画家としても強い影響力が及ぼされるであろう題材でしょう。

 

でも、敢えてこの作品に政治的な話を入れてしまうのは、何か違うんじゃないかって思いましたね。

もっと、据え置きとスマホゲーの話とか、課金ガチャやMMOに対する言及。

ユーザーが何を求めていて、作り手側は何をユーザーに感じてほしいのか。

 

こういった所の方を細かに描き出してくれなかったのが、個人的には残念でしたね。

とはいえ、何だかんだでオチとしてはまとまっていたし、ラストシーンは男の友情ものでした。

読んだときには、ニヤッと出来ること間違いなしでしょう。

まとめ

惜しいっ!

そんな感想が真っ先に出て来る作品でした。

最近は、VRとかで家庭用の据え置きゲームが最注目を浴びていて嬉しい限りです。

 

長らく主役はスマホになっていましたからね。

ここらで一気にガッツリとスマホ→据え置きのシェアに移って欲しいと思います。

それだけの魅力は秘めていますからね!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「大東京トイボックス」を読む(スマホ版)

BookLive「大東京トイボックス」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です