「ヤスミーン」あらすじとネタバレ!無料試し読み情報もあり

「ヤスミーン」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「ヤスミーン」のあらすじ

広大な土地が広がるサバンナの一角にある王族の集落があった。

その王族の集落はライオンの棲み家。

ライオンの集落で奴隷として暮らすトムソンガゼルは奴隷として働いていた。

今、トムソンガゼルによる反逆の狼煙が上がろうとしていた。

詳しいネタバレについて

主人公は奴隷としてライオンの王国で働くトムソンガゼルのブエナ。

母と弟の3人家族でライオンの王国で奴隷として一生を終える予定でした。

しかし、王族たちの帰還の歓迎で、ブエナの人生は変わるのでした。

 

ブエナの弟であるシャムが殺されたのです。

シャムは小さいながらも賢く、今の自分の状況がおかしいと思っていました。

 

だから、狩りから帰ってきた王族たちの前に出て、狩ってきた獲物であるシマウマの子供たちと友だちになりたい。

そう進言したのです。

 

だが、彼らライオンに情などというものは存在しなく、シャムは無残にも足一本食われて殺されたのでした。

そして、この狂った状況に同じく疑問を抱いていたブエナが、プチハイエナ族のゾンと共にライオン族へ反逆の狼煙を上げるのです。

ライオン族が恐れている「白い悪魔」と呼ばれる伝説のチーターを・・・。

 

ブエナとゾンが協力し、一人の伝説的な人物を探す度。

ライオンの支配下にある彼ら2人の種族は、無事に解放されることができるのか。

狂った世界で繰り広げられる動物たちの獣味溢れる群像劇は必見。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

この漫画、かなりズルいです(笑)

久しぶりに、これだけ熱くなれるマンガを読みました。

なかなか、こういう挑戦的な作品って見なかったですからねー。

 

人間に置き換えたら割りとよく見る展開ではあります。

でも、それを敢えて動物でやったってところが面白い。

しかも、食べる食べられるの関係じゃなくて、仕えさせる側と仕えさせられる側っていう対比も良い。

 

絵だけ見るとギャグっぽく感じてしまいますが、心理描写も深いです。

その上で二足歩行なんだけど、きちんと動物的な戦いを描いています。

最初のシマウマ族の大人たちの立派さは、言葉に表すことが出来ないシーンでしたね。

まとめ

衝撃的なマンガですね。

ギャグよりなコンテンツを見事にシリアスに消化させています。

このネタで作品連載をGOさせた担当編集者の人に、どうして連載OKだったか聞きたいくらいです。

 

それくらい、私にとっては衝撃的なマンガ作品でしたね。

週刊少年誌もこれくらいの攻めのある作品が出てきたら、きっとまた発行部数とか電子書籍DLとか伸びそうなんだけどなー。

 

やってみません、各社の週刊少年誌の担当さんたち。

きっと大受けすると思うんだけどなー。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です