「ブスが7億円もらったら〜リベンジ〜」7話の詳しいネタバレについて

「ブスが7億円もらったら〜リベンジ〜」7話のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「ブスが7億円もらったら〜リベンジ〜」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「ブスが7億円もらったら〜リベンジ〜」7話のネタバレ

6話の終盤で語られたゆきを復讐に駆り立てた老婆の正体。

実は、ゆきの祖母で一代で巨万の富を築き上げた女傑だったのです。

しかし、ゆきに対しての態度は今までゆきと接してくれた人と変わりません。

 

ただ、それでも血のつながりがあるからなのか、イジメをしてきた人たちとは違います。

きちんとゆきを匿ってくれることを約束したのでした。

付き人の命令でゆきはホテルへと送り届けられます。

 

その際中に老婆、いえ祖母であるはな緒の過去の話が語られるのでした。

ゆきの父である昇に帝王学を徹底的に叩き込んでいたはな緒。

だが、企業の帝王学は心優しい昇には、ついて行けないものばかり。

重圧に耐えきれない昇は、心身ともに疲れ果てていました。

 

そんなある日に、昇と出会ったのがゆきの母であるあけみ。

世間知らずだった昇るは女性への免疫が無く、ほんの少しの優しさで落ちてしまったのです。

そこからは、お坊ちゃまである昇るのクレカをあけみは使い倒していったのでした。

その状況はもちろん昇るの母であるはな緒にも伝わっていたのです。

 

クレカが止められ、夜の世界を抜けるためにお金が必要というあけみの言葉を信じた昇。

はな緒へ直談判に向かいますが、看破しているはな緒へは取り付く島もありません。

歪んでしまっている昇の言葉に耐えられなくなったはな緒は、昇へキツイ一発をお見舞いしました。

 

昇ははな緒との交渉が終わったことをあけみに伝えます。

そこで取ったあけみの行動は、ゲスそのもの。

最早お前など用済みだよ、と言わんばかりの言葉を浴びせたのです。

そして、昇は・・・。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

ブッサイクな母親だなーと。

いくら女性に免疫が無くとも、あんなブサイクは私も・・・。

さて、この話では老婆の過去と復讐したいと思わせる話の下地でした。

 

唯一の肉親でしたので、奪われてしまった母の悲しみは相当なものだったのでしょう。

過保護過ぎた故に、メンタル面が鍛えられなかったことから起きた悲劇ですね。

もう少し伸び伸びとやらせて、メリハリをつけていれば作中のようにはならなかったでしょう。

とはいえ、ゆきとしては御家騒動に巻き込まれている形で話が進むので、大変ですよね。

 

これからゆきが復讐へ進むのか。

それとも、別の道を見つけていくのか。

そこに注目していきたいと思います。

まとめ

8話はゆきが誕生する瞬間になるんでしょうね。

しかし、なんでゆきを育ててたんでしょうか、あけみは。

 

やっぱり、それはお金持ちの息子だった昇の血を引いていたからか?

それとも、一応仕方なく保護者になってしまったからか。

この辺りも徐々に描写されていくのかなー。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です