「かぞくごっこ(菊屋きく)」漫画のネタバレ!試し読みも紹介

「かぞくごっこ(菊屋きく)」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「かぞくごっこ」無料試し読みへ(PC・スマホ共通)

「かぞくごっこ(菊屋きく)」あらすじ

主人公、斗己(とき)。

斗己は幼なじみの寿允(ひさみつ)に想いを寄せています。

しかし学生の頃から寿允は女性にモテモテ。

 

そして寿允は結婚します。

寿允の結婚を機に幼なじみとして、親友として側にいよう、そう心に決めた斗己。

寿允に子供ができ、順風満帆だと思われていましたが―

 

「いなくなった?どっどういう事!!?」

「男と逃げた・・・ありえねえ」

なんと寿允の妻が他の男性と逃げてしまったのでした・・・

 

妻に出て行かれ、置いて行かれた息子とこれからどうやって暮らしていこう・・・

不安になる寿允に斗己が言いました。

「一人じゃない!俺が瑛(あきら)の面倒を見る!!」

こうして寿允と息子の瑛、斗己の3人での生活が始まりました―

ネタバレ

寿允の妻が出て行き、勢いで3人で暮らすことになった斗己。

あれから3年が経っていました。

斗己はフリーランスで働いているため、家事と仕事の両立に問題はありませんでした。

何より寿允と瑛と生活できる喜びを感じていました。

 

しかし―

喜びを感じる一方、いつまでもこの生活を続けられないだろうとも思っていました。

そう、斗己の寿允への想いは秘めたままでした・・・

 

そんなとき、斗己のケータイに母親から電話が。

「実はあなたのお見合いパーティー申し込んだの」

もちろん斗己はお見合いをする気も、女性と付き合う気もありませんでした。

どうにか断ろうとあたふたしていると―

 

斗己が電話する様子を見ていて、見かねた寿允は斗己からケータイを奪い・・・

「今は斗己のいない生活が考えられないんです」

と、斗己の母親に告げました。

 

例え今一瞬のものだとしても俺は幸せだ―

寿允の言葉を嬉しく思う斗己。

そう思う一方で、寿允に今度こそいい人が現れた時は2人の前から消える・・・

そう決意している斗己なのでした。

 

一度は断った斗己のお見合い話。

しかし忘れたころに母親からお見合い写真が送られてきました。

実は斗己の母親、勝手にお見合い話を進めていたのでした。

 

断ったら相手に迷惑がかかるからと言われ、仕方なくお見合いに行くことに。

お見合い相手に会ってみると、実は相手の方も親が勝手に進めていたということ。

2人とも結婚する気は全くないという事で、親の話などで意気投合。

 

話が盛り上がり帰るのが遅くなってしまった斗己。

家に帰ると寿允が斗己の帰りを待っていました。

「どこの親でも考えることは同じって言うか、その話で盛り上がっちゃってさー」

今日会った女性との話をする斗己に―

 

「お前は俺を一人にしないよな?」

と、斗己に詰め寄る寿允。

その日から、寿允の斗己に対する態度が変わっていき―!?

 

気になる詳しい内容は、ぜひ単行本を読んでみてくださいね!

BookLive「かぞくごっこ」を読む(PC・スマホ共通)

 

感想とか

学生時代からずっと寿允のことが好きだった斗己。

しかし寿允は女子にもモテて、彼女ができることも。

自分は片思いなんだって、ずっと思い知らされてたんでしょうね・・・

それでも寿允のことが好きで、想いを秘めたまま友として側にいることを決意する。

斗己の心中を考えるととても切なくなりました・・・;;

 

これは斗己の片思いなのかな・・・って思っていました。

いたんですが、なんか寿允の態度がちょいちょい引っかかるんですよね。

斗己のお見合いの話になる前でも。

 

これはもしかして、片思いじゃないんじゃないのか・・・

うっすらとそう思いながら読んでると、やっぱりお見合い話で急展開!?

ハラハラドキドキの展開でサクサク読めちゃいました!

まとめ

斗己のお見合いをキッカケにギクシャクする斗己と寿允。

そんな2人の雰囲気を感じ取った瑛。

「・・・斗己いなくなっちゃやだ」

斗己にしがみつき泣きじゃくる瑛。

「俺も困る」

斗己と瑛を包むように抱きしめる寿允。

 

どうするのが皆の為になって

何が正しいのかもわからなくなってきた

この一瞬が永遠ならどんなにいいんだろう

 

これが幸せだって思っちゃいけないの―

今の幸せに葛藤する斗己。

今後の3人の関係は一体どうなる!?

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「かぞくごっこ」を読む(PC・スマホ共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子()
持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない)
昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)