「怪談夕闇少年」ネタバレと感想!お前の願いは聞くが叶うかは知らん

「怪談 夕闇少年」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「怪談 夕闇少年」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「怪談 夕闇少年」無料試し読みへ(PC版)

「怪談夕闇少年」あらすじ

坂本千鶴(さかもとちづる)は同級生の河井(かわい)に片思い中。

1年生の頃から続いている片思い・・・

しかし、話しかける勇気すらない千鶴でした。

 

そんなある日の学校帰り。

「あれ?こんなところにお店なんかあったっけ・・・?」

帰り道で見覚えのないお店を発見した千鶴。

 

ショーウィンドウをのぞくと「恋の花」と書かれた小瓶が目に付きました。

「おすすめですよ、それ」

そう言いながら店から出てきたのは学生服っぽい服を着た少年で―!?

 

椿(つばき)と名乗る少年が店主の不思議なお店、黄昏堂(たそがれどう)

「恋の花」「替え魂香」「キズナの水」

黄昏堂にある3つの商品の、3つの物語―

ネタバレ

※以下「恋の花」のネタバレになります。

片思いの相手に話しかけることすらできず、いつも見ているだけの千鶴。

「情けないなー・・・」

学校からの帰り道。

そんなことを考えながら歩いていると、見覚えのないお店を見つけて―

 

「こんなところにお店なんかあったっけ?」

ショーウィンドウをのぞくと、そこにあったのは「恋の花」と書かれた小瓶。

「なにこれ・・・」

千鶴が小瓶を見ていると店の中から少年が出てきました。

「いらっしゃいませ。僕は店主の椿です。」

 

店主だと名乗る少年。

店主?こんな男の子が?と不思議に思った千鶴でしたが、少年に店内へ促されます。

「どうぞ中へ」

 

「これはただの花じゃない。意中の相手と恋人気分になれる花なんです」

少年はおもむろに説明を始めました。

「この種を意中の相手の髪の毛と一緒に土に埋め水をあたえるだけ・・・」

 

花が咲くだけで恋人気分が味わえる―

そんなわけない。

そう思う千鶴でしたが、結局花の種を買ってしまいました。

 

半信半疑でしたが、とにかく試してみようと思った千鶴。

体育の授業で着替えたとき、河井の服から髪の毛を取り―

「もうコレ完全にストーカーだよね・・・」

苦笑いしながらも意中の相手の髪の毛をゲット。

 

学校から帰ると、種と髪の毛を植木鉢へ。

水を与えると、芽が出てあっという間にスルスルと伸びつぼみを付けました。

「あっという間に花が・・・!?」

そして花が開くと、そこには人間の顔が!?

 

「ひぃいいっ!!」

驚いて後ずさりする千鶴。

「ひっ・・・人の顔が・・・」

しかもその花に付いていた顔は千鶴が片思いしている河井の顔で―

 

「・・・やぁ」

驚いている千鶴に河井の顔をした花が話しかけました。

声まで河井にそっくりなその花は続けます。

 

「君が好きだ。僕の恋人になってくれないか?」

恋人気分ってこういうことなのか・・・

「わ・・・わたしも河井くんのこと・・・」

こうして、千鶴と河井の顔をした花の恋人生活が始まり―!?

 

・・・ただし

花の寿命は1週間です

お忘れなく―

 

気になる詳しい内容は、ぜひ単行本を読んでみてくださいね!

コミなび「怪談 夕闇少年」を読む(スマホ版)

BookLive「怪談 夕闇少年」を読む(PC版)

感想とか

世にも不思議な~・・・な感じのホラー作品ですね。

なんとなく最初から嫌な予感しかしないので、結末を予想しながら読みました。

約束を守れず代償として何かが起こるとか!?

千鶴に何か?河井に何か??

 

しかし読み進めていくと、なんやかんやで結果は良さげな方向に・・・

もしかしてハッピーエンド!?

・・・と思いきや、どーんでーん返し~!?

ハラハラしながら読んでいたんですが、予想の斜め上を行く展開でした。

 

あと2つのストーリーも、また違った感じのホラーでドキドキします。

見た目のグロテスクさよりも、サイコホラー的な要素が強いですかね。

どの話も予想の斜め上行く展開で、ハラハラドキドキのホラー作品でした。

まとめ

恋の悩み、友情の悩み・・・

人それぞれの悩みがあります。

そんな悩みを解決する道具が並ぶ不思議なお店、黄昏堂。

不思議なお店の不思議な少年店主に誘われた人々が紡ぐ戦慄のホラー作品です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「怪談 夕闇少年」を読む(スマホ版)

BookLive「怪談 夕闇少年」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)