「オオカミ少女と黒王子(漫画)」16巻の結末のネタバレ!

「オオカミ少女と黒王子(漫画)」16巻の結末のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「オオカミ少女と黒王子」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「オオカミ少女と黒王子」無料試し読みへ(PC版)

「オオカミ少女と黒王子(漫画)」16巻の結末のネタバレ

エリカの大嘘から始まったエリカと恭也の関係。

晴れて本当のカップルになり、紆余曲折。

そんな二人も、いよいよ高校を卒業する。

 

京都の大学へ行くエリカと恭也は、別々の道へと進むけれど、心は離れないと誓った。

絶対離してやらないという恭也の言葉を支えに、エリカは一人京都で頑張ることに。

大学での勉強は勿論、更に伯母の元での修行にも励むエリカ。

 

おかげでGWにも帰ることができず、恭也と会うこともできない。

寂しさを感じながらも、頑張るエリカ。

そして、迎えた夏休み。

 

恭也が京都へと来てくれることに。

喜ぶエリカでしたが、久しぶりに会うことで、どうしていいか分からなくなってしまう。

けれど、なんとかいつもの調子を戻し、恭也にウザがられるエリカ。

 

好き好きオーラ全開のエリカと、それをクールに邪険と扱う恭也。

そんな相変わらずの二人の関係かと思いきや、恭也はエリカに盆には必ず帰って来いと。

絶対だと命令してくる恭也に、確約ができないエリカは戸惑ってしまう。

 

すると、寂しさを我慢しているのはお前だけじゃないという恭也。

それを聞いたエリカは、絶対に帰ると宣言。

そして翌日、帰る恭也に、名残惜しさを感じるエリカ。

 

そんなエリカを他所に、あっさりと歩き出す恭也。

しかし、ふと足を止めた恭也は、卒業したら一緒に住むかと言い出すのだ。

何てことはないような恭也とは反対に、動揺するエリカ。

 

そして、月日は流れ、ベッドで眠る恭也を起こす少女。

この少女は、エリカと恭也の娘、結奈。

結婚しても相変わらず恭也への愛情を溢れさすエリカ。

 

そして恭也も、相変わらずそんなエリカをウザそうにクールな対応。

けれど、昔から口癖のように幸せだというエリカの言葉を聞いた恭也は、改めて気付く。

興味もなかったし、考えようとしなかったけれど、本当はとっくに知っていた。

こんなエリカとの日々が、幸せだということに。

 

もっと詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

Handyコミック「オオカミ少女と黒王子」を読む(スマホ版)

BookLive「オオカミ少女と黒王子」を読む(PC版)

「オオカミ少女と黒王子(漫画)」16巻を読んだ感想

嘘つきのオオカミ少女と、ドS腹黒王子の物語が、遂に完結です。

恭也の言葉や態度に一喜一憂してしまう健気なわんこ少女・エリカ。

そんなエリカを邪険に扱いながらも、不器用な愛情を見せる恭也。

 

最初は、高校卒業するところで終わりなのかと思っていました。

しかし、その後の大学生の話や、高校時の未公開ネタ話、そして、大学生後の話まで。

ちゃんと二人のその後まで、きちんと描いてくださった作者さんに感謝です。

 

自分の嘘が始まりとはいえ、エリカは、恭也に振り回されて何度泣いたことか。

幸せになれて本当に良かったです。

また、巻を重ねるごとに、恭也もだんだん可愛くなっていきました。

 

これは意地悪なのではなく、ただ不器用なんだな、と。

パッと見の扱いは酷いのですが、結局はエリカのことが可愛いのだと伝わってきました。

そんな二人の物語が終わってしまうのは、とても寂しいです。

 

しかし、無事に幸せな結末を迎えられたことがとても嬉しく感じました。

きっとこれからも、わんことご主人様みたいな二人の関係は変わらないはず。

けれどそれは、幸せに溢れたものなんだろうと思わせてくれる終わり方には、大満足でした。

まとめ

八田鮎子先生の「オオカミ少女と黒王子」は、シリーズ全16巻です。

2011年から連載が始まり、2016年5月25日に発売された16巻で、物語は無事に完結を迎えました。

実写での映画化や、テレビアニメ化もされた人気作品です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「オオカミ少女と黒王子」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「オオカミ少女と黒王子」無料試し読みへ(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。