「屍囚獄」4巻に関するネタバレと感想!殺戮は何度でも繰り返される

「屍囚獄」4巻に関するネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「屍囚獄」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「屍囚獄」無料試し読みへ(PC版)

 

「屍囚獄」4巻に関するネタバレ

民俗学研究のため、八坂村へとやって来た大学教授と助手、そして、6人の女子大学生。

八坂村は、人口僅か43人という寒村で、特異なことに直近50年程は女児が生まれていない。

そんな異様な村に、東京から来た8人は土砂崩れによって閉じ込められてしまった。

 

そして、始まった連続猟奇殺人。

教授も殺され、村の男たちによって追い詰められていく女子大生たち。

一体、誰が味方で、何を信じたらいいのか。

 

膨らむ疑惑によって、互いに猜疑心に駆られていく美琴たち。

そして、美琴は宇受売によって猿田彦の面がふたつあるということを知る。

それでは、砂霧やこのはを殺したのは、一体誰なのか。

 

確実に数を増やしていく犠牲者。

その中、美琴はこのはと香坂を殺しただろう男と遭遇してしまう。

しかし、事情を聞いてみれば、それは誤解で、男は誰も殺していないという。

 

彼は、恋人を村の男たちに殺され、復讐をしようと村に潜んでいたというのだ。

自分のせいで怪我をしてしまった男と共に、美琴は一先ず宇受売神社へと向かうことに。

けれど、男は宮司のことも信用しない方が良いと警告してくる。

 

不安に駆られながらも神社にたどり着いた美琴たち。

だが、そこにいた比奈も、誰かに首を絞められ殺されていた。

同時に、村には火事が広がり、さよりを連れた村人たちが避難しようとしていた。

 

次々に襲い掛かってくる猿田彦の面をつけた者。

美琴を殺そうと襲ってきた能面をつけた者。

 

その正体は、一体誰なのか。

そして、この忌まわしい習慣に囚われた村が抱える秘密とは――。

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

Handyコミック「屍囚獄」を読む(スマホ版)

BookLive「屍囚獄」を読む(PC版)

4巻に関する感想

とうとう、残るは美琴とさよりだけになってしまいました。

けれど、秘められていた謎が、次第に明らかになってきました。

美琴は、謎を解いて無事に生きて村を出ることができるのか。

 

世間に忘れ去られたような村に閉じ込められてしまうという状況。

その村の男たちによって、追い詰められていく女子大生たち。

常軌を逸した狂気が、次々と彼女たちを襲ってきます。

 

更に言えば、今回でまともな人がいないと分かってしまいました。

宮司さんも、その身に狂気を孕んでいたようですから。

やはり村の人間、ということなのでしょうか。

 

物語の展開は、どんどんと救いがない方向へと向かっていきます。

終盤では、うずめちゃんも危機的状況に陥っていますしね。

一体、どういう結末を迎えるのか。

何より、この八坂村が長きに亘り繰り返してきた忌まわしい習慣。

謎が謎を呼び、読めば読むほど、とても先が気になってしまいました。

まとめ

室井まさね先生の「屍囚獄」は、2016年4月22日に、第3巻が発売されました。

次巻である4巻は、今までの発売日からすると、10月下旬ごろになるのではないかと。

また、「まんがライフWIN」にても連載中です。

続きが気になって仕方がない方は、こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「屍囚獄」を読む(スマホ版)

BookLive「屍囚獄」を読む(PC版)

 

5巻のネタバレはこっちから!

「屍囚獄」最終回のネタバレ!結末で語られるうずめの過去とは

2017.01.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。