「ステラとミルフイユ」3巻のネタバレ!最終回で2人が迎える結末とは

「ステラとミルフイユ」3巻のネタバレです。

最終回に関するネタバレも混じっているので注意してくださいね。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「ステラとミルフイユ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ステラとミルフイユ」無料試し読みへ(PC版)

「ステラとミルフイユ」3巻のネタバレ

医者になれという父親の言葉に従って生きてきた葉山銀河。

自由を得たいと、家を出て一人暮らしを始めたけれど、世の中は銀河の知らないことばかり。

今までは勉強一筋で、人にも周りにも興味を持ってこなかった。

 

しかし、アパートの住人たちに出会い、友人を得た銀河は、初めて人の心というものを知る。

そして、桃野椿への恋心を自覚した銀河。

だが同時に、桃野の気持ちや高月柊の気持ちにも気付いていく。

 

桃野に告白をした高月の旅立ち。

このままでは、桃野は何も答えず終わってしまう。

それでは駄目だと決意した銀河は、桃野を連れて高月の元へ。

 

そして、無事に送り届けたことを確認した銀河は、静かにその場を離れる。

けれど、高月の前に立った桃野は、一緒には行かないと宣言。

高月のことはとても大切な存在で、ずっと憧れていた。

 

感謝してもし切れない、何ものにも代えがたい友達だ、と。

そして、自分には大切にしたいものがあるからこそ、ここに残ると言う桃野。

桃野が決めたことに、高月も感謝していると笑顔で応えると旅立って行った。

 

高月とは行かず、残ることを決めた桃野。

そんな桃野に、銀河は想いを告白。

しかし、桃野には、さくらが一番大切なのだと振られてしまう。

 

それでも銀河は、人を好きになれたことの大切さを知っていた。

その想いを大切にするためにも、銀河は諦めずにひた向きな努力をする。

父親との関係は勿論、今まで向き合ってこなかったことへ立ち向かおうとするのだ。

 

ちゃんと向きおうと決めた銀河は、どこまでも純粋でひた向き。

目覚ましい成長を見せる銀河に、桃野も惹きつけられていく。

物語は終わってしまうけれど、二人の未来は、まだまだこれからというところ。

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

コミなび「ステラとミルフイユ」を読む(スマホ版)

BookLive「ステラとミルフイユ」を読む(PC版)

読んだ感想

この物語は、銀河くんの爽やかな成長物語でした。

勉強ばかりで、気付けば世間知らずで人の心知らずになっていた銀河。

そんな銀河が、桃野をはじめ、色々な人と出会い、人間的に成長していきます。

 

最初は、変なプライドが高いのかと思っていた銀河くん。

しかし、とっても純粋で素直な可愛い少年でした。

その少年が、次第に人として男として大きくなっていく姿は、思わず応援したくなる。

 

そして、作中に出てくる言葉たち。

何てことはない軽やかな印象なのですが、とても深い言葉だったりします。

色々な人から貰うそんな言葉を、ちゃんと聞いて考える銀河くんが、また可愛い。

 

最終巻では、お父さんとの関係も、修復へ向けて進展して良かったです。

最初からなぜか存在感があった山岡さんも、最後までいいキャラしていました。

お孫さんたちと共に、ぜひ番外編が欲しいくらいに。

 

何より、銀河くんと桃野さんの今後も、とても気になるところです。

桃野さんもまんざらでもなさそうなのですが、簡単にくっ付かないようで。

そんなところも、また銀河くんらしい恋なのかもしれませんね。

物語は終わってしまいましたが、希望を感じさせてくれる爽やかな結末でした。

まとめ

渡辺カナ先生の「ステラとミルフイユ」は、シリーズ全3巻です。

健気で素直な銀河くんの青春成長物語。

渡辺先生らしい、最初から最後まで爽やかな雰囲気を感じさせてくれる作品でした。

 

ただ、一つ疑問なのは、表題にはどんな意味があったのかが明確に分からなかったところ。

「ステラ」は、「恒星」を意味し、「ミルフイユ」は「千枚の葉」。

もしかして、「葉山銀河」っていうことなのでしょうか?

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「ステラとミルフイユ」を読む(スマホ版)

BookLive「ステラとミルフイユ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。