「怪談イズデッド」試し読み情報とネタバレ!読んだ感想もあり

「怪談イズデッド」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「怪談イズデッド」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「怪談イズデッド」無料試し読みへ(PC版)

「怪談イズデッド」あらすじ

市立菊原小学校の会議室。

そこに集まるのは学校の七不思議で有名(?)な怪談たち!?

怪談たちは夜な夜な会議室に集まり何やら話し合いを行っています。

 

上半身のみで廊下を這いずり回るテケテケ。

「花子さんいらっしゃいますか?」と呼ぶと現れるトイレの花子さん。

理科室で夜な夜な歩き回る人体模型とガイコツ模型。

二宮金次郎像、プールの幽霊、ヒキコさん・・・

 

時代の変化とともに風化していく学校の七不思議に危惧する怪談たち。

七不思議を再び流行らせようとあの手この手を考えます。

彼らは果たして七不思議として生き残ることができるのか!?

 

噂は我々のものでは無い。子供たちのものだ。

彼ら彼女らの期待に応える事が我々の存在意義でもあるんだ―

ネタバレ

A.M.1:30

市立菊原小学校の会議室―

「先月の来訪者は0人。そして今月の来訪者は・・・0人!!」

 

我々の存在は常に子供たちの噂と共にある

もしもその噂が途絶えるとき・・・

それは同時に我々が消滅するときでもあるんだ―

学校の七不思議である怪談たちは夜な夜な会議を行っていました。

 

新聞には小学生が自殺したという記事。

ロリコン教師にモンスターペアレント、学校の裏サイト。

不況のアオリで妙に達観した子供ばかりになってしまっていました。

 

肝試しなんてする余裕、今の子供にはないんだよ―

「ったく。怪談なんて馬鹿らしくてやってらんねーよ」

半ば諦めムードの怪談たち。

「やっぱり・・・結局一番怖いのは人間なのかな・・・

 

そこに・・・

「もっとしっかり話し合いましょうよ!」

と声を上げる二宮金次郎像。

「世を憂うのは勝手ですけど、その前に自分の役割をしっかりこなしているんですか?」

 

タバコを吹かしダラダラしたトイレの花子さん。

自分の裸を子供たちに見られることに悦びを感じる人体模型。

深夜の徘徊をさぼってPC室で成人向け動画を観ているテケテケ・・・

 

そんなやる気のない怪談たちに、二宮金次郎像は問題提起します。

「どんなに時代が変わったって、子供たちの好奇心は変わらないはずです!

もっと子供たちを信じましょう!」

 

二宮金次郎像の言葉に共感した怪談たち。

「俺たちは大切なことを忘れてたみたいだ」

やる気を出したのもつかの間―

 

翌朝。

ゴウン―ゴウン―

大きな音と共に二宮金次郎像が撤去されていました。

二宮像を撤去・・・ですか」

「親御さんから、歩きながら本を読むのを真似されたら危険って批判が・・・」

 

時代の移り変わりと共に姿を消していく怪談。

流行らないと死んでしまう!?

―怪談イズデッド―

市立菊原小学校の七不思議が六不思議に!?

これから怪談たちはどうなってしまうのでしょうか―!?

 

気になる詳しい内容は、ぜひ単行本を読んでみてくださいね!

コミなび「怪談イズデッド」を読む(スマホ版)

BookLive「怪談イズデッド」を読む(PC版)

感想とか

タイトルからホラーなのかな?って思ってたらおもいっきりギャグ漫画でした。

怪談イズデッドって、怪談が死んじゃうって事だったんですね(笑)

確かに、昔は学校に七不思議とか必ずありましたよね。

 

自分の通ってた学校にもいろいろありました。

トイレの扉に一本差しのように謎の牛乳瓶が飾られてたり・・・

最近の子は肝試しとかしないんですかねえ~。

なんか怪談もデジタル化されてそうですよね(笑)

 

そんな、時代と共に風化しつつある怪談たちの生き残りを賭けた会議。

ギャグあり、ちょいエロあり、笑いどころ満載で腹筋崩壊間違いナシです。

あ・・・腹筋崩壊しちゃったらテケテケさんみたいになっちゃいますね(笑)

まとめ

六不思議になってしまった怪談。

自分たちはなんとか生き残ろうと会議を繰り返します。

呪いの動画を作ったり、子供たちの噂から新しい怪談を作ってみたり。

ある時は七不思議を復活させようと他の怪談を呼んでみたり・・・

 

時代に翻弄され影が薄くなってしまった怪談たち―

彼らによる儚くとも健気な生存戦略の物語です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「怪談イズデッド」を読む(スマホ版)

BookLive「怪談イズデッド」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)