「天堂家物語」あらすじとネタバレ!コミックの無料試し読みも紹介

「天堂家物語」あらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「天堂家物語」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「天堂家物語」無料試し読みへ(PC版)

「天堂家物語」あらすじとネタバレ

鳳城伯爵家のご令嬢・鳳城蘭を助けた山奥に住む捨て子の少女。

ご令嬢は、天堂雅人という男性に嫁ぐことが決まっているという。

しかし、その天堂家は現在、跡目争いの真っただ中。

 

嫁げば、おそらく自分も命を狙われる可能性があるという蘭。

そんな恐怖は耐えられないと、嫁ぐ途中の馬車から抜け出し、命を絶とうとしたのだ。

その話を聞いた少女は、死ぬことはないと蘭を説得。

 

なぜなら、自分が蘭の身代わりとして天堂家に行く、と。

自分が時間を稼ぐ間に、どこか遠くに逃げろと励ますのだ。

そして、蘭の代わりに天堂家へと向かった少女。

 

けれど、蘭の結婚相手である天堂雅人は、あっさりと少女が偽物だと見抜いてしまう。

そこで少女は、雅人へと素直に事の顛末を聞かせた。

だが、話を信じていない雅人は、少女にどんな狙いがあるのかと問いただしてくる。

 

それでも少女は、それが真実だと返す。

困っている人のためなら、身を投げうっても助ける。

それが、自分を拾って育ててくれたじっちゃんの教えだと。

 

すると雅人は、少女に懐刀を差し出し、ならば今ここで死んでみせろと言うのだ。

そして、それを受け取った少女は、素直に自分の首へと突き刺そうとする。

既のところで雅人の手がそれを阻み、呆然とする少女。

 

そして雅人は、呆れ交じりに、信じてやるからさっさと逃げろと追い出すのだ。

家に帰った少女だったが、翌日になると自分のせいで怪我をした雅人が気になってしまう。

じっちゃん秘伝の薬だけでも渡そうと、再び天堂家へ。

けれども、そこで少女は、雅人の嫁となった蘭と間違われ、刺客に襲われてしまう。

その気配を察知した雅人が駆けつけると、その場には、倒れた刺客とその横に佇む少女の姿。

死にたいのかという雅人に、本当はじっちゃんの後を追って死にたかったと言う少女。

 

だが、死のうと首を括れば梁が折れ、命を粗末にしたことをじっちゃんが怒っているのだと。

だから、人を助けて死にたいという少女に、なら死ぬときは俺を守って死ねと返す雅人。

そして、雅人を守って死ぬために、少女は雅人の妻、「鳳城蘭」になることに――。

 

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

Handyコミック「天堂家物語」を読む(スマホ版)

BookLive「天堂家物語」を読む(PC版)

読んだ感想

作者は、斎藤けん先生。

先生の「かわいいひと」は読んだことがあったのですが、こちらもまた設定が面白い作品。

じっちゃんの元へと行くために死にたい少女。

 

この主人公の少女は、とても天然で素直。

ほんわかとした性格で、明るく笑顔が可愛いタイプなのですが、まさかの死にたがり。

そして、そんな少女に、自分を守って死ねという雅人様。

 

どっからどう見ても、魔王様のような悪役。

冷ややかな表情は勿論、雅人様の口からは鬼畜的な毒しか出ません。

ただ、天然な主人公に振り回されているところは、なんだかとても可愛いです。

 

跡目争いが勃発している天堂家。

普通に命を狙う刺客が現れるような、物騒なお家柄です。

そんな天堂家の雅人様に目をつけられた主人公。

 

最初は、雅人様に対してずっと震えていました。

雅人様の威圧感に、背筋がぞくぞくして話すのも怖かったと。

それくらい小心者なのに、実は刺客を倒しちゃえるほど強かったりします。

 

そんな主人公に対し、興味を持った雅人様。

けれど主人公は、死んでもじっちゃん一筋。

食事するにも畑仕事するにも持って歩く位牌に、ずっと話しかけています。

 

よくよく考えると、立花さん以外に、まともな人がいない気が。

ですが、その立花さんも、雅人様に仕えているわけですから、きっと普通じゃないかも。

この先、天堂家のことも主人公のことも、もっと描かれていくはず。

 

なにせ、主人公の本当の名前も分かりませんしね。

主人公と雅人様、二人の関係もどうなっていくのか。

とても先が気になってしまうのです。

まとめ

斎藤けん先生の「天堂家物語」は、2016年4月5日に二巻が発売されました。

同じペースでいけば、12月頃に三巻が出るのではないかと。

とても魅力的な登場人物たちが、どんな物語を生きていくのか。

今後が気になります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「天堂家物語」を読む(スマホ版)

BookLive「天堂家物語」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。