「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」結末のネタバレと感想

「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」結末のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」無料試し読みへ(PC版)

「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」結末のネタバレ

くくるは人の頭の上に数字が見える少年。

ある日気付いたのだが、それはその人が大事にしているものの数らしい。

だが、くくるの頭の上の数字がずっとゼロだった。

 

母親が自分と父親を裏切って以来、人というものを大切に思えないのだ。

大切なものなどない人間はボク以外にはいない、と思っていた。

しかし、もう一つ気付いたことがある。

同じクラスの加賀ミオリ。

 

彼女の数字も0だった。

ミオリは自分の存在感を消しており、なんと休み時間は、ただ歩き続けるだけ!

45分間ただ歩き続けるだけのミオリは、便所メシする居場所すらなかったのだ!

興味を引かれたくくるは、ミオリの後をつけ、家は地味な中華料理屋で、2階の窓から空き家の2階の窓へ食器を運んでいるのを見かける。

 

不思議に思ったくくるは、空き時間にミオリの荷物を探り、ペットの飼い方の本を見つける。

ペットなんか飼っていなかったはず・・・、と思っていると、ミオリ本人に見つかってしまう。

今見たことは忘れろ、でないと目と耳と鼻を削いでしまうことになる。

とミオリに脅されたくくるは、頭の上の数字が意味不明な数式のようなものに変わっていることに気付く。

 

この数字の意味が分かった時、ボクはミオリともっと酷いことになる・・・。

実は、ミオリが食事を運んでいった先で、生後192ヶ月の男の子を飼っていたのだ。

ユウゴはいわゆる施設に通ってるような子で、お隣さんだった。

 

しかし、なんでも教えてくれるが、夢のない答えしか言わないテラもっさんに聞くと、交通事故で一家消滅の巻らしい。

・・・と思ったら、ユウゴは窓からこっちを見ていた。

話を聞くと、ユウゴは家の殻に閉じこもりたいらしい・・・。

そこで、アリサちゃんのイヌ、光太郎くんのネズミのように、ミオリがユウゴを飼うことにしたのだった。

 

しかし、引きこもりには資本が必要、テラもっさんの入れ知恵で非合法な手段に走るのだが、それ相応の対価を払うことになってしまう。

こんな時はペットに癒してもらうのが一番らしい。

つまりユウゴに。

しかしその後・・・。

 

コミなび「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」を読む(スマホ版)

BookLive「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」を読む(PC版)

感想

読み始めても、なかなか目が付いてこなかったです。

これSF?

普通の学校に地味な男女に見えるけど、ココは宇宙でこいつらはみんな宇宙人なのだ、そんなことを思っていました。

まあ違うんですけど。

 

微妙に構図とかポーズとかが、歪んでると言うか、不可解な感じ。

セリフまわしも個性的。

ユウゴに噛み付かれてわめかれたミオリが、

「2割しか理解できない」。

2割理解ってどんなんだ・・・?

 

とにかくずっとそんな調子なので、SFっぽく感じたのかもしれません。

見慣れていないものを認識する時、受け入れるのに時間がかかるものです。

しかし、はまれば病み付きになるでしょう。

なんかずっと脳内にこびりついてる気がします。

 

くくるの頭の上に浮かぶ奇天烈な数字のようなもの、ずっとあんな感じの世界です。

そもそも、くくる自体待てど暮らせど、なかなか出てこないのです。

とうとう1巻では再登場せず、2巻になってやっと出てきましたが、1巻と同じ話!

え?もしかして1巻と2巻間違えた?

やばい、なんかこの漫画やばくない?

 

錯乱しそうになりましたが、くくるの役割はそんなもんなんですよ。

「引きこもり彼氏」でもないし、主人公でもなかった、最初に出てきたから、こっちが思い込んだだけなので。

結局のところ、数字が関係してくるのは最後の方だけですね。

くくるの数字がどう変わるか、楽しみにしててください。

まとめ

分かったような分からなかったような。

でも分からなかったとは絶対に認めたくない。

不思議な感じが後に残ります。

でも、何か残ったということは少なくとも何かは分かったんじゃないかと思うのですが。

とにかくすっごいので、試してみることをオススメします。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」を読む(スマホ版)

BookLive「束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。