「オヤスミ・フクロウ」ネタバレと感想!2巻が出てないのってなんで

「オヤスミ・フクロウ」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「オヤスミ・フクロウ」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「オヤスミ・フクロウ」あらすじ

吉岡聡子(よしおかさとこ)20歳。

昼間は市立図書館の臨時職員をやっています。

好きなモノは読書、ネット、家にいること。

苦手なモノは―・・・男の人

 

そんな聡子に実は夜の顔が―

なんと、夜はネットで男の人とライブチャット!

いわばインターネットキャバクラでお仕事。

 

現実(リアル)の世界では人見知りで男性が苦手な聡子。

しかしネットの世界では少し大胆に!?

眠れない夜はネットで会おうよ♪

人見知り娘のライブチャット奮闘記です。

ネタバレ

市立図書館―

「吉岡、吉岡ぁー」

館内で本の整理をしていた聡子は大声で呼ぶ上司の元へ。

 

「お前、今日受付な」

「えぇっ」

「俺ちょっと出かけてくるからヨロシクー」

 

私が受け付け苦手なの知ってるくせに~っ・・・

と思いながらもしぶしぶ受付に座る聡子。

そこへ―

 

ドサッ

乱暴に本を受付に置く男が・・・

人見知りな上、特に男性が苦手な聡子。

乱暴そうな男が本の返却に来てタジタジ・・・

 

しかも本の返却期限がとっくに過ぎていて―

注意しなくては・・・と思い、

「あ、あのっ・・・ほ・・本・・本の・・期限が・・・」

勇気を振り絞り言葉にしますが、

「あ?」

と男が睨んできました。

 

ひぃーっ!!

「い・・いえ、その・・なんでも・・・」

聡子は言葉を飲み込んでしまいました。

そして男はそんな聡子を気にもとめず去っていきました。

 

・・・また言えなかった。

苦手なモノ=男性。でも・・・

こんな自分は、もっと嫌い―

 

だけどそんな聡子にも唯一、男の人と話せる場所が。

それは「ライブチャット」

男女を繋ぐ巨大なコミュニティサイト。

聡子はそこにチャットガールとして登録していたのでした。

 

男性は登録されたチャットガールの中から好みの子を選びます。

選んだ女の子とウェブカメラを通してリアルタイムでコミュニケーション。

もちろん男性は料金がかかります。

男性が払った料金の何割かが女の子に入るという仕組み。

いわばインターネットキャバクラ

 

聡子自身、ライブチャットを始めたのはお金のためというのももちろんありました。

しかし、それだけではありませんでした。

ライブチャットは自分を変えるための場所でもあると感じていました。

 

髪を巻いてワンピースに着替えたら、少しだけこの性格も変えられる・・・

ここからは昼間(リアル)の聡子(わたし)じゃない

チャットガール「ナオ」だ―

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想とか

チャットガールって、昔で言うテレフォンレディみたいな感じですかね(古い?)

ネットがなかった頃は電話でそういうのがありました。

なんやかんやで時代が変わっても基本的なところは変わらないんですね(笑)

 

青年向け漫画とうことでもう少しエロいのかと思いましたが、ほんのりエロです。

内容的には人とのコミュニケーションが中心的な話でわりと深いな~と思いました。

とはいえ、ライブチャットが中心で話数追うごとにマンネリ感は否めません(汗)

 

まだ1巻しか出てなくて、物語は続きそうな感じなのですが2巻が出てません。

打ち切り?打ち切りなんですか??

聡子がこれからどうなっていくのかとか続きが読みたいですね。

まとめ

パソコンを覗くと「ナオ」の待機画面を見に来てくれている人たちの数が。

でも今夜はKENさんと待ち合わせなんだよね・・・

と、思いながら聡子がキーボードを打っているとチャットの呼び出し音が―

 

あっ来た来た・・・

待ち合わせしているKENさんが来たと思いチャット画面を開け聡子。

そこに映し出されたのは元気になっている男性のモノ!?

 

そんな変態ハプニングもあったりしますが・・・

人見知り克服、自分を変えるため、時にはまじめに時には少しエッチに

聡子はめげずにライブチャット奮闘中!!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)