「ミザントロープな彼女」ネタバレと感想!この愛は重すぎるッ

「ミザントロープな彼女」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「ミザントロープな彼女」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「ミザントロープな彼女」あらすじ&ネタバレ

主人公、末代花実(まつだい はなみ)

中学の卒業式で同じ卒業生男子に告白されます。

「実は三年間ずっと好きでした。毎日見てましたっ」

「毎日!?」

 

「雨の日も風の日もかかさず見てました」

「うわわ」

「今日で会えなくなると思ったら目の前真っ暗になって」

「わああああ」

 

「あの、末代さん?」

「それなら、ごめんなさい」

「それなら?」

 

花実は、重い愛が苦手なのでした。

「私、他に趣味があって夢があって仲間がいて私の事は二の次の人がタイプなんです」

ビシッと告白を断る花実。

そんな花実を見て、告白した男子は肩を落とし帰って行きました。

 

ほら、今悪い事したなって思わされた

重い愛は押し付けられるほうの気持ちを無視している。

出会った瞬間に交際歴20年みたいな男子がどこかにいないかな・・・

 

なんて考えながら帰りのバスに揺られる花実。

このバスから自宅見るのも今日で最後か・・・

と窓から自宅を見ていると屋根のあたりに人影のようなものが見えて―

 

気のせいかな?

そう思いながら帰宅する花実。

自分の部屋で着替えをしようとしていると、窓の外、上から人が降ってきて!?

 

ガシャアン―

花実は大きな音に驚き、窓から下をのぞき込むとそこには人が倒れていて・・・

「大変。うちの敷地内で死なれたら不動産価値が下がる」

 

花実は落ちてきた人物をとりあえず敷地内から出そうと引っ張ります。

何だろうこの男子・・・

そう思いながら落ちてきた少年の足を引っ張っていると―

 

ピクッ―

少年は目を覚まし、そして・・・

「不審者!!」

と叫びながら勢いをつけ両足で花実を蹴り飛ばし―!?

これが花実と屋根の上の少年との出会いでした。

 

他人との重い関係が苦手な花実。

他人から必要とされたいと思っている少年。

恋が苦手な二人が出会い、花実の中の何かが変わっていく・・・のか!?

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想とか

ミザントロープとはフランス語で「人間嫌い」という意味だそうで。

花実は人間嫌いというまでもいかないかなって感じですが人付き合いが苦手な印象。

まあ他人に依存するのとか依存されるのが嫌なんだろうなと。

 

なので恋愛も苦手っぽい感じですかね。

わからないこともないですね~。

自分も中学生の頃はそんな感じでした。

「うちらズッ友だよね!」みたいな女子の友人関係は正直ウザいなと思ってました(笑)

 

そんな花実がストーカー気質の少年と出会います。

他人から必要とされたいと強く思っている少年。

そんな少年の想いは、花実には重く感じ苦手だなと思ってしまうわけです。

 

最初に出会ったときはミツヨさんに必要とされたいとがんばっていた少年。

しかしミツヨさんは旦那持ちで痴話喧嘩に巻き込まれただけと知り失恋。

そしてまた、勘違いした末に今度は花実のことを好きになってしまうわけですね。

でも花実にはこの少年の想いは重いわけで(汗)

 

ふたりとも、不器用なんだなって感じです。

そんな恋に不器用な二人がどうなっていくのか気になりますね!

まとめ

花実の家の屋根で見張りを続ける少年。

隣のアパートに住むミツヨさんに不審者を見張ってほしいと頼まれたとのこと。

しかしその不審者というのはミツヨさんの旦那さんのことで・・・

 

単なる夫婦の痴話喧嘩に巻き込まれただけだった少年。

少年の失恋(?)話を聞いてあげる(というか聞かされる)花実。

そんな花実を(いろいろと勘違いの末)好きになり速攻で告白する少年。

重いのが苦手な花実はもちろん少年の告白を断ってその場から立ち去りますが―

 

高校へ入学し新学期が始まります。

新しい学校、新しいクラスでの最初の自己紹介。

花実は適当に非の打ち所が無く記憶に残らない自己紹介をします。

しかし―

 

花実のそつのない自己紹介に盛大な拍手を贈る人物が・・・

それは真後ろに座っていた男子でした。

「小千谷藍(おじや らん)です。

基本的にストーカーだったので中学はほとんど行ってませんでした」

 

ドッとクラスの笑いを取る男子。

その男子はなんと、あの屋根の上の少年で―

「よう。偶然だな花実」

花実の肩をポンと叩く藍。

 

取り憑かれた・・・

高校生活もそつなく送っていこうそう思っていた花実。

入学早々、厄介な人物と再会することになってしまいます。

 

難攻不落の恋煩い女子と猪突猛進の恋煩い男子の奇跡のラブコメディー。

二人は今後どうなっていくのか!?

楽しみですね!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)