「兄友」3巻のネタバレ!西野に新たなライバルが登場っ!?

「兄友」3巻のネタバレとかんそうです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「兄友」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「兄友」無料試し読みへ(PC版)

「兄友」3巻のネタバレ

家事が得意な女子高生・七瀬まい。

しかし、それは女子力というよりも、おばあちゃんの知恵袋。

おかげで、所帯染みていると言われてばかり。

 

恋愛に興味がないわけではないけれど、それでもとりあえずという気分では付き合えない。

おかげで、いつも彼氏がいる友達とは反対に、好きな人も彼氏もいない。

そんなある日、兄の雪紘が友達・西野壮太を連れてきた。

 

女慣れしていない西野さんは、まいに対しても初心な反応を見せてくれる。

そして、兄との会話の中で、「妹さん可愛いな」という西野さんの言葉。

兄妹の部屋の壁が極端に薄いことで、その会話は丸聞こえ。

 

思わず意識してしまったまいだが、相手はとてもピュアな西野さん。

ただ兄にからかわれているだけと、まいは意識しないようにすることに。

それでも、度々家にやって来るようになった西野さんに、まい自身が意識し始める。

 

だが、互いに控え目で奥手なまいと西野さん。

そんな二人の進まない関係に、とうとう焦れた兄が二人を叩きだす。

一見、横暴な対応だったが、そのおかげでなんとか両想いになったまいと西野さん。

 

晴れてカップルとなった二人だが、その関係はとても微笑ましい。

互いのちょっとしたことでドキドキしてしまう二人。

そんな二人に、やがてライバルが。

 

ある日、くじ引きで、新入生の試験監督をすることになってしまったまい。

しかし、その教室で、驚くほどお腹の音を鳴らす一人の男子生徒がいた。

このままでは、試験に影響が出るのでは、と思ったまい。

 

そして、その男子生徒に自分のお弁当を食べさせることに。

その後、無事に試験も終わり、安堵したまい。

西野さんとの距離も、少しずつだが近づいている。

 

順調な日々を過ごしていたまいの前に、あの日の男子生徒が現れる。

それは偶然にも、従兄として西野さんが家庭教師をしている生徒・加賀樹。

女子から人気のあるイケメンで、なぜか動物に異常に好かれるという特異体質を持ち。

 

そんな樹が、まいを好きになったというのだ。

しかも、それを西野さんに堂々と宣言する樹。

けれど、西野さんには色々と宣言して翻弄しながらも、まいに対しては通常モード。

 

幼い頃から樹を知る西野さんは、とても動揺してしまう。

そんな中、西野さんのお家にお泊りすることになった、まい。

西野さんの両親も妹も、そしてなぜか樹もいるという不思議な空間。

 

いつ、樹がまいに告白してしまうのか、内心ヤキモキする西野さん。

そんな西野さんの内心を知らず、挙動不審な西野さんを普通に心配するまい。

この先、マイペースに西野さんを振り回す樹の存在で、ピュアカップルはどうなるのか。

 

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

Handyコミック「兄友」を読む(スマホ版)

BookLive「兄友」を読む(PC版)

「兄友」3巻を読んだ感想

久しぶりにピュアなカップルの恋愛物語を読んだな、と思いました。

主人公のまいも、お相手の西野さんも、本当にピュアです。

ちょっとした相手の笑顔や言葉で、真っ赤になるのです。

 

二人で過ごす場面も、本当に可愛く微笑ましくてニヤニヤしてしまう。

ぜひとも、ゆっくり二人のペースで恋を育んで欲しいと応援したくなります。
しかし、そこに現れた樹の存在。

 

西野さんの動揺っぷりが面白いです。

西野さん自身は、めちゃくちゃ切実に焦ってるのですが。

ですが、それを知らないまいは、普通に優しい子なので。

 

最初は、そんな優しいまいに惹かれた西野さん。

ですが、樹が出て来てからは、そのまいの優しさにハラハラさせられています。

確かに、読んでいる側からしても、まいはとても可愛く良い子なのです。

 

西野さんのライバルである樹も、また違った魅力があるタイプ。

おかげで、樹の恋まで応援したくなってしまうから困ります。

他にも魅力的なのは、暴君なまいのお兄様・雪紘。

 

彼の存在もまた、物語には欠かせません。

まいと西野さんの出会いを作り、さらにくっつけた人物です。

しかし、その辛辣な言葉と暴君的な態度がまた、いい味出してます。

 

まいと西野さんが、見るからに善人なので、こういう存在は貴重。

西野さんの妹である秋ちゃんも、また面白い登場人物です。

この秋ちゃんのおかげで、西野さんのヘタレっぷりがありありと。

 

個性豊かな登場人物と、ほっこりするほどピュアな恋愛模様。

この先も、見守りたくなってしまう作品です。

まとめ

赤瓦もどむ先生の「兄友」は、2016年9月20日に最新刊の第三巻が発売されました。

現在も、白泉社「花とゆめ」にて連載中です。

先が気になる方は、こちらも追ってチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「兄友」を読む(スマホ版)

BookLive「兄友」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。