「片翼シャトル」ネタバレと感想!試し読みの紹介とレビューもあり

「片翼シャトル」ネタバレと感想です。

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「片翼シャトル」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「片翼シャトル」ネタバレ

中学校時代、バドミントン部で全国準優勝を果たした玉木海虎と、神嶋由のダブルスペア。

しかし、その後の二人は別々の高校へ進んでいた。

方や、最年少のオリンピック日本代表選手となった神嶋。

 

反対に、玉木は部活にさせ行くことも無くなっていた。

そればかりか、勉学にも日常生活にも身が入らない状態。

担任教師にも、部長にもやる気を出せと言われるが、玉木は聞く耳を持たない。

 

そんな玉木が、ひょんなことから接点を持つことになったのがクラスメートの保地犬志郎。

保地は、クラスどころかいつ見ても、誰かに絡まれイジメられているような男子。

そんな小柄で常にもじもじオドオドしている保地に、呆れ顔の玉木。

 

けれど、なぜか玉木を憧れの人だと言い、懐いて来る。

そして、気まぐれに二人で対戦することになったリズムゲーム。

得意だと自負していた玉木を、あっさり連敗させる保地。

 

さらに保地は、ある日、玉木に度肝を抜く跳躍力を見せた。

バドミントン選手に必要なのは、「リズム力」「体力」「知力」そして、「ジャンプ力」。

中学時代、神嶋にそう教わり、同時に「お前は盾、俺は剣だ」と言われペアを組んでいた。

 

それでも、その後、神嶋とのペアを解散。

高校に上がった玉木は、バドミントン部へ入るものの、そこではペアになれる相手はいない。

「最強の盾」と呼ばれた玉木は、「最強の剣」神嶋の代わりを探していたからだ。

 

だからこそ、驚異の「リズム力」と「ジャンプ力」を持つ保地に可能性を感じる。

初心者の保地と、かつての「最強の盾」玉木。

そんな二人がペアを組み、成長しながらバドミントンの世界で羽ばたいてく成長ストーリー。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「片翼シャトル」を読んだ感想

かつては「最強ペア」と呼ばれた片翼の玉木。

そんな玉木が、ペアを失い、やさぐれた高校生活を送っているところから始まります。

なぜ玉木たちが、ペアを解散することになったのかはまだ明らかになっていません。

 

ですが、玉木の様子からすると、神嶋の方からなのでしょうか。

片翼を失い、飛べない玉木が、新しい片翼となりそうな保地と出会います。

保地くんは、ちょっと残念な子です。

 

おそらく、とても純粋で素直な子なのでしょうが、その反応が挙動不審すぎる。

反対に玉木くんもやさぐれモードなので、偉そうですしぶっきらぼう。

当たり前のように、この二人は友達なんていません。

 

そんな二人が、バドミントンでペアを組み、成長していく。

王道的なスポーツ成長マンガです。

名前からして、玉木の「タマ」、保地の「ポチ」という猫と犬のような二人。

 

まったく対照的な二人が、この先、ペアとしてどんな成長を見せるのか。

また、玉木と神嶋の因縁なども気になります。

これからの展開がとても気になる作品です。

「片翼シャトル」レビュー

栗田あぐり先生の「片翼シャトル」は、バドミントンを扱ったスポーツマンガです。

オリンピックの影響もあって、バドミントンにも注目が集まっている最近。

その中で、王道ともいえる青春成長マンガということで、期待度は高めですね。

 

見やすく躍動感のある画風。

そして、登場人物も対照的な色合いを持つ犬猫コンビという王道的な設定。

ちぐはぐな二人が、この先どんなペアに成長するのかと、こちらを引き付けてくる展開。

 

こういう王道的な成長マンガが好きな読者には、堪らない設定を集めています。

ただし、序盤は、結構、さくさくペアを組んで試合へという流れです。

だからこそ、少しものになってきてからが、一波乱ありそうな予感をさせてくれます。

 

物語としては、まだまだ序盤だと思うので、これからが楽しみな作品です。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

まとめ

栗田あぐり先生の「片翼シャトル」は、2016年10月12日に第一巻が発売されました。

小学館発行の月刊少年漫画雑誌「ゲッサン」にても連載中です。

先が気になる方は、こちらも追ってチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。