「ライフ2ギバーテイカー」ネタバレと感想!2巻の発売日が待てない

「ライフ2ギバーテイカー」ネタバレと感想です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「ライフ2ギバーテイカー」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ライフ2ギバーテイカー」無料試し読みへ(PC版)

「ライフ2ギバーテイカー」ネタバレ

凶器を持つ犯人に躊躇なく突っ込んでいく女刑事・倉澤樹

心配する上司を他所に、彼女は「怖いものなんて無いですから」と返す。

その逞しさに、後輩からは男前と称されるほど。

そんな彼女は、六年前のある事件以来、笑顔を失った。

被害者は、樹の妹・穂乃花

 

樹と穂乃花は、自他ともに認める仲良し姉妹だった。

しかし、六年前のその日、一緒に祭りへ行くという二人の約束は果たされなかった。

部活を終えた樹が帰宅すると、待っているはずの妹の姿は家にない。

買い物へ出かけた母親へと連絡を入れるも、家にいるはずだと言う。

首を傾げる樹の耳に響いたのは、インターホンの音。

 

ドアを開けると、血相を変えて駆け込んできた近所のおばさん。

おばさんが言うには、穂乃花に似た女の子が、神社で怪我をして倒れているという。

慌てて駆け出す樹。

神社に辿り着いた樹を待っていたのは、野次馬の人々と警察官の姿。

さらに、掻き分けて進む樹がそこで目にしたのは、変わり果てた穂乃花の姿。

 

首を掻っ切られ、大量の血を流して横たわる穂乃花は、すでに息をしていない。

なぜ、こんなことになってしまったのか。

ショックで声を失った母親と、笑顔を失った樹。

家族の幸せな時間は、この日、壊れてしまった。

さらには、穂乃花を殺害した犯人は、隣に越してきた少年・貴志ルオト

 

天使のように愛らしい顔立ちのルオトと穂乃花は、同級生だった。

生前、穂乃花は家族に、笑顔でルオトのことを話していた。

ルオトくんって、すごいんだよ。

そう明るく笑っていた穂乃花は、人を殺してみたかったというルオトによって奪われたのだ。

 

そして、六年の歳月が過ぎ、医療少年院に収容されていたルオトが出てくるという。

笑顔を失い、犯罪者に容赦しない警察官となった樹。

因縁深い二人が再会するとき、新たな事件の幕が上がる。

 

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

コミなび「ライフ2ギバーテイカー」を読む(スマホ版)

BookLive「ライフ2ギバーテイカー」を読む(PC版)

「ライフ2ギバーテイカー」を読んだ感想

話題性の高い数々の作品を世に出してきた、すえのぶけいこ先生の新作です。

今回は、主人公が初の社会人、さらに警察官ということで、サスペンス色が本格的。

おかげで序盤から、とても衝撃的な始まり方でした。

主人公は、妹を殺された過去を持つ女刑事。

淡々と容赦なく犯罪者を捕まえ、美人なのに男性よりも男前な女性です。

 

そして、相対するのは、天使のように美しく、狂気的な犯罪者。

最初から、一気に引き付けられる衝撃的な展開。

自然と読み進めたくなる、魅力的な登場人物たち。

本当に、この先生は上手だな、と感じます。

メインの二人の因縁は、六年前の穂乃花の事件から始まっているわけですが。

 

しかし、樹自身も何一つ忘れることができず、また、ルオトも変わらず樹に執着。

過ぎた月日なんて関係なく、この二人は、ある意味で凄く深い関係性にあるのだな、と。

そして、今後の展開も目が離せません。

天使のように美しく悪魔のように狂気的な犯罪者、ルオトが世に放たれたわけです。

 

おかげで、新たな事件や被害者が出ることになります。

さらに樹の部屋に残された「あなたの一番大切なものをもう一度奪います」というメモ。

樹へ異常な執着を見せるルオトと、翻弄され巻き込まれていく樹。

始まったばかりでありながら、この二人の迎える結末が気になって仕方ありません。

今後も追ってチェックしたい作品です。

まとめ

すえのぶけいこ先生の「ライフ2ギバーテイカー」は、2016年10月21日に第一巻が発売されました。

月刊漫画雑誌「アフタヌーン」でも連載中。

気になる第二巻の発売ですが、2016年12月22日の発売予定だそうです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「ライフ2ギバーテイカー」を読む(スマホ版)

BookLive「ライフ2ギバーテイカー」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。