「死刑遊戯」あらすじとネタバレ!2巻で打ち切りってマジ?

「死刑遊戯」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「死刑遊戯」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「死刑遊戯」無料試し読みへ(PC版)

「死刑遊戯」あらすじ&ネタバレ

10月30日―

主人公、神山悟は連続殺人の容疑で死刑判決が下された殺人犯。

いつものように独房にいるところへ看守がやってきます。

「1941番神山!さっさと出ろ!!」

 

「チッ。やかましい・・・クソが!怒鳴んじゃねーよ!」

大声で呼ぶ看守に苛立ちを見せながら神山は独房の扉を開けます。

「来いっ」

 

「・・・とうとうか」

死刑囚には死刑執行日が知らされていません。

先に知らせてしまうとその前に自殺してしまう者がいるためでした。

そのため死刑囚は不意に看守に呼ばれたとき、自分の死期を悟のです。

 

覚悟は出来ている。当然の報いだ―

でも、正直・・・怖い・・・

看守の後ろを歩きながら神山は思うのでした。

 

もし、あの時殺すのを踏みとどまっていたら―

俺は今頃どんな風に生きていたんだろうか・・・

そんなことを考えながら歩いていると前を行く看守が立ち止まりました。

 

「ここだ、入れ!」

看守は大きな扉の前でそう言いました。

・・・今から俺は死ぬ―

緊張や恐怖で高鳴る鼓動。

 

・・・落ち着け。

俺は17人も殺したんだ。この先生き続けていいはずない。

俺の唯一の友達だった・・・ウサ吉

俺も今からそっちに・・・

 

神山が死ぬ決意をして扉を開けるとそこには―

ハロウィンで仮装をした人々が集まっていました。

コイツらコスプレ・・・?ハロウィンパーティ?

状況がつかめない神山。

 

ふと前を見るとそこには広島で一家惨殺した犯人の姿が。

他にも連続放火で5人を殺した女性などテレビで見たことある犯人たち。

そう、そこに集められていたのは全員何らかの罪を犯した死刑囚なのでした。

でもナゼここに?

神山が不思議に思っていたそのとき―

 

「トリックオアァ トリ―――トゥゥゥー!」

と、スピーカーから突然陽気な声がしました。

その場にいた死刑囚たちは状況が把握できないままざわつきました。

 

「どうも政府です。皆さん盛り上がってますかぁー!?」

自分たちの置かれた状況がつかめない死刑囚たちは静まりかえっていました。

「うっわぁノリ悪っ。今日はハロウィンなんですよ。

せっかく仮装衣装も用意したんですから、お祭り騒ぎしましょーよ!」

 

死刑囚たちを集めた場所に場違いな声が響きわたります。

そして、その場違いな声はざわつく死刑囚たちに告げます。

「皆さんの安い命でゲームをしたいと思います!」

 

ゲームへの参加は強制で参加拒否の場合は死刑。

ゲームの敗者は死刑、勝者は次のゲームへ。

そして最後の一人になるまでゲームが続き、優勝者は釈放。

 

たった一人の釈放を賭けたデス・ゲームの開幕―

果たして生き残るのは誰なのか?

このゲームの意図は一体はなんなのか!?

 

気になる詳しい内容は、ぜひ単行本を読んでみてくださいね!

コミなび「死刑遊戯」を読む(スマホ版)

BookLive「死刑遊戯」を読む(PC版)

感想とか

うーん・・・

死刑囚が助かる前提の話は、このご時世受け付けないんじゃないかな・・・

って正直なところ思いましたね。

 

主人公にしたって17人も人を殺めた殺人犯なわけですし。

他の登場人物も何らかの罪で収容されてる死刑囚なワケですし。

ゲームに勝って助かってほしい!とは素直に思えませんよね・・・

 

そういう心情的なものが読者を減らしてしまったのかなと勝手に思ってます。

打ち切りもやむなしなのかなと・・・

でもね、最終的には実はイイ話で終わるんですよ。

回を重ねるごとに絵も魅力的になりましたし、物語も気になるしって感じで。

なので伏線回収しきれずに終わってしまったのは残念に思います。

まとめ

わけもわからぬままデス・ゲームを強要される死刑囚たち。

ロシアンルーレット、ダウトゲーム、殺し合いゲームなど・・・

神山はこの突拍子もないハロウィンパーティのなかで一人の女性と仲良くなります。

 

ナースのコスプレをした幸村という女性。

幸村との出会いが神山の運命を変えていくことに・・・

最後まで勝ち残った神山と幸村。

果たして生き残るのは―!?

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「死刑遊戯」を読む(スマホ版)

BookLive「死刑遊戯」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)