「監禁嬢」あらすじとネタバレ!カコと名乗る女の正体とは

「監禁嬢」あらすじとネタバレです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「監禁嬢」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「監禁嬢」無料試し読みへ(PC版)

「監禁嬢」あらすじとネタバレ

生徒からは慕われ、同僚には頼りにされる教師・岩野裕行

家庭では、幼い娘と愛する奥さんという幸せで充実した日々を過ごしてた。

そんなある日、岩野に非現実的な地獄が訪れる。

目覚めると、そこは見知らぬ場所。

 

さらに自分は全裸であり、カコとなのる女性に監禁されていた。

手足は拘束され、抵抗する術は唯一自由になる口だけ。

狼狽しながらも、何が目的だと喚く裕行。

 

それでもカコと名乗る女性は、気にした素振りもなく無邪気な笑顔。

さらには、自分の正体と何が目的なのを当ててみろという。

しかし、裕行に心当たりはない。

 

抵抗という抵抗もできず、カコによって好き勝手に弄ばれるばかり。

そしてカコは、自分のことを思い出すまで許さないという言葉を残し、どこかへ。

何が起きているのか、どうしたら良いのか焦る裕行。

 

すると、そんな裕行の前に現れたのは、自分が担任をしている教え子・藤森麻希

助けを求めようとした裕行だが、麻希は目の前の異常な状況に頓着しない。

むしろ、付き合ってくださいと告白してくる始末。

実は、以前にも麻希に告白されて、断っていた裕行。

 

カコと共犯なのかと訝しむ裕行だが、とりあえずは逃げるため、麻希の言葉に従うことに。

裕行は、付き合うと言って麻希を説得し、何とか逃亡に成功する。

けれど、これも実はカコの思惑通り。

麻希を言葉巧みに誘導して撒いた後、無事に自宅へと辿り着いた裕行。

 

愛する嫁との再会もつかの間、その後ろから現れたのは、なんとカコ。

カコは、一年半も前から裕行の妻と友人関係になっていたのだ。

真実を告げようとする裕行だが、カコは麻希との行為の動画をチラつかせてくる。

そして、監禁場所から脱出して自由の身であるはずが、裕行は日常的に監禁されていく。

 

カコに妻と娘を人質に取られ、職場の学校では麻希に翻弄される。

逃げ場のない日々に、とうとう裕行は鬱状態に。

しかし、そんな裕行に対し、カコはさらに非情な行動に出る。

精神的にも肉体的にも追い込まれていく裕行。

 

思い出そうと思っても、カコの正体を思い出せない。

カコの正体とは、そして、何を目的として裕行を追い詰めていくのか。

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

まんが王国「監禁嬢」を読む(スマホ版)

BookLive「監禁嬢」を読む(PC版)

「監禁嬢」を読んだ感想

始めから何とも衝撃的な展開に驚きました。

ホラーのような恐怖感と、異常趣向のエロチシズム。

衝撃と言わず、何と言おうという雰囲気の作品です。

何より、この作品は表題にもある通り、監禁ものです。

しかし、従来の監禁ものとは違い、拘束されて閉じ込められているのではありません。

 

日常を過ごすことができているはずなのに、自由がない。

こちらの方がよっぽど怖いです。

精神的に休まる暇もなく、また、日常の崩壊がひしひしと感じられるのです。

カコや麻希という、恐怖を感じさせる女性たちによって追い込まれていく裕行。

 

けれど、どうやら裕行は、幼い頃から「女」に対しある意味、恐怖心を抱いていたようです。

祖母や母、そして妹という女だらけの家庭環境で育った裕行。

「女」を怒らせないよう、顔色を窺い生きてきた過去があります。

その過去が、カコに繋がっているような描写も意味深長でした。

 

今回のことを始める前から、入念に準備を進めていた様子のカコ。

このカコは物語の中で、裕行に対しての異常な執着を見せています。

カコは、カコを知るであろう昔の裕行に会いたいと言っていました。

さらに、カコが分からないのは、裕行が自分自身を忘れてしまったからだ、とも。

 

カコが言う昔の裕行とは、きっと現在の裕行と全く違う人物だったのではないかな、と。

裕行が忘れてしまった過去。

その過去を紐解いていくことで、カコの存在も、その目的も分かっていくのでしょう。

残念ながら、まだまだその部分は明らかになっていません。

個人的な予想としては、裕行には人に言えない過去があるような気がします。

 

それこそ、異常者のような犯罪的な過去が。

カコは、その被害者か何かだったのではないか、と。

歪んだ感情を持ち、裕行を執拗に追い詰めていくカコ。

それに便乗して、自分の優越感を満たすために裕行を弄ぶ麻希。

 

この先、裕行はどうなってしまうのか。

存在自体が謎であるカコの正体とは、また、その目的とは一体何なのか。

先が気になってしまう作品です。

まとめ

河野那歩也先生の「監禁嬢」は、2016年11月28日に第一巻が発売されました。

第二巻の発売は、2016年12月20日の予定です。

また、双葉社発行の青年漫画雑誌「漫画アクション」でも連載中です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「監禁嬢」を読む(スマホ版)

BookLive「監禁嬢」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。