「アプリトラップ」ネタバレ!クズしかいない物語の結末はどうなる

「アプリトラップ」のネタバレと感想です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「アプリトラップ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「アプリトラップ」無料試し読みへ(PC版)

「アプリトラップ」のあらすじ

神埼誉は、幼馴染の東雲柚月と牧場鳴子と同じ高校に進学した。

その学校は、日常生活をクエスト化するアプリにより、ポイントを稼いで成績を判定するという。

ルールの抜け穴を探す、熾烈な成績競争が始まるー。

ネタバレ

神埼誉は、記憶力に優れ、人を無駄に観察しすぎる癖がある。

そのため、友達は、幼馴染の東雲柚月と牧場鳴子の2人しかいなかった。

 

3人が一緒に進学した高校は、日常をクエスト化するスマートフォンアプリ「TROIA」によってポイントを稼ぎ、クリアしたポイントによって成績を判定するところだった。

過去にゲームでひどい目にあったことから、気が進まない誉だったが、成績最下位は退学になるため、参加を余儀なくされる。

 

最初のクエストは、他の参加者より先に、廊下側4列目先頭の女子に話しかけるというものだった。

その女子・夏目ひかりは凶悪女だから関わらない方がいい、という男子生徒が現れ、同一クエスト参加者かと思われた。

その男子生徒が夏目に話しかけると、夏目は激昂し、スマホを蹴りつけた。

 

男子生徒は逃げ出したが、誉がそれを拾うと、夏目は逆にフレンドになってあげてもいいと言う。

誉が断ると、夏目は「あなたみたいに気取ってクエストしない人は死ぬわよ」と告げる。

ちょうどその時、廊下では、イジメをしたという生徒が晒されていた。

 

しかし、実際は「素手ボクシングで100ポイント」クエストをでっちあげて、それを目撃させていじめを偽装していた。

その上で、「いじめられた生徒がいじめた生徒に倍返しする」というクエストを達成していた。

 

つまり条件さえ満たせば、クリアになる。

夏目はルールの穴に気付けば、相手を罠にハメる快感にハメられてゆくと言うのだが・・・。

こうして、誉も自演(ヤラセ)、反則(チート)に満ちた成績競争に巻き込まれてゆく。

コミなび「アプリトラップ」を読む(スマホ版)

BookLive「アプリトラップ」を読む(PC版)

感想

スマホアプリでポイントを稼いで成績アップとは、なんとも現代的ですね。

という悠長なことを言ってられない展開でした。

 

どうも何と表現するのか分かりませんが、「王様ゲーム」とかあのあたりの、些細なゲームで熾烈な生き残り競争みたいなのと同じジャンルのようです。

やたらと罠にかけたりかけられたり、あげく暴力沙汰になったり、生命まで脅かされそうです。

 

読んでて楽しい~って感じではないけど、最後まで読まないと気が済まない感じはします。

だいたい主人公がこのままでは終われないって展開になるんですよね・・・。

3人の幼馴染が仲良く協力しあって・・・、ですらなかったです。

見事にまあ、みんなクズばかり。

 

ほとんど大体のページでゲス顔が見られます。

ゲス顔マニアにはたまらんでしょうけど・・・、皆クズだとちょっと読み進めるのにおなかいっぱいな感じがしてきます。

 

いいことと言えば、クズだしもうどうなってもいいや~、と気楽に行けるところでしょうか。

共感しちゃってゲームオーバーになっちゃうと辛いですからね。

そもそもアプリが出すクエストが最初からよろしくないような・・・。

いじめられてない子にいじめっ子に倍返しのクエスト出しても意味ないし。

 

それに、キモオタと無愛想イケメンに同じ女子に話しかけるクエストを出して、必要とされる人間力に「容姿」(その他)とか書いてあるんですよ!

そうだけど!いや、そうだけども!

 

こんなアプリに教育されてれば、クズばっかりにもなりますわ~って気もします。

しかし、上位になったところで、退学にならなかっただけで、この先どう学園生活を送るのか、気になるところです。

クズ同士のギスギスオフライン・・・、かなり嫌ですねえ。

まとめ

この手の強制参加型ゲームのお約束・新規参入なのにミョーに詳しい美人女子、夏目さんが光ってます!

すごいキャラが立ってます。

しかし、やっぱりほとんどゲス顔です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「アプリトラップ」を読む(スマホ版)

BookLive「アプリトラップ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。