「監禁探偵」あらすじとネタバレ!結末で明かされる犯人の正体とは

「監禁探偵」あらすじとネタバレです。

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「さんかく屋根街アパート」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「監禁探偵」あらすじとネタバレ

山根亮太(25歳)は、コンビニのアルバイト。

親は金持ちで、マンションで1人暮らし、昔はちゃんとした会社で働いていたが、今はコンビニの美人常連客・里美玲奈のストーカー。

店長や同僚にも呆れられる始末。

 

里美玲奈は、山根の向かいのマンションに住んでおり、山根は彼女を盗撮していた。

ある日、玲奈が客としてコンビニに来店したが、同僚の野田春美にレジに入られてしまった。

仕事の帰りにそのまま玲奈のマンションに忍び込む山根。

下着泥棒をするためだったが、窓が開いているのに気付き、誘惑に堪え切れず、部屋の中へと入っていく。

 

しかし、部屋には玲奈の姿が見当たらない。

不思議に思っていると、何かにつまずいた。

それはー。

血まみれの玲奈の死体だった。

慌てて逃げ出す山根。

 

靴も履き忘れ、途中で誰かにぶつかったが、そのまま自分の部屋に逃げ帰った。

そこには、ツインテールのロリータ少女・アカネがいて、何かあったのか声を掛けてきた。

ただ一つ普通ではないのは、アカネは手錠で繋がれているのだ。

そう、山根の罪はストーカーだけではなかった。

 

酒に酔ってアカネを連れ込み、暴行しようとしたところを抵抗され、そのまま監禁してしまったのだ。

思わず玲奈が死んでいたことを打ち明けると、アカネは意外なほどの洞察力を見せ始める。

 

山根はストーカーをしていた自分が警察に疑われると思っていたが、玲奈のマンションでは怪しい女が目撃されていた。

それは山根も知る人物で・・・?

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想

原作は、「かまいたちの夜」の我孫子武丸。

「かまいたちの夜」はゲームなんですが、怖かったなあ~。

電源を切るだけで怖かったです。

 

何言ってるか分からないでしょうけど、やった人には分かるんです。

そして「かまいたち」がひらがなであることまで利用したトリック。

あの時は痺れました。

 

この「監禁探偵」もそのようなトリックが散りばめられています。

まず、残念なストーカーが部屋に帰ったら、監禁までしていたことに驚きです。

まあ、タイトルでバレてはいるんですが。

 

それにしてもストーカー(対象は別にいる)に監禁された少女が探偵として活躍。

どうも納得がいかない感じがします。

案の定、犯人がすんなり見つかるわけではなく、疑惑が掛かる人は七転八転します。

玲奈のマンションで見かけられた怪しい女は意外な人物でした。

 

考えてみれば、親の金のマンションで暮らしながら、コンビニバイトってのがそもそも異常な状況で、親の方もまともかどうか怪しいものでした。

おまけにストーカーで監禁までしてるし・・・。

監禁されているアカネは、山根が助かるよう協力してくれるものでしょうか?

そう考えると、誰も彼も怪しく思えてきますね~。

まとめ

ミステリーの王道・犯人と疑わしき人物が目まぐるしく変わり、目が離せなくなります。

監禁とかないわ~と思うところはありますが、一旦我慢してください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。