「さんかく屋根街アパート」ネタバレと感想!無料試し読みならココで

「さんかく屋根街アパート」ネタバレと感想です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「さんかく屋根街アパート」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「さんかく屋根街アパート」のあらすじ

「日本三大瓦」の産地・愛知県三河地方にある高浜で、「鬼師」の家に生まれ育った生田美月。

後を継ぐのが嫌で上京したが、全てをなくし、鬼師となるため、帰郷する。

 

幼なじみの旭のいる、「神谷鬼瓦」へ押しかけ弟子入りし、通称「やきものアパート」で暮らす修行の日々が始まる。

神谷家の3兄弟には確執があり、また美月と旭の間で微妙な恋模様が・・・?

ネタバレ

「日本三大瓦」のひとつ、三州瓦の産地、愛知県三河地方。

その中の高浜で、「鬼師」の家に生まれ育った生田美月は、後を継ぐのが嫌で東京の大学に進学する。

 

そのまま、就職していたが、流されるばかりの日々に嫌気が差し、「鬼師」になるために帰郷する。

鬼師だった父はとうに亡くなり、母も実家に帰っていた。

 

27歳独身、家なし、職なし、彼氏なし。

何もない美月に同情もあったのか、ライバルの娘を育て上げるのもまた一興、と「神谷鬼瓦」の親方に押しかけ弟子入りが認められる。

 

住むところのない美月は、通称「やきものアパート」に住まわせてもらうことになった。

そこの一室では旭も暮らしていた。

神谷鬼瓦は、美月の幼なじみ、隆道(隆にい)、旭、要の3兄弟がいるが、旭が現在跡取りとなっている。

 

しかし、長男の隆道がどうして跡取りではないのか、そういった事情は教えてもらえない。

また、末弟の要は、旭が跡取りなのを認めていないようで、美月のことも認めていないという。

既に3兄弟の母は他界しており、3兄弟には何らかの確執があるようだが・・・。

 

旭との間に微妙な感情が芽生えつつもあったが、神谷鬼瓦の事務員・栗山さんと旭の間に、昔何かあったことを悟る。

そういえば、栗山さんは美月に妙に冷たかった。

東京から来た元彼に、戻ってこないか、と誘われたのを振り切り、修行の日々に集中するはずだった。

 

が、酔っ払った旭にキスされ、しかもそのことを忘れられてしまった。

さらに、母親の十七回忌で帰って来た隆道は、やきものアパートを取り壊すと言い出し・・・?

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想

「鬼師」とは、昔ながらの技法で、装飾瓦を作る伝統職人のことだそうです。

何も考えないで読み始めて、「鬼師になりたいんです」って聞いた時は、ビクっとしました。

なんか雀荘あたりにいるコワい職業を想像してしまいました。

少女漫画ですので、そんなことはありませんでした。

 

その程度の認識だったので、知らないことばかりで非常に新鮮でした。

最近の新築の家で、先端に鬼瓦が付いてる家は、あまり見かけなくなりました。

それどころか、瓦自体ほとんど見かけないです。

 

そのことの良し悪しは分かりませんが、日本の古い伝統について、知ったり考えさせられたりします。

台風や地震などで悪者にされることも多い瓦ですが、それについても出てきたりして、意外と勉強になりました。

 

また、女性が伝統の道に入ることについて、周囲の抵抗とかいろいろな葛藤が見られて、その点でも見応えがあります。

しかし、何と言っても気になるのが、幼なじみ同士の人間関係ですね。

 

次男の旭が跡取りとなっていて、戻ってきた隆道は、一度はやきものアパートを壊すと言い出すなど、どうもまだまだひと悶着ありそうです。

さらに、美月と旭の間に微妙な恋心があるんだかないんだか、事務員さんが旭の元カノだし、この狭い範囲でゴタゴタがありそうで楽しみです!

 

まとめ

鬼師とは何とも他にない題材で、新鮮です。

それだけに新たな発見も多いのですが、女性が働くことについてとか、幼なじみとの微妙な感情とか、普遍的なテーマも見られます。

主人公のキャラがけっこうおもしろかったです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。