「美醜の大地」4話を無料で詳しくネタバレしているのはココだけ

「美醜の大地」4話の詳しいネタバレです。次のターゲットはサチ。

 

前回の復讐を覚えていない、またはまだの人はコチラの記事から確認してみてください。

「美醜の大地」3話の詳しいネタバレ

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「美醜の大地」無料試し読み

「美醜の大地」4話のネタバレ

かつての同級生たちへの復讐を誓い、生まれ変わったハナ。

同時に、過去の顔の精巧な面を持ち、同級生の元へ。

そして、とうとう復讐も4人目。

 

しかし、3人目の復讐相手、スミ子を不慮の事故により死なせてしまったハナ。

協力者でもある菊乃に、後悔しているのだろうと問われ、ハナは心を揺らす。

それでも、菊乃を振り切るように、ハナは次の復讐相手・サチの元へ。

 

ハナのかつての同級生・サチは、学生時代、自分よりも成績の良いハナに嫉妬していた。

嫉妬に歪んだサチは、それを示すかのようにハナへも激しくあたっていた。

ハナが乗った引き上げ船の撃沈も、いい気味だと思っていたほど。

 

そんなサチだったが、引き上げ船で島を追われた後、父親の事業が失敗。

母は精神を病んで自殺し、残ったサチは多額の借金のために身体を売る生活。

そして、そこで身ごもった父親が分からない息子・進司。

 

進司を育てることに決めたサチは、何とか祖母の元へと辿り着く。

経済的に厳しい生活の中、偶然、絢子と再会。

稼げる職を探していたサチに、絢子は破格の給料で雇うと申し出てきた。

 

希望を見出したサチだったが、そこから地獄の日々が。

絢子に言われたのは、絢子の夫である白井の相手を務めること。

白井は、「人形遊び」と称し、女性に対して変態的な行為を楽しむ性癖の持ち主だったのだ。

 

絢子には、嫌なら逃げればいいと言われるが、サチは逃げない。

屈辱的な扱いを受けながらも、進司と祖母のために逃げるわけにはいかないのだ。

絢子から札束を受け取ったサチは、いそいそと進司と祖母の元へ向かう。

 

その帰路の途中、目の前に現れたのは、醜い顔のハナ。

呆然とするサチだったが、ハナの手にある血まみれのセーターを見た瞬間、驚愕する。

そのセーターは、進司のものだ。

 

そしてサチは、駆け去って行くハナの背中を必死に追いかける。

だが、唐突に後頭部へと衝撃を受け、気を失ってしまう。

目覚めたサチは、目の前の沼に浮かぶ子供の背中を発見。

 

進司だと思い、慌てて水の中へ入るサチだったが、それは人形だった。

だが、沼から逃れられなくなったサチ。

そして、声を掛けてきたハナに、サチは進司のためにも自分は死ねないとハナへ命乞いを。

 

けれどハナは、自分の幼い弟を殺したのは誰だと叫び、手にした大きな岩をサチへ。

しかし、ハナはサチに止めを刺すことはできなかった。

復讐の鬼になり切れなったハナは、そんな彼女を心配して追って来た菊乃に泣きすがる。

 

ハナは、幼い進司から母親を奪うことが、どうしてもできなかったのだ。

そして、ハナの最大の復讐相手である絢子。

その絢子には、スミ子の事件に絡んでいた新聞記者の青年・綿貫が接触を始めていた。

 

綿貫は、スミ子の持ち物中にあったアルバムの中に、醜い顔のハナを見つけていたのだ。

それは、紛れもなくスミ子が車に撥ねられたあの時、一瞬だけ見かけた女性だ。

そこから綿貫は、絢子に連絡を取ったのだ。

 

揺らぎ始めたハナの復讐心。

ハナの気配を感じ始めた絢子と、そのキッカケとなった綿貫。

果たして、ハナは絢子への復讐を遂げることができるのか。

 

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

まんが王国「美醜の大地」を読む

「美醜の大地」4話を読んだ感想

ここにきて、復讐も4人目です。

更に、最大の敵ともいえる絢子も登場。

しかし、何より絢子の夫・白井が、本当に変態過ぎてビックリの回でした。

 

絢子以外には異常なサディストで、絢子にはドのつくマゾという変態さはドン引きです。

白井を見る絢子のあの冷ややかな視線は、もう仕方ないかと。

そして、物語の展開的には、今回はハナよりも、サチにスポットが当たっていました。

 

サチの人生も悲惨すぎて、特に白井絡みは同情してしまうところ。

けれど、ハナにしてみればそんなサチも、同様のことをしてきたわけで。

ただ、ハナもここにきて、復讐という行いに葛藤が見え始めました。

 

それでも、今更やめられもしないと思うのです。

もう、始まってしまった流れは止められず、新しい展開になっていきそうです。

綿貫さんもやっぱり再登場。

 

絢子と綿貫さんが接触することで、ハナの復讐はどうなってしまうのでしょう。

絢子は一筋ではいかない相手で、むしろ、ハナを待ち構えていそうです。

もうすでに、そんな予感がしています。

 

そんな絢子に対して、ぐらぐらし始めちゃっているハナ。

ハナは復讐を遂げられるのでしょうか。

まとめ

藤森治見先生の「美醜の大地」は、電子書籍では第4話まで配信されています。

連載中の「まんがグリム童話」では、2016年12月号で第5話が掲載されました。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「美醜の大地」を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。