「雇われた恋人」ネタバレと感想!沢山の無料試し読みが出来る場所も紹介

「雇われた恋人」ネタバレと感想です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「雇われた恋人」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「雇われた恋人」無料試し読みへ(PC版)

 

「雇われた恋人」のあらすじ

恋人紹介所「マッチメーカー」を経営する育ての親・サリーに頼み込まれ、カーラはマッチングパーティーに参加することに。

そこで思いがけない男性と再会した。

 

その男性・マシューは、9年前に冷たく拒絶された、カーラの初恋の相手だった。

今やゴシップ誌を賑わす弁護士となった彼とは、絶対に選ばれる筈がないと思っていたが、カーラのマッチング相手はマシューだった。

 

ネタバレ

両親を事故で亡くし、身寄りのなくなったカーラ・ロバーツを引き取ったのは、母の親友・サリー・ロイドだった。

成長したカーラは、インテリア事務所を経営しており、サリーは、恋人紹介所「マッチメーカー」を経営している。

 

どうしても今夜のパーティーを成功させたいというサリーの頼みで、カーラは女性会員の穴埋めにパーティーに参加することになった。

顔を貸すだけのつもりのはずが、カーラは意外な人物と再会。

 

それは、9年前にカーラが冷たく拒絶された、初恋の相手・マシューだった。

マシューは、カーラが8歳の頃から隣に住んでいた、6つ年上の幼なじみ。

サリー共々仲良く過ごしており、カーラはいつもマシューの後を追いかけていた。

 

それはいつしか恋に変わったが、マシューは追いかけるほどカーラを避けるようになった。

焦ったカーラは18歳になると、意を決して彼の部屋に忍び込んだが、冷たく拒絶されてしまった。

カーラなんか僕は相手にしない、早く出ていってくれー。

 

それっきり疎遠になったカーラとマシュー。

カーラはあの日の冷たい目と言葉を忘れることはできなかった。

それでも、マシューの魅力に心惹かれてしまい、パーティーを早く引き上げたくなったカーラ。

 

決してカップルにならない相手、マシューの名前をマッチングシートに書いたところ、なんとカップルが成立してしまった。

サリーの手前、逃げ出すこともできない。

 

パーティーの後、マシューに詳しく話を聞くと、父の経営する法律事務所の共同経営者になるため、身を固める必要があったという。

そのため、自立した女性の恋人役を探していたというマシュー。

 

更に憤慨するカーラだったが、自分の子供達のように2人を心配し、幸せを願うサリーに何も言えなくなってしまう。

結局、経営難の事務所のため、サリーへの借金を返す。

 

強い意志と共に、6ヶ月3万ドルでマシューとの契約を結ぶのだが・・・。

コミなび「雇われた恋人」を読む(スマホ版)

BookLive「雇われた恋人」を読む(PC版)

 

感想

浦川まさるさんと言えば、「いるかちゃんヨロシク」などで有名だった少女漫画家ですね。

ハーレクインの漫画化は、昔懐かしい方を使っていることが多く、昔の絵との違い、あるいは面影を探したりできて、なかなか面白いです。

 

なんとなくカバー曲を歌う懐かしい歌手、みたいな感じがします。

結局のところ、誰が書こうとハーレクインにはお約束のパターンが存在してます。

社則でもあるのか、実は中の人は1人なのか知りませんが。

 

でもそのお約束パターンと少女漫画って相性がいい気がします。

  • こっぴどくフラれた相手と再会
  • 再会した時には相手はスゴイセレブ?になっている
  • ヒロインは普段質素にしていても、ドレスに着替えると誰もが振り返る美女になる

 

眼鏡外したら美人と似た感じがしますよね!

実際は、ヒロインが変身して出てくるところ、すごく綺麗に描かれているので楽しみなんですが。

この作品では、主役2人を見守るサリーがとてもいいです。

 

血のつながりもないのに、ひたすら幸せを願う姿は、本当に心温まります。

まず間違いなくハッピーエンドになると思われるハーレクインですが、このお話はハードル高そうです。

 

あんなに冷たく拒否されて、2人が結ばれるとはとても思えないです。

おまけに、マシューの家はなんかゴタゴタしてそうだし・・・。

これで、どうやってハッピーになるのか、その辺りも楽しみにしてほしいと思います。

 

まとめ

お約束とは分かっていても、楽しめるものですね。

サリーはじめ、登場人物の良さもあって、後味がスッキリしています。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「雇われた恋人」を読む(スマホ版)

BookLive「雇われた恋人」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。