「フェチクラス」ネタバレと感想!3巻が無い理由は打ち切り!?

「フェチクラス」のネタバレと感想です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「フェチクラス」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「フェチクラス」無料試し読みへ(PC版)

「フェチクラス」のネタバレ

最近、謎の殺人が多発していた。

殺される女性は皆、太もも付近から下が無くなっていたからだ。

朝のニュースでも報道され、その話題は常に世間を騒がせている状態。

 

その状況を楽しんでいたのが智也と呼ばれたメガネの少年。

実は、彼こそがこの足の無い殺人を犯していた犯人。

友達に話しかけられ、興味ないふりをする。

 

だが、内心は同じクラスの早川杏莉のことで頭がいっぱい。

杏莉の足を手に入れたい。杏莉の杏莉の・・・とずっと考えていたのです。

友達の話を適当に聞き流す智也だが、引っかかる言葉が友達から出てきた。

「異常だよな」

 

智也はこの言葉に反応する。

正常って何。何が異常なの。この世は異常だらけさ、と。

でも、この言葉を表に出すのは避けたのです。いらぬ問題を起こす必要はありませんからね。

 

しかし、智也は杏莉の足に触れることはなかった

あれだけ渇望していた杏莉の足は手に入らなかった。

それは、智也自身も殺されてしまったから。

その時に右腕を切り取られてしまったのです。

 

クラスから被害者がでたことで、生徒たちは授業で乗り気ではありません。

授業に乗り気でない一人の少年・クロ。

彼は、今回の殺人と前回まで智也が引き起こしていた事件に関して、疑問を懐きます。

 

「犯人は複数?」

結局、その考えている途中で友達に邪魔されて、クロの思考は停止。

そして、今日の授業がいつも通り始まるのでした。

 

智也を殺していた蓮花は3人を警戒した

智也を殺していたのは、同じクラスの蓮花という女子。

最初は智也のことなど興味なしでした。

ある時から、蓮花は智也へ異常な執着を見せます。

 

そして、智也が杏莉へ思いを寄せていると勘違いし、自分の物としたいがために殺害。

右腕を切り落とし、自室の冷蔵庫の中に入れておいたのです。

智也の告別式の後の帰り道に山岡の話題を出した3人がいました。

 

実は、山岡は蓮花の共犯者に選ばれ、智也殺害に協力。

協力したのは良いのですが、蓮花に殺されてしまったんです。

そのことに気付いてしまった3人。

月野、大滝、黒澤は蓮花に異様な殺意を向けられてしまうのだった・・・。

 

Handyコミック「フェチクラス」を読む(スマホ版)

BookLive「フェチクラス」を読む(PC版)

「フェチクラス」の感想について

展開的には海外ドラマ的な展開。

わりと唐突な形で人も死にますし、別の話が出てきたりと忙しいです。

その分、展開のスピードとテンポの良さで粗をカバーしていました。

 

ただ、無料試し読みの数ページで分かることなのですが、わりとグロです。

切断面とかちょっとキレイに描きすぎていて、苦手な人には向きませんね。

また、もっと展開をじっくり書いてくれ!

というような人にも向いていませんね。

 

もう少し登場人物を抑え気味にして、一人ずつ深く掘り下げても良かったのではないか。

そんな風に感じています。

例えば、最初であれば「○○○:智也の場合」とかいう形でね。

 

2巻には登場人物一覧があるのですが、1巻では整理されていませんでした。

それが勿体なさに拍車を掛けてしまっていましたと思います。

 

「ネギ魔」というわけではありませんが、見開き1ページを使い生徒の名簿一覧を見せる。

こういう工夫があったら良かったのに、と感じました。

 

「フェチクラス」に3巻が無いのは打ち切りだから?

残念ながら打ち切りという形になっています。

理由は作者のホームページにも載っていました。

売上が芳しくないのと、編集部との衝突、とのこと。

 

よくあるパターンですね。

ただ、後者の編集部との衝突をしているため、今後は同じレーベルで作者は出せないかも。

 

詳しい話は作者のホームページで長文で載せてありますので、覗いてみるといいでしょう。

ここで、下手に要約を載せてしまうと違った部分が出てしまう可能性がありますからね。

「フェチクラス」に関してのまとめ

あえなく打ち切りとなってしまった「フェチクラス」ですが、惜しい部分もありました。

また、原作的には人気がWeb上であったらしいので、もう少しなんとかできなかったのかなぁ。

 

作者と編集部の衝突があったとはいえ、もう少し上手く折り合いが付けば人気も出たと思うんですけれどね。

いまさら昔の話を持ち出しても仕方ないか。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「フェチクラス」を読む(スマホ版)

BookLive「フェチクラス」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です