「サクラ色の傷痕」詳しいネタバレと感想!無料試し読みの紹介あり

「サクラ色の傷痕」詳しいネタバレと感想です。

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

まんが王国「サクラ色の傷痕」無料試し読み

 

「サクラ色の傷痕」詳しいネタバレ

父親を知らない果乃は、母親と二人暮らし。

しかし、その母親は、幼い果乃よりも自分が愛されることを優先する母親だった。

この物語は、愛されることを知らない果乃と、その妹・莉乃の過酷な運命を描いた作品。

 

第一話

果乃が物心ついたときには、母親はいつも怒っている人だった。

まだ幼い果乃を殴り、床に落ちた食べ物を食べろと言う母親。

果乃は、母親の怒鳴り声に怯えて過ごしていた。

 

そんな果乃の世界は、母親だけ。

外に出ることも許されず、むしろ母親は果乃を隠すかのように生活をしている。

ある日、とてもご機嫌な母親が、新しいお父さんだという男性を果乃に紹介する。

 

その日から、果乃の生活は明るいものへと変わった。

しかし、果乃が五歳のとき、妹の莉乃が生まれる。

そして、このときから再び果乃の生活は過酷なものへ。

 

父親は、自分と血の繋がる莉乃ばかりを可愛がり、果乃へは暴力を。

母親もまた、育児疲れから果乃へ再び暴力をふるうようになっていた。

母と父は莉乃を可愛がっても、果乃だけ食事も別、部屋も隔たれた。

 

そして、次第に悪化していく母と父の仲。

その怒りの矛先は、果乃へも当然向けられた。

ある日、とうとう果乃は、脱水症状から危ない状況になり、病院へ。

 

しかし、父親は自分には関係ないと家を出て行ってしまう。

救急車で運ばれる果乃と母親。

病院では、果乃の体中にあるアザや傷から虐待が発覚。

 

だが、必死にもう二度としないと訴える母親の姿に、病院は児童相談所への連絡は控えた。

けれど、母親は病院から家に帰ると、果乃のせいで莉乃の父親は出て行ったと再び暴力を。

 

しばらくの間、泣き喚いていた母親は、もやし炒めを作ると、姉妹に笑顔で差し出す。

嬉しそうにする姉妹だったが、その二人を残し、母親はそのまま家を出て行ってしまう。

 

第二話

母親が出て行ってしまった家で、二人となった果乃と莉乃。

きっとすぐに帰って来る。

それまで、自分が莉乃のお母さんになると決意する果乃。

 

莉乃のオムツを替えたり、食べ物をあげたりと、幼いながらに莉乃の世話をする果乃。

だが、食べ物は勿論、明かりをつけるという日常の行動さえままならない。

次第に飢えていく果乃と莉乃。

 

そしてある日、遂に母親が帰宅する。

莉乃が初めて立ったことや、いい子に待っていたと報告する果乃。

だが、母親は目すら合わせない。

 

それどころか、荷物を纏める母親に莉乃が抱き着くと、母親は冷たく蹴り飛ばす。

母親の変化に驚く果乃は、母親と共に見知らぬ男性がいることに気付く。

母親には新しい彼氏ができ、その彼と同棲しているのか、荷物を取りに来ただけだった。

 

そして、もやし炒めを作った母親は、再び出て行こうとする。

そんな母親の服を掴み、帰ってきてねと言う果乃。

 

母親はいい子にしていれば早く帰ってくると、果乃の手を離させ出ていく。

だが、その際に母親はドアにガムテープを貼り、鍵を閉めて出て行った。

 

第三話

母親に再び置いて行かれた果乃と莉乃。

食べる物もなく、冷蔵庫の調味料や生ごみを漁って飢えをしのぐ日々。

しかし、とうとう莉乃の様子がおかしくなり、焦る果乃。

 

だが当の果乃も、最早、限界を超えていた。

莉乃の手を握り、意識を失う果乃。

時を同じくして、小学校に上がるはずの果乃の存在がないことに気付いた児童相談所。

 

不審に思っていた相談所の職員は、自宅へと赴き、緊急措置として中へ踏み込む。

そこには、悪臭漂う汚部屋の中に倒れる幼い姉妹の姿。

その後、母親は警察に連行され、果乃と莉乃は養護施設に。

 

初めて母親や莉乃以外に囲まれる生活に怯える果乃。

そんな果乃に、目を掛ける職員の花房先生。

そして、果乃に笑顔で接する桃子。

 

けれど、心の開き方を知らない果乃の支えは莉乃だけだった。

それでも桃子は笑顔で果乃に構い、優しくする。

そんな桃子に、果乃は初めてお礼の言葉を返し、花房先生も安堵の表情に。

だが、その桃子の行いには裏の感情があるようで――。

 

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

まんが王国「サクラ色の傷痕」を読む(スマホ版)

BookLive「サクラ色の傷痕」を読む(PC版)

 

「サクラ色の傷痕」を読んだ感想

少女漫画で定評のある、かわちゆかり先生の美しい絵柄がなければ耐えられない。

それほどにまで、心が痛む物語です。

世の中に、このような虐待のニュースが多いことは事実です。

 

しかし、どうして我が子に対し、そうなれるのか。

育児では、辛いことや悲しいこともあるでしょう。

けれど、子供には何の罪もないのに。

 

まだまだおそらく物語は序盤。

どうか、この姉妹が幸せになれますように。

そう願わずにはいられない物語でした。

 

まとめ

かわちゆかり先生の「サクラ色の傷痕」は、電子書籍版では、第三巻まで配信されています。

また、ぶんか社発行の月刊誌「本当にあった女の人生ドラマ」にても、隔月連載中です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

まんが王国「サクラ色の傷痕」を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。