「校舎のうらには天使が埋められている」3巻の詳しいネタバレ

「校舎のうらには天使が埋められている」3巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「校舎のうらには天使が埋められている」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

「校舎のうらには天使が埋められている」3巻のネタバレ

フェンス縁に立つ二人の子供。

一人は少女、もう一人は少年。

二人は自殺の予定を考えており、一緒に飛ぶことをやs糞喰。

 

「せーの」

少女の口から言葉が紡がれ、その際に飛び降りたが・・・。

少年は少女の手を離してフェンスの縁に立っていました。

 

裏切られたと絶望する少女の悲痛な表情。

同時に、後ろからあいに言葉を囁かれます。

「信じていた人に裏切られてかわいそうなソラ」

 

あいは続けて飛び降りなかった少年であるXX君に言葉を投げかけ続けました。

「二人だけの秘密だよ。XXくん。」

XX君と呼ばれる少年は良心に耐えきれず、その場に泣き崩れるのでした。

 

あいへの復讐のため、証拠確保に奔走する菜々芽

なんとか死なずに生き延びた菜々芽。

あいへの復讐をすべく証拠を確保するために奔走します。

 

そのためには、プライドを投げ捨てあいの「わんこ(おもちゃ)」になることも覚悟の上。

しかし、どうやらあいには見抜かれていた様子。

おもちゃになどされず、いつもどおりの生活が待っていました。

 

やや肩透かしを食らった形ですが、周囲は何も行わないし、何も起きません。

ただ、今回はクラス替えが行われます。

そこで、隣になったのが優でした。

 

菜々芽が目を優の机の隅にやると、そこには生き物らしきの落書きと共に一言。

「負けるな!」

菜々芽は優が受けた仕打ちと、その時の状況を考えると胸が締め付けられる思いがします。

 

新しい野外学習と現実を見ない大人に苛立つ菜々芽

教育の一環で野外学習が決定。

班も分けられたのですが、これまたあいの息がかかった人選。

やれやれという感じですが、やはり事件が引き起こります。

 

野外学習の当日に、明らかにおかしなルートを突き進むのです。

これもあいの指示。

菜々芽は途中で気付くのですが、その時には遅い、遅すぎた。

 

菜々芽は川底へと落とされてしまったのです。

それをよく思わなかったのが班員である近藤。

近藤も川へと飛び込んで菜々芽を助け出しました。

 

しかし、その後は野犬に襲われ、戦わざる得ない状況に。

数で勝る野犬に押される二人えすが、そこで急に野犬が大人しくなってしまうのです。

誰かの気配を感じたので振り向くと・・・?

 

こうした出来事を経て、無事に合流するものの、疲れで倒れる菜々芽。

先生たちに何があったか言おうと思っても、伝わらず。

いえ、伝えても無駄であることを分かっていたのでした。

 

なぜなら、今回の騒動は菜々芽が「勝手に滑って落ちた」ということにされていたからです。

自分が体験したことを伝えようとしても、先生たちは一切聞く耳持たず。

 

むしろ、真実から目を背け、菜々芽に責任を負わせたがっているようにも見えます。

怒りのボルテージが上昇していく菜々芽は、この件でより決意を強く固めるのでした。

 

曽良野まりあの過去が描かれる

なぜ屋上から飛び降りて自殺をしなければならなかったのか。

その理由が詳細に描かれているのが3巻のラストの話。

同時に、わんこになった理由なども明かされていきます。

そして、全てが語り終わった後には・・・。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「校舎のうらには天使が埋められている」3巻の感想

冒頭から衝撃的なシーンで幕開け。

ただ、これが読み続けるといい感じに作用します。

ネタバレでも出した曽良野に関することですね。

 

とはいえ、話の物語的には動いていません。

あくまでも側面が語られたくらいなので、まだまだ。

菜々芽はあいを追い詰められるのでしょうか。

 

それとも、逆に今のように追い詰められて、心が折れるのか?

菜々芽VSあいの戦いから、ますます目が離せなくなりました。

 

「校舎のうらには天使が埋められている」3巻のまとめ

読み終わった後に表紙を見てみましょう。

確実に詐欺だっ!と叫びたくなります(笑)

実際、冒頭のことを考えたら、詐欺の一言も言いたくなるでしょう。

 

私は、3巻の最後を読んで表紙に戻って苦笑してしまいましたからね。

ぜひ、あなたにも私と同じ気持ちを味わって欲しいと思います。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

ちなみに、速攻結末を知りたいという人は、コチラからどうぞ。

「校舎のうらには天使が埋められている」最終回のネタバレと感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です