「リメインバッド」結末のネタバレ!真犯人は意外な人物!?

「リメインバッド」結末のネタバレです。

結末の真犯人に関するネタバレですので、まだ読んでない人は注意してください。

 

物語のあらすじと、前半部分のネタバレは下の記事からどうぞ。

「リメインバッド」あらすじとネタバレ

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「リメインバッド」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「リメインバッド」結末と真犯人のネタバレ

今回の事件の犯人として逮捕されたのが2人。

1人は、元々犯人だと言われていた田芝。

そして、もう1人はあの渡でした。

 

土生は取調室で渡に、何故この事件の犯人が自分なのか、と問いました。

「部下殺し」と揶揄された土生は、静かに答えます。

それは、土生の異名にありました。

 

何年か前に起きた殺人事件で、自分の部下が犯人だと確信していた土生。

何度も何度も自供を促したのですが、最終的に部下は首を吊った。

以降、自分に「部下殺し」の異名がついて回ることに。

 

そして、かつて世話になった樋口に言われて、手伝った。

この時に、内部に犯人がいるのだろう、というのを確信していたのです。

それらを丁寧に渡へネタばらし。

 

コチラもネタばらしをしたので、渡にも促すのでした。

自供していく渡の言葉を全て聞き終わり、土生は違和感を感じながらも一言伝えます。

「そうですか」

 

こうして、渡の取り調べは一旦終了。

屋上で黄昏れる形で今回の事件に関して総括する土生と樋口。

しかし、どうやらまだ仕事が残っているみたいです。

 

残っている仕事は「真犯人」との話し合い

結論から言えば真犯人は渡の娘である奏。

学校へ出向いて、殺されかけても学校に登校してきた奏を昼食に誘う土生。

 

土生は行きつけのあの店へ着き、着いて早々に土生は奏に言いました。

「君が4人を殺した犯人なんだからな」

実は、渡は娘である奏の罪を全て被ろうとしていたのです。

 

前に土生と奏は一悶着を起こしており、その際に奏は激怒してしまっていました。

そのことで土生に犯人である、という予想を立てられてしまったのです。

 

一方、その言葉を聞いた奏は静かに佇み、ゆっくりと語りだしました。

本当は世間が渡に犯人を殺してしまって欲しかった、と密かに願っていたことを。

 

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

事件に関して真犯人の奏に問い続ける土生

事件に関しての質問を単刀直入に聞いていく土生。

しかし、あっけらかんとして答えていく奏に質問を変えました。

 

「自分の出自を知らされてどう思った?」

奏は渡とその母の実の娘ではありません。

本当の父は殺した中の1人にいます。

 

この土生の質問に奏は率直に目を見開いて答えました。

「正義が汚されたと思った」

そこから奏が内に抱いている「正義」に関して。

 

そして、義理の父である渡に関してつらつらと述べていきます。

同時に奏は自分は渡に恋をしていたのだ、というように語り始めました。

血が繋がっていないからこそ、好きになる。

 

遺伝的な話を絡め、意気揚々と語り続け土生は若干呆れつつありました。

そこから、少し前に戻り犯行に及んだ当日の記憶が語られます。

 

渡が記者会見で話した後に自宅に戻ると、そこには血だらけの娘・奏の姿。

渡の腹は決まっていたのでしょう。

娘を救ってやる、と。

 

しかし、渡に向けられた現実は奏の再犯だった

奏は再び罪を犯します。

今度は全く関係の無い人間を殺したのでした。

しかも、愛する父の枕元で囁くように打ち明けたのです。

 

奏は既にこの時に壊れていました。

殺すことに快感と、恋をした父・渡の反応を楽しみたかったのです。

くだらねー話だなーって感じで聞き続ける土生に対し、奏は黙々と語り続けました。

 

そして、最終的に首を締められたのは父である渡に殺して欲しい、と願ったから。

なぜなら、渡に対してある言葉を伝えていたのです。

「誰かのせいにしても私人殺しやめないよ?」

 

こう言われてしまった渡は、愛する妻を失った怒りを血の繋がりの無い娘にぶつけたのです。

しかし、奏は愛する人の手で死ぬことはできなかった。

殺している現場に土生が乱入してきてしまっていたから。

 

冷たい視線を土生に向ける奏は一言呟きます。

「ほんと邪魔―」

同時に、土生は横にスマホを置いて電話先に一言。

 

その先には渡と取り調べていた岳堂が向き合っていました。

「残念だ・・・渡」

岳堂の目は悲哀に満ちていました。

 

そして、最後に土生は奏に食事を勧めます。

奏はそれよりも別の事のほうが気掛かりらしく・・・?

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

おまけのエピローグのネタバレ

実はエピローグもありまして、奏が捕まった(?)後の話があります。

作中で出て来る「リストカット君」が主人公。

 

自殺の動機が語られ、奏に惚れていたことも明かされます。

そして、逮捕したと思われる土生を殺そうとしますが・・・?

 

この時に土生がリストカット君に伝えた言葉は凄くいい言葉です。

ぜひ本編で読んで見て欲しいですね!

 

必ず「ですよねー」って同意しちゃうこと間違い無し!

私も土生と同じ意見ですので、私は楽しく土生さんとやってけそうと感じた言葉でした。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。