「100万円の女たち」ネタバレと2巻の試し読みの紹介!感想もあり

「100万円の女たち」の2巻のネタバレです。

 

1巻全体のネタバレは下のリンクから飛べます。

「100万円の女たち」あらすじとネタバレ

 

2巻の無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

BookLive「100万円の女たち」無料試し読み

 

「100万円の女たち」2巻の詳しいネタバレ

さて、部屋に呼び出された慎を待ち受けていたのは・・・。

なんと裸のみどりでした。

一糸まとわぬ姿でいるみどりに対して質問する慎。

 

しかし、ここで1つのルールが発覚。

慎はどうやら質問を禁止されているらしいのです。

一方、みどりから慎への質問は制限なしみたい。

 

そこで、みどりは慎へ2択の質問を出してきます。

「人はSEXを経験すれば強くなりますか?」

裸の女子高生にこんなことを聞かれる慎は、答えに詰まります。

 

だが、答えないわけにもいかず苦し紛れに答えました。

「強くなる場合もあるかな・・・」

2択なのにこの自信の無さで、みどりに即座に2択であることを言われ訂正。

 

以降、質問が続きみどりの部屋を後にしました。

この時に、外に音が漏れておりひとみが階段にいたのです。

トイレに入っていた素振りをして、慎が出てきたタイミングでバッタリ出会う。

 

その後は慎の顔を強くつねって弄って開放。

何かしたのか、と思った慎でしたが真相は分からずに終わります。

 

ネタバレ1:突如、送られてきた招待状により物語は始まる

この2巻でルームシェアをしている理由が明かされます。

ルームシェアが始まったのは「招待状」なるものが5人の女性に送られていたから。

 

招待状により集まってきた順はひとみ、佑希、菜々果、みどり、美波。

当初、ひとみが着たときは理解できなかった慎。

一方、ひとみも慎と話して、出したのは・・・と聞きました。

 

お互いの意見が食い違うものの、流してしまってなし崩し的に同居。

以降は、さっきの順でルームシェアが始まり、男1人、女5人の共同生活の出来上がり。

そして、肝心の「招待状」には条件があったのです。

 

「100万円を毎月28日に慎へ渡す」という条件が。

これが、この奇妙なルームシェアハウスが出来上がった経緯。

そして、物語はそれから半年が経過した時点で開始されていたのです。

 

ネタバレ2:兄っぽい相手はみどりの幼少の頃の顔見知り

ここでみどりの出生が明かされます。

みどりは施設出身で、今まで金をせびりにきた男は同じ施設育ちの人間。

これ以上、付きまとわれたくない。

 

1億円をくれと言われて、流石にみどりも参っていたのです。

みどりは、まず佑希に身の上を話した上で相談。

みどりの話を聞く佑希にお金が手元にある理由を明かします。

 

高校生なのにみどりが大金を持っていたのは宝くじが当たったから。

当たったはいいのですが、大金過ぎた故に未成年。

そのため、当選金を受け取るには保護者が必要だった。

 

だから、施設で育った同郷の男・神田に頼ったのです。

頼った結果は、ご覧の有様。

これらの話を聞いた上で佑希は、みどりへ諭すように冷徹に言います。

 

「神田武を排除してしまうんです。」

排除、つまりは殺すということ。

平然と言いのけますが、一体誰がそんな仕事を・・・?

 

というところで登場するのが美波と砂子。

BookLive「100万円の女たち」を読む

 

ネタバレ3:美波とみどりに築かれていく信頼関係

神田は砂子の運転した車に何度か轢かれます。

その姿に耐えきれなくなったみどりは、条件付きで神田を活かすことに。

 

みどりの決断を甘すぎると批判する美波ですが、同時に楽しんでいました。

17歳の少女が大人の前では無力である姿を晒す。

それでも、悔しくて食いついてくる姿が。

 

こうして2人は一緒にルームシェアハウスへと帰ります。

しかも、帰り道にはお互いに本音を話しながら。

 

ネタバレ4:菜々果から忠告を受ける慎

お風呂でさっぱりしていた途中の慎。

普段、ソープでスッキリしていますが家でも湯船に浸かりゆっくりしています。

 

そこへ、突如乱入者が登場。

菜々果です。彼女は慎が拒否するも、強引に湯船へイン!

大人のイチャイチャが始まるか、と思いきや話はシリアスへ。

 

なんと菜々果が「招待状」の送り主が分かった、と言い出したのです。

「私には演技は通用しないよね」

そうです、何と言っても菜々果はプロの女優。

 

彼女の前で何かを演じていたら、即座にバレる。

それを一つ一つ語る菜々果と聞く慎。

最後に、菜々果からある忠告を受けるのでした。

 

「上手に嘘をつくのよ。一番、上手に嘘をついた人間が最後に残るわ・・・」

意味深な言葉を慎へぶつける菜々果。

一体、菜々果は何を察して、こんな言葉をぶつけたのか・・・?

BookLive「100万円の女たち」を読む

 

「100万円の女たち」2巻の感想に

さて、今回はルームシェアの成り立ちと同時に各キャラの繋がりを書いた感じの巻。

それぞれ癖が強いキャラばかりですが、一番地味なのはひとみかな?

 

今回の見せ場としては慎の顔をつねるくらいだったし。

しかし、誰なんでしょうねー招待状の送り主は。

菜々果の言い方は、すっごく近くにいる感じのように思えますけど。

 

これが次の巻で明かされるのか、それとも次々巻になるのか。

何やら共同生活の雲行きも怪しくなっていきそうですね。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

BookLive「100万円の女たち」を読む

 

3巻の詳しいネタバレはコチラの下の記事からどうぞ。

「100万円の女たち」3巻の詳しいネタバレと感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です