「いじわる執事と貧乏セレブ」結末までのネタバレと無料試し読み

「いじわる執事と貧乏セレブ」結末までのネタバレです。

かなりガッツリといっているので、注意してくださいね。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「いじわる執事と貧乏セレブ」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「いじわる執事と貧乏セレブ」結末までのネタバレ

信頼する祖父が旅立ち、急に一人になってしまったユカリ。

一番信頼していた人物を亡くした上に、なんと家は差し押さえに・・・。

 

なんとか顧問弁護士の山田の力を借りて、100万円を元手に一人暮らしを開始。

しかし、開始早々に取り立て屋がやってきてピンチに。

そこを救ったのが2人のオヤジ執事。

 

ガタイと愛想が良いほうがカスト、メガネのキザなほうがポール。

彼らは党延グループの会長の名でユカリの元にやってきていたのでした。

というわけで、無事にユカリの借金を利子含め一括返済。

 

これでユカリは晴れて自由の身に・・・とはいきませんでした。

「ユカリ様がご自分のお力で立派に成長なさることを望んでおります」

ポールがこのように言うのです。

 

 

 

ネタバレ2:お嬢様の初仕事の開始・・・だけど

世間一般の金銭感覚を身に着けるため、バイトを開始。

ただ、やはりお嬢様ゆえに色々なミスをしまくります。

その上、客と一悶着起こしちゃうんですよね。

 

それによってクビになってしまうのですが、執事の2人には言い出せず。

意地っ張りなユカリは執事2人に正直な話を打ち明けられないでいました。

 

さらには、夕食でひもじい思いをしたユカリは、ふらふらと執事たちの元へ・・・。

底に広がっていた光景は、豪華な食事の一言。

 

「私達もユカリ様の執事になって大変質素な生活をしております」

どの口が言うんだ、と問いたくなるこのセリフ。

神戸牛→松阪牛、シャンペルたん→シャトー・ラトゥールに変更。

 

こんな事を言う執事がどこにいる。

彼ら2人の豪勢な食事を見たユカリは、ついある事を口走ってしまいます。

「そんな贅沢するお金があるなら私を・・・!」

 

そのセリフを止めたのがメガネを掛けた執事であるポール。

現在は貧乏とはいえ、ユカリは元は良い財閥のお嬢様。

そんなお嬢様が「ほどこし」を受けるなんてプライドが許すのか?

 

厳しい言葉でユカリを糾弾し、立ち直らせようとしていたのです。

しかし、これはユカリには逆効果で家を飛び出すことに。

それをカストが追って、ちょっとイイコト言ってフォローし一件落着。

 

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

ネタバレ3:カストとポールがユカリに仕える訳

実は、カストとポールは過去にユカリの祖父を殺そうとしました。

とある勢力の傘下に入り、依頼を受けざる得なかったのです。

 

ユカリの祖父を拉致ろうとした時、彼らは車の赤ちゃんを見てしまいました。

それがユカリだったのです。

こうして騒ぎを聞きつけられたカストとポールは捕まることに。

 

刑期を終え出所したカストとポールを出迎えたのは、あのユカリの祖父でした。

祖父はカストとポールの過去を想像し、彼らと話をしたがっていたのです。

同時に、彼ら2人に「生き方」を解きました。

 

そこにやってきたのが成長したユカリ。

カストとポールの2人の頬の傷を見て、紅葉の葉らしきものを絆創膏代わりに張り付けたのです。

これがあったから2人は何があってもユカリを助けよう、と思っているのでした。

 

例え、ユカリにうっとおしがられようとも、文句を言われようとも。

彼らは受けた恩を忘れず胸に秘め、今日も厳しくも優しい執事としてユカリを支えるのでした。

 

ネタバレ4:顧問弁護士山田との再会と・・・

顧問弁護士だった山田と再開したユカリ。

食事を奢られ、VIPルームにご招待までされてる予定で上機嫌。

準備をしている時にスマホを濡らして故障させてしまいます。

 

実は、このスマホによってカストとポールはユカリを座標で監視していました。

シグナルが消えたことで焦る2人。

非常事態を出し、全力で捜索に当たるように指示。

 

一方、ユカリは山田の手で怪しげな部屋の一室に連れ込まれます。

そこには、かつてユカリによってこっ酷く振られたデブいオヤジが。

SM部屋に連れ込まれ、絶対絶命のユカリ。

 

捜索に当たっていた執事たちは、スマホのシグナルを補足。

なぜなら、ユカリを売った山田がこっそりと手荷物として持ち出していたから。

これが山田の命取りに。

 

山田から聞き出した場所へ飛び込んだカストとポール。

彼ら2人が目にした光景は驚くべきものでした。

 

ビシィッ!ビシィッ!

ユカリが豚のケツをムチで叩いて、顔を赤らめていたのです。

これには強面執事の2人も苦笑い。

 

無事に助け出されたユカリに更なるプレゼントが待ち受けていました。

なんと飼い猫のクマちゃんも来ていたのです。

こうして再び、貧乏お嬢様+執事2人+ネコ1匹の暮らしが開始。

ただ、これが結構大変賑やかになりそうで・・・。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「いじわる執事と貧乏セレブ」を結末まで読んだ感想

ノリの良い少女漫画というのが第一印象。

少女漫画にしては登場人物の年齢は上ですけれどね。

 

しかし、売りはやっぱりオヤジ執事たち2人がカッコイイこと。

こんなダンディなオヤジ執事がいたら、惚れちゃうって。

こういうオヤジがもっと活躍するマンガが読みたいけど、無いんですよねー。

 

語彙力無いですけど、マジで最高ですね。

ストーリーも祖父とカストとポールの若い頃の出会いも、しっかりあって納得できる展開。

しかも、この時のユカリの祖父がいい言葉を投げかけるんですよ。

 

でも、ストーリー上は事業に失敗しちゃうダメダメな人なんですけれどね・・・。

それは置いておいて、総括としては非常に楽しめる作品です。

 

あっさりと1巻でまとめられているため、暇な時に読むにはピッタリ。

次回作もあったら、購入してみようかなーって思わされました。

どこかの出版社で全3巻くらいにまとまる作品を出してくれないかなー。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です