「政宗くんのリベンジ」2巻のネタバレ!少女漫画は非モテのバイブル

「政宗くんのリベンジ」2巻の詳しいネタバレとなります。

今回は後半から新キャラも登場。

やっぱり、ラノベっぽい感じの作品なので新キャラも一癖あるキャラクターです。

 

前の巻は下からどうぞ。

「政宗くんのリベンジ」1巻のネタバレ!さあ復讐をはじめよう!

2017.01.09

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「政宗くんのリベンジ」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「政宗くんのリベンジ」2巻の詳しいネタバレ

2巻開幕から1巻で登場している委員長・双葉が腐っていること判明。

ちなみに1巻で政宗に告白しフラレているものの友達関係としては良好。

むしろ、腐っている人なので恋愛的な面の告白ではなかった可能性も・・・?

 

最初のメインは小十郎。

なんと、小十郎は頭が悪い!

メチャクチャ頭が悪い。

可愛い外見なのにメチャクチャ頭が悪いので赤点候補筆頭。

 

政宗の編入してきた高校に入学できたのが学校の七不思議の一つに数えられているほどです。

というわけで、図書館で勉強を開始した政宗たち。

そこで、後ろの席にいた愛姫と吉乃に気付きます。

 

意地の張り合いが始まり、政宗は小十郎を愛姫は吉乃を。

それぞれ良い点数を取らせ、勝ったほうが言うことを聞く、という勝負を始めます。

政宗は勝利確定かと思われたのですが、吉乃は自分の成績のほうが大事なので、今回はサポートせず。

 

果し合いになるテストの日がやってきて、政宗と小十郎は絶好調。

実は後に知るのですが愛姫がテスト当時に休んでしまっていたのです。

そして、政宗が取った行動は・・・?

 

6話:政宗の少女漫画脳が露呈

今までの行動は全て少女漫画から学んだことが露呈。

この時に、家族からは「勉強している」と勘違いされています。

一応、勉強といえば勉強なんですけれどね・・・。

 

さて、学んだのであれば実践あるのみ!

前回のテストで休んでしまった愛姫は赤点ということで補講を受けます。

そして、同様に政宗もわざとっぽく数学で赤点を取っていました。

 

前々から学んでいた少女漫画の行動を愛姫に実践していく政宗。

しかし、これを聞かされた吉乃からは・・・。

「マジキモイ」

というように重い声と雰囲気でバッサリ。

 

「押しまくるだけじゃダメ メリハリが大事」

吉乃からこのような助言を聞いた政宗は即座に実践。

PDCAサイクルを見事に回して、上手く愛姫の気を引くことに成功しました。

 

愛姫のデレを引き出すことに成功したのはいいのです。

そして、問題は次。

「私なんかのどこがいいの?」

 

男にとって究極の難題。

それを答えて欲しいという質問をぶつけられた政宗の答えは・・・。

「どこってぜ ぜんぶだよ!あらゆるところがだよ!」

 

こんな恥さらしをした政宗は吉乃に相談しますが、またもや「バカ」と一刀両断。

翌日、アドバイスをもらった通り手紙で気持ちを伝えようとするのですが・・・?

 

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

7話:突如やってきた新キャラクター

下駄箱で見つかった政宗に対して、愛姫は一言。

「あなたなんて大嫌い」

突然の宣言に頭が混乱する政宗。

 

そこにひょっこり現れた吉乃は、愛姫が不機嫌な理由は自分であることを告げます。

納得行かない政宗は食い下がりますが、吉乃が寄せ付けず。

「わたしまかせてっていったよね」

 

威圧感に耐えきれない政宗は吉乃に全てを任せることに。

しかし、やっぱり血が騒ぐのか任せっぱなしも嫌なので追いかけていくのです。

 

さて、愛姫が吉乃を避ける理由としては、あの夜に2人が会っていたことを見てしまったから。

自分のことを好きだと言ってきたのに、別の女の子。

それも吉乃と会っていたなんて、ということで許せなかったのです。

 

吉乃と話して自分の気持ちにも気付いた愛姫。

その帰り道に過去の記憶を思い出しつつ帰っていたら、赤信号に気づかず道路を渡ろうとして轢かれかけてしまいます。

 

探し回っていた政宗が間一髪で引き止めて愛姫は無事でした。

しかし、その轢かれかけた車から少女が出てきて政宗に近づいてきたのです。

「お逢いしとう御座いました!」

 

突如、抱きつかれた政宗の頭の中は大混乱!

一体、この少女は誰なのか!?

 

8話:政宗を知っている少女と愛姫のヤキモチ

一応、認めたくないのですが愛姫は政宗が好きになってきています。

チョロインすぎますね、ええ。

しかし、さっき登場した少女のせいで政宗にヤキモチ。

 

一方の政宗は頭の中を必死に探しても、あの時に出会った少女の記憶の欠片すら出てきません。

加えて、自分の話を聞いてくれない愛姫と吉乃に腹も立てていました。

正直、とばっちりも良いところですからね・・・。

 

そういうことを学校でも思い返していた時。

先生が連れてやってきたのは、あの時の少女。

名前は藤ノ宮寧子と名乗り、今日から編入生としてやってきたのです。

 

9話:穿いてない、もう一度言おう穿いてない

転入生としてやってきた寧子に聞こうと思った政宗。

しかし、女子のバリアが張られてしまい話しかける雰囲気じゃありません。

なんとか意を決して話そうとした時に双葉から言われてしまうのです。

 

「藤ノ宮さんね わざわざ政宗君のために転校してきたんだって!」

これには政宗も心の中で大きな雄叫びを上げざる得ません。

一切、見知らぬ少女から会いに来たとかいわれても、ねぇ。

 

寧子曰く、政宗との出会いは3年前のクリスマスなのだそうです。

しかし、政宗の3年前はというと・・・まだデブでした。

爺ちゃんの下で修行に励んでいたのです。

 

認識がズレているので、話し合おうと外に連れ出す政宗。

そこで泣き落としにあうのですが、グッとこらえて今の好きな人(愛姫)の名前を教えました。

そうしたら、寧子は愛姫の下へと赴いてしまうのです。

 

しかも、その時に後ろに立っていた政宗は見てしまったのでした。

寧子が「あれ」を穿いていないことに・・・。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

2巻の感想

もう付き合えば良いんじゃないかなー(鼻ほじ)

いや、もういいでしょ、付き合おう。

これでお終い、お終い!

 

というように物語は行きませんでした。

新キャラの寧子がやってきて、何やら画策しているっぽい感じの雰囲気を醸し出し始めましたね。

しかも、突然愛姫に宣戦布告までしています。

 

肝心の政宗くんは蚊帳の外に置かれそうですが、どうなることやら。

記憶の食い違いに加えて、寧子の登場でさらに復讐は厄介になっていきそうです。

政宗くんは見事、愛姫にギャフンっと言わせることができるのか!?

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

次の3巻は下から!

「政宗くんのリベンジ」3巻のネタバレ!突然の恋人宣言っ!?

2017.01.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です