「政宗くんのリベンジ」5巻のネタバレ!兼次の目的と文化祭

「政宗くんのリベンジ」5巻の詳しいネタバレです。

今巻では新キャラ続々登場で、ちょっと覚えるのが大変な巻。

 

前の巻は下からどうぞ。

「政宗くんのリベンジ」4巻のネタバレ!寧子の目的が明らかに!?

2017.01.09

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

コミなび「政宗くんのリベンジ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「政宗くんのリベンジ」無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「政宗くんのリベンジ」5巻の詳しいネタバレ

早速新キャラ登場で、3年生の園香、1年生の菊音、2年製の鞠。

このトリオが新登場のキャラ。

以降の名称はトリオとでも付けておきましょうか。

 

19話に関してはこのトリオの紹介+4巻ラストで登場したニセ政宗。

彼の紹介的な話となっていました。

あんまり深く書くことが無いです、マジで。

 

20話:ニセ政宗が愛姫の許嫁!?

夏休みも終わって皆が一斉登校。

前回で離脱したと思われた寧子は無事でした。

良かった良かった。

 

しかし、天然の女たらしっぷりを政宗が寧子に見せつけます。

「ずっと君の言ったこと考えてたんだよ!」

寧子からは、しっかり口説き文句は安売りしないって注意を受けちゃいました。

 

というわけで、久しぶりに愛姫に会うためにお土産片手に会いに行く政宗。

しかし、そこで待っていたのは強烈な言葉でした。

なんとニセ政宗は、こういったのです。

 

「許嫁なんだ」

頭の中が整理しきれない政宗は吉乃を連れて、事情聴取。

どうやら過去にニセ政宗と愛姫の先代たちが取り決めで、許嫁状態になったのだとか。

 

ちなみにニセ政宗と言っていますが、本当の名前は雅宗兼次。

隠しているわけじゃないので、すでにこの時点では皆に知れ渡っています。

以降は兼次という呼び名で統一していきますね。

 

20.5話:小十郎は漢になりたい

小十郎が漢の中の漢になりたい、というお話。

愛姫との出会いや、クラスでの立ち位置。

そして、恋心・・・?も収録。

 

 

21話:文化祭の勝負が始まる

愛姫のクラスと政宗のクラスで文化祭の催しものが被ってしまいました。

ぶつかってしまったので、本来であれば先に出していた政宗たちのクラスのもののはず。

しかし、ちょっとした権力で捻じ曲げられてしまったのです。

 

そこで出された妙案が「同じ劇で勝負をする」でした。

勝敗は舞台を見たお客さんによる投票。

政宗の出した案を楽しそうということで承認し、話は加速していきます。

 

同時に政宗は兼次に対して、1つの提案を持ちかけたのでした。

「この勝負に勝ったほうが後夜祭で一緒に踊れる」

つまり、愛姫と踊る権利を掛けて自分と戦えと言ったのです。

 

22話:兼次が愛姫に近づく理由とは

兼次の家は非常に貧乏な家でした。

財閥的な家だったのですが、何かしらで没落してしまった様子。

雨漏りも直せないほどの貧乏っぷり。

 

招待されたパーティーで儲け話に絡みたいものの、高校生では絡めるはずもなし。

悩んでいた時にぶつかったのが、あの由井崎さん。

そして、由井崎さんは兼次をあの「本物の政宗」と見間違えたのです。

 

その話を聞いた兼次は心の中で笑いました。

「これは金儲けの匂いだ!!」

帰宅後、すぐに仕舞い込んであった荷物を探し続ける兼次。

 

見つけた封筒は兼次が愛姫の許嫁となる、と記されている封筒。

こうして兼次は上手く愛姫の許嫁として潜り込み、家を立て直す事を決心したのでした。

 

23話:文化祭、開幕ッ!!

やってきました文化祭。

しかし、どうも政宗の調子が優れません。

 

前日、母を納得させるために外で裸になったことで風邪を引いてしまいました。

そんな政宗の状態を察した寧子は政宗を保健室へ拉致っていきます。

 

一つの区切りを迎えて、友達としていい関係になっている2人。

そのまま政宗は眠りにつきます。

目を覚ましたら、なぜか倉庫に布団でぐるぐる巻きにされ放置される・・・!?

 

一方、同じく兼次も吉乃の策略により閉じ込められてしまうことに。

両クラスともに主役が欠場の危機だけど、大丈夫なの!?

 

コミなび「政宗くんのリベンジ」を読む(スマホ版)

BookLive「政宗くんのリベンジ」を読む(スマホ・PC共通)

 

5巻の感想

政宗くんは女のセンスが悪いなぁ〜、と思いました。

寧子の天使っぷりが遺憾なく発揮されてしまっていたんですよ、これが。

こんな女の子を振ってしまった政宗は地獄に落ちろっ!

 

本編よりも小十郎に着せる服のほうが気になります。

断然、私は不思議の国のアリス押し。

小十郎のアリスとか見たら、鼻血でぶっ倒れる自信あり。

 

でも、結局白雪姫だったんですよね〜。

どうしてアリスじゃなかったのか・・・。

そこだけが悔いの残る部分でした。

 

さて、本編の感想に移りますけれど、ニセ政宗である兼次の目的もハッキリと判明。

没落財閥復興のため、愛姫の家に寄生することを選択。

これ自体は問題ないですが、後は押し通せるかって問題でしょう。

 

頭は少しばかり回るキャラなので、どうやって生かされていくか。

ここに焦点が当てられるキャラクターでしたね。

ライバルも登場したのですが、これからどうやって物語は進んでいくのか。

 

個人的にはそろそろギアを上げて欲しいところ。

もうそろそろ、大きな動きが無いと退屈です。

ドッカーンと大きな花火でも打ち上がりませんかね〜。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

コミなび「政宗くんのリベンジ」を読む(スマホ版)

BookLive「政宗くんのリベンジ」を読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です