「ネオンサインアンバー」結末までのネタバレ!感想と試し読みもあり

「ネオンサインアンバー」結末までのネタバレ&感想です。

がっつりネタバレしているのでこれから読もうと思っている方はご注意ください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「ネオンサインアンバー」無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

 

「ネオンサインアンバー」のあらすじ&ネタバレ

働いていたバーが閉店した緒方。

知り合いのつてでクラブのホールスタッフとして働いていました。

煌びやかなネオンと大音響が鳴り響くクラブ。

 

そこへ毎晩のように通っているサヤと呼ばれる青年と出会います。

褐色の肌に金色の髪。見るからにチャラそうなギャル男のサヤ。

ひょんなことから緒方とサヤの距離が縮まっていきますが―

 

感情があまり顔に現れなくて誤解されがちな緒方。

そんな緒方の表情がわかるサヤ。

緒方は、自分の感情をわかってくれるサヤに惹かれていきます。

ノンケの緒方がサヤならイケるかもと思うのですが現実は・・・!?

 

「ごめん」と言う言葉が胸に突き刺さる・・・

煌びやかなネオンが瞬く真夜中に生まれた恋の物語―

 

▼以下から詳細のネタバレをしています。

作品を読んでみたいなと思われた方はこちらからタイトルで検索してみてください。

BookLive「ネオンサインアンバー」を読む(スマホ・PC共通)

 

ネタバレ1:緒方とサヤの出会い

感情が顔に現れにくく無表情な主人公・緒方勇介。

楽しいと思っていても「楽しくないの?」と聞かれる。

美味しく食べているのに「不味そうに食べないで」と言われる。

 

笑ってるつもりでも「たまには笑っといた方が印象いいよ」と言われる始末。

そのせいで付き合っている彼女にフられることもしばしば。

そんな緒方が働くのは煌びやかなネオンが光り、音楽が地響きしているようなクラブ。

 

もともと働いていたBARが閉店したため知り合いのつてで働くことに。

BARが再び開店するまでの繋ぎでホールスタッフとして働く緒方。

そこでサヤと呼ばれる青年に出会うことになります。

 

女性専用の場所のイスに女性を抱いて座っているサヤを発見する緒方。

「そこ女性専用。座んないで」

と注意する緒方でしたがサヤはそんな緒方を見て「チッ」と舌打ちし去りました。

 

いつも女性と一緒にいる印象でナンパ目的でクラブ通いしている・・・

しかも女性と揉めてるところを目撃し、緒方のサヤに対する第一印象は最悪でしたが―!?

 

ネタバレ2:俺、男でもイケる!?

そんな二人でしたがひょんなことから仲良くなっていきます。

クラブで見かけると手を振ったり、会話するようになったり・・・

そんなある日、サヤがロッカーの鍵をなくしてしまいます。

 

手持ちのお金がなかったサヤ。

ロッカーを開ける料金を緒方が立て替えることに。

しかしお金を返せる目処が立たないサヤは朝ご飯をご馳走することを提案します。

 

仕事終わりにサヤの実家に連れて行かれる緒方。

小料理屋を営む実家の手伝いをしてきたサヤの手料理は美味しくて・・・

「うまい?」と聞くサヤ。

 

緒方はこれまで無表情が災いして言われてきたことを思い出し、答えに躊躇していると―

「やーっぱな!うまそうな顔してたもん」

と満面の笑みを浮かべるサヤ。

 

「サヤはすごいな、なんで分かんの?」

自分の表情の違いに気づくサヤに驚く緒方。

「・・・俺、人の顔色伺うの得意だもん」

「なんだそりゃ」

「あはは」

 

これまでわかりづらいと言われていた表情を見分けるサヤに感動する緒方。

サヤのことをもっと知りたいと思うようになります。

そしてその思いは別の方向へ進んでいくことになり―

 

緒方とサヤの距離は急接近していきます。

しかしいざ本番になったとき、緒方はサヤが男だということを実感してしまい・・・

「ごめん」

 

途中でできなくなってしまった緒方。

サヤとならできると思った、サヤで抜いたことだってあったんだ。

男だって理解してたはずなのに―

―サヤを傷つけた―

 

ネタバレ3:サヤの過去とは・・・

一方サヤは、手が止まったときの緒方の表情から過去のことを思い出していました。

中学時代、よく一人でいたサヤに構ってくれる先輩がいました。

サヤと先輩は仲良くなっていき、サヤは先輩のことが好きになっていました。

 

卒業後先輩が地元を離れると知ったサヤは先輩に告白しますが―

「気色悪ぃんだよ」

そしてその先輩がサヤに告白されたのを言いふらしたためイジメられることに。

 

「アイツ、ホモだって」

「キモ」

 

サヤは学校に自然と行かなくなりました。

学校を辞めた後は、夜な夜なクラブへ通い女の子をナンパするようになりました。

ゲイだと悟られないように―

「・・・俺、人の顔色伺うの得意だもん」

 

BookLive「ネオンサインアンバー」を読む(スマホ・PC共通)

 

結末のネタバレを含む感想

ノンケの緒方がサヤに惹かれていく様子にドキドキしました。

サヤも女の子をナンパしてるからてっきりノンケ同士の恋かと思いきや・・・

見た目はチャラいギャル男なのにそっち方面だったという意外性も良かった。

 

ちょっとした表情とか可愛いというか色っぽいサヤ。

自分の表情を理解してくれるし可愛いサヤに緒方が惹かれていくのも分かります。

しかしいざ本番をとなるとサヤのアソコを見て立派な男だと認識する緒方。

 

まあそりゃあそうだよねえ・・・と思えるのもなんか現実味があって(笑)

それで結局、サヤを傷つけてしまいサヤに避けられてしまうわけですが・・・

なんとかサヤに会って話をする緒方ですが、ロッカー代を返されてしまいます。

 

楽しみだったサヤの手作り朝ご飯もなくなってしまい・・・

そんな緒方のところに知り合いのBARが開店するという知らせが入ります。

BARに戻ることになったらサヤにも会えなくなってしまいます。

 

なんとかサヤに自分の気持ちを伝えようと思う緒方。

そこへ、過去サヤを傷つけた先輩が現れ―!?

この先輩、とことん性格が悪いなという印象です(汗)

 

過去のことをほじくり返されるサヤは見ていて可愛そうで仕方がありませんでした。

でもある意味、この先輩の登場が二人の仲を修復したようにも(笑)

見た目普通というか素都のないイケメンと言う感じの緒方。

 

見た目チャラそうな褐色肌に金髪のどこからどう見てもギャル男なサヤ。

ナンパでチャラそうな子が受けだという意外性も萌えどころかなと思いました。

(褐色肌が受けなのダメな人はダメかもですが・・・(汗))

この二人の恋、一体どうなるの!?とドキドキしながら読める作品でした。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「ネオンサインアンバー」を読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)