「これは恋のはなし」最終回のネタバレ!結末で2人はどうなった?

「これは恋のはなし」最終巻(11巻)のネタバレと感想です。

がっつりネタバレしているのでこれから読もうと思っている方はご注意ください。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「」無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「これは恋のはなし」のあらすじ&11巻のネタバレ

主人公・内海真一(うつみしんいち)小説家。

内海の家へ子猫と一緒に迷い込んだ森本遥(もりもとはるか)

子猫を飼うという理由で内海の家へ通い始めて6年が経っていました。

 

当時10歳の小学生だった遥は高校生に。

すっかり大人になった遥たちに戸惑いながらも変わらぬ関係を続けていた内海。

しかし遥たちは違いました。

 

遥の同級生で遥に思いを寄せる杉田。

遥と内海の変わらない関係に疑問を抱いていました。

遥自身も、内海のことが好きだから触れたいし触れられたいと思う。

 

内海自身の気持ちも、保護者という目線ではなく恋愛感情に変わっていました。

しかし内海は三十路過ぎたおじさんですから手は出せません。

そのことは理解しているけど・・・もどかしいと感じる遥。

 

そんなとき、仕事で海外へ行っている遥の父親が帰ってくると言う知らせが。

父親は自分が帰るまで遥と一緒にいてほしいと内海に言います。

病院にいる遥の母親が家に帰りたがっているから遥を一人にしないでほしい・・・

何かあってはいけないと心配する父親でしたが悪い予感は的中して―!?

 

▼以下から詳細のネタバレをしています。

作品を読んでみたいなと思われた方はこちらからタイトルで検索してみてください。

コミなび「これは恋のはなし」を読む(スマホ版)

BookLive「これは恋のはなし」を読む(スマホ・PC共通)

 

11巻のネタバレ1:遥の母親が帰宅

遥を一人にしないでくれと父親に頼まれた内海。

それならみんなで内海の泊まろうということになりました。

別行動していた遥と杉田は、晩ご飯の買い物帰りのミサトと合流します。

 

「忘れ物しちゃったんで家に寄りたいんですがいいですか?」とミサトに言う遥。

「あぁいいわよ、全然」

「すぐ戻るんでちょっと待っててください」と、遥は自分の家へ入っていきました。

 

遥が家に戻るとそこには遥の母親が居て―

母親の姿を確認した遥は、外で待つミサトと杉田に先に行くように告げます。

急用ができたと言う遥に少し疑問を抱きながらもミサトと杉田は内海の家へ向かいます。

 

内海の家へ着くも、遥のことが気になった杉田は遥の家へ引き返します。

杉田が慌てて走る様子を外に出ていた内海が目撃。

コンビニに買い物に行っていた内海が家に戻るとミサトが居るだけで・・・

 

「遥は?」

と聞く内海にミサトが家に戻ったことを伝えると・・・

「なにやってんだよ、おまえ。なんであいつをひとりにしたんだよ。しかも自宅って」

と内海に言われてハッとするミサト。

 

そんなときミサトの携帯が鳴ります。

それは杉田からのメールで―

「どうしよう・・・3人で遥ちゃんの家にいるって・・・」

「3人?」

「遥ちゃんのお母さん・・・」

 

顔色が変わる内海とミサト。

内海は家を飛び出し、遥の家へ走り出しました。

―なにも、なにも起こらないでくれっ!!―

そう願いながら・・・

 

11巻のネタバレ2:一緒に行きましょう

一方、遥の家では駆けつけた杉田も家へ上がりお茶を飲んでいました。

「おばさん元気そうだね」

元気そうな遥の母親を見て安心する杉田でしたが会話は思わぬ方向に―

 

「遥・・・お母さん早くお兄ちゃんのところに行かないと」と言う母親。

兄の仏壇は和室にと言う遥でしたが母親には遥の声は届いていませんでした。

そして母親の言動はだんだんと荒々しくなり―

 

「みんな私がおかしくなったみたいに言って!

ただ息子に会いたいだけなのに・・・なにがいけないの・・・?

私はどこもおかしくないわ!」

 

声を荒らげる母親に遥は―

「大丈夫!わかってるから。私はわかってるから!!」

と必死に伝えます。

 

「よかった・・・遥だけはわかってくれるのね」

と、少し落ち着いたかのように見える母親。

しかし―

 

あのね遥・・・お母さんね、お兄ちゃんのところへ行こうと思うの

それが一番いいと思うの

でもこれ以上遥をひとりにはできないでしょ?だから―

 

遥も一緒にお兄ちゃんのところに行きましょう?

 

11巻のネタバレ3:愛してます

遥に一緒にいこうと言う母親を杉田は必死に止めようとし言い争いになります。

そこへ内海が駆けつけます。

「なんだよ今の話・・・」

 

「どうして・・・どうして邪魔するの!?」

反論する杉田や内海の登場で再び激昂する遥の母親。

その様子に母親を落ち着かそうと手を伸ばしますが・・・

 

「触らないでっ!!」と、手をふりほどかれました。

勢いよくふりほどいたせいで、母親の裏拳を喰らってしまう内海。

殴る気はなかったのか母親も少し驚いて止まりました。

 

「落ち着いてください・・・」

再び内海は母親に言いました。

そして、自分が遥の保護者代わりをやっていたことを伝えました。

 

「だからなに!?関係ないでしょ!!」

それでも荒々しい口調で母親は反論してきます。

「あなたになにがわかるのよ!」

荒々しく自分の気持ちをまくし立てる母親に内海は―

 

「・・・わかりません。でも道連れにされる子どもの気持ちならわかります」

 

内海自身8歳のころに両親が起こした一家心中に巻き込まれた経験がありました。

だからこそ、遥と母親のことが心配だったのでした。

そして、内海は言葉を続けます。

 

「あなたが息子さんを亡くして

生きてる意味を見失ってしまったというなら、俺も同じだ。

俺も遥を失ったらたぶん生きていけない」

 

それでも内海の言葉に母親は反論します。

「遥は私の子よ!あなたには関係ないじゃない!!」

そう言う遥の母親に内海は言いました。

 

すいませんお母さん・・・好きなんです

遥のこと・・・俺は―

愛してます

 

11巻のネタバレ4:それでも変わらない関係

遥を連れて行くなんて言わないでください。

死ぬなんて言わないでください。

遥のためにも、家族のためにも、愛情があるなら生きてください―

 

そう、遥の母親を諭す内海。

そこへ、海外の仕事から帰ってきた父親が現れます。

「悪かった沙織・・・俺が悪かった」

母親を抱きしめる父親。

 

そんな両親を遥も抱きしめます。

一件落着・・・とまではいかないでしょう。

しかし、今まで止まったままの家族の時間が少しだけ進み始めました。

 

そして場所は内海の家へと移ります。

遥の母親を諭しているときに勢い余って(?)遥を愛してると言った内海。

父親に真意を問われることになります。

 

焦る内海。そして―

「私はそんなつもりで大事な娘を預けたんじゃない!!」

内海が本気で言ったということを確認すると一発殴らせろと・・・

 

「やだっお父さん!?」

遥が慌てて二人に駆け寄りますが・・・

―ゴッ!―

 

なんだかんだありましたが、晴れて父親も公認の仲・・・

に、なったったかと思いきや、そこはまだ三十路過ぎおじさんと高校生。

結局は今までと変わりなく、大人数で囲む賑やかな食卓。

 

家族というものがなかった内海でしたが、なんだかんだで今は賑やかな生活に。

本当は欲しかったのかもしれない、こういうものが・・・

これも全部、遥が持ってきたもの。

そんな風に思う内海。

 

遥は内海に救ってくれたことへの感謝を告げますが―

違う・・・救われたのは俺だ

「大好き」

改めて告白する遥に―

 

「でもな遥。それでも俺たちはやっぱり・・・変わんないんだ」

コミなび「これは恋のはなし」を読む(スマホ版)

BookLive「これは恋のはなし」を読む(スマホ・PC共通)

 

結末のネタバレを含む感想

20歳以上の歳の差恋愛。

ハタチ超えてたらまだセーフですが、この物語は正直アウトです(笑)

出会ったころは遥ちゃんランドセル背負ってたんですから!

 

とはいえ、最初は内海も保護者目線でみてましたからね。

そう考えるとアリ・・・なのか?

いやいや、事案でしょ!通報されかねません(笑)

 

まあそんなちょっと現実味のない様な物語ですが、だからこそ山あり谷ありで。

この二人の関係はどうなるの!?

恋愛関係になるの!?って感じでサクサク読める作品でした。

 

遥たち小学生組の成長も物語の見所だったと思います。

「変わらない」と告げられてもそれを素直に受け入れる遥。

「私はずっとずっと変わらずに真一さんのそばにいるんです」

なんて言ってしまう遥。大人になりましたね。

 

そして最終話は数年後の話になります。

詳細はここで書きませんが・・・

みんながどうなったのかは作品を読んでみてください(笑)

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「これは恋のはなし」を読む(スマホ版)

BookLive「これは恋のはなし」を読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)