「タブーを犯した女たち〜天の河〜」結末のネタバレと無料試し読み

「タブーを犯した女たち〜天の河〜」結末までのネタバレです。

愛ってなんでしょうね、ホント。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

まんが王国「タブーを犯した女たち〜天の河〜」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「タブーを犯した女たち〜天の河〜」無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「タブーを犯した女たち〜天の河〜」結末までのネタバレ

嫁として嫁いできた綾は、嫁ぎ先で困難に見舞われていました。

夫のワイシャツには別の女の口紅。

それを見た姑からの嫌味たっぷりの口撃。

 

さらには、子供ができないことも綾のせいにされていました。

綾がこの家に居続けるのは、綾自身が天涯孤独の身であるがゆえ。

この家を出ていけば、身寄りのない綾は生きていく術がないと思っていのです。

 

綾は幼い頃に父を亡くし、母の女手一つで育て上げられてきました。

母も綾が20歳の頃に亡くなり、その後に庄司と職場で恋愛結婚。

それでも、綾が愚痴一つこぼさないのは母からの教えがあったから

 

「人様に暗い顔を見せないで笑っていなさい」

「そうすればいつかきっといいことがあるから」

この言葉を信じ続けていたからでした。

 

詳しいネタバレ2:義父に異変が起きる

孤立しがちな義父と共に、気分転換に星を見た夜。

家の中へ帰る時に、綾が転んだ拍子に義父の胸元によりかかります。

この時に、何か少し変な違和感がある、ということを聞きました。

 

翌日、朝食を取らずに仕事場へ行くのですが、その時も様子がおかしい。

綾は心配になりつつも、家の中でいつものように姑の口撃され、庄司からは召使のように使われるだけ。

 

そんな時に、義父から電話が。

資料を忘れたので持ってきて欲しい、とのこと。

姑は綾へ命じて届けさせます。

 

届け先で義父に資料を渡し、研究室で飲み物を一杯でも・・・という時。

義父が突如口元を抑え、床に倒れ込んでしまったのでした。

医師からは検査入院が必要という話をされます。

 

家に電話をかける綾ですが、姑は生花教室、夫は仕事中。

帰宅後に姑に話、庄司にも早く帰ってきてもらうように言おうとしましたが、止められます。

少し経った病院で、綾は聞きたくもない言葉を医師から宣告されたのでした。

 

詳しいネタバレ3:義父の命はもって半年

「残念ながら転移もあります」

「余命は・・・もって半年です」

医師からの通告は無情なものでした。

 

さらに、それを黙っていようとした綾ですが姑は遠慮もなく、義父に伝えていたのです。

急いで義父の入院先に行った綾は、義父が窓を開けていたので自殺するかと思い飛びつきました。

義父からは笑われるものの、その後に義父は今まで見せたことのない姿を見せます。

 

「怖い」

「私は死ぬのか」

「どうしてなんだ どうしてこんな病気に」

 

そして、綾にみっともない姿を見せてしまったと苦笑しつつ、その後の事を話しました。

「今は・・・死ぬことよりも死んだ痕 誰からも忘れられることのほうが怖い気がするよ」

その言葉を聞いた綾は、思わず本音を口走ってしまいます。

 

「お義父さんのことが好きです愛しています」

思わず出た本音でしたが、義父からは一時の気の迷いと諭され帰宅を促される綾。

 

一時の気の迷いではなく、本当に愛している。

その思いは日を追う毎に綾の心のなかに息づいていくのです。

 

詳しいネタバレ4:綾が下した決断

日に日に弱っていく義父の看病をし続ける綾。

同時に、家では家事や掃除なども行わねばなりません。

それなのに、綾にとって恐れていたことが起きてしまったのでした。

 

夫の庄司の酒癖の悪さです。

帰宅後、傷心が遅いことを自分のせいにされた上に、姑には義父と出来ている。

というような話に発展させられていました。

 

その話を聞いていた庄司は綾に襲いかかります。

深酒をしていたために、すぐに寝入ってしまいましたが、綾にとっては耐えられる環境ではありません。

 

綾は耐えきれず、より一層義父へ献身的な介護に務めました。

そして、綾は義父への溢れた思いを1つの行動に移したのです。

 

まんが王国「タブーを犯した女たち〜天の河〜」を読む(スマホ版)

BookLive「タブーを犯した女たち〜天の河〜」を読む(スマホ・PC共通)

 

「タブーを犯した女たち〜天の河〜」の感想について

今までの他の「タブーを犯した女たち」と違い、タブーを犯した感じに見えないのは恋愛色が強めだから?

いえ、作中では不倫をしているんですけれどね。

 

多分、不倫でも問題ないように感じられるのは、姑と夫からの扱いがヒドイからでしょう。

というか、よく耐えましたねー、綾は。

 

私だったら速攻で判を押せよ、オラ!

という感じで、夫に迫ると思います。

むしろ迫ります。

 

綾の問題点は「一人で生きていけるか」という部分でした。

結末で、それが方法はどうであれ解決されたので、問題なくなったのでしょう。

少々、その先のことを考えると不安ではありますが・・・。

 

でも、この後の綾であれば、きっと大丈夫なはず。

強く、そして逞しく生きていけると思います。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

まんが王国「タブーを犯した女たち〜天の河〜」を読む(スマホ版)

BookLive「タブーを犯した女たち〜天の河〜」を読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です