「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」結末までのネタバレ

藤森治見先生の「ストーリーな女たち」シリーズ。

今回は、過酷な運命を辿った女性たちの「初夜」にまつわるオムニバス作品。

表題の「緋い初夜」を中心に詳しくネタバレしていきます。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

まんが王国「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」のネタバレ

一つ目の物語は、表題作でもある「緋い初夜」。

ある場末の娼館で、情事後に娼婦の女性が、客の男へと寝物語を語る。

娼婦の中には、目的のために身をあえて落とす者もいるのだ、と。

 

興味を引かれた男は、娼婦に話の先を促す。

そして、語られたのは、遠い遠い土地から来た女の子の話。

女の子は、砂漠に生きる村の長の娘だった。

 

誠実で勇敢な父に、父の後継として立派に育つ兄。

そして、優しい母と幼い弟。

ラジアは、仲の良い家族に囲まれ、幸せに暮らしていた。

 

しかし、その幸せは、突如として終わってしまう。

夜襲をかけてきたのは、ふたご山の一族。

果敢に迎え撃つも、族長の父を殺されたことで、村はふたご山の一族に制圧された。

 

敗者はすべてを奪われ、さらに族長の娘は和解の証として、敵方へ嫁に出す。

それが、この地に伝わる古の作法だ。

だがラジアは、ふたご山の一族の元へなど行きたくなかった。

 

ふたご山の一族には、悪しき習慣がある。

女性は一族の持ち物であり、自由や尊厳など全く考慮されないのだ。

けれど、拒めば再戦を宣言したとみなされ、最悪、一族全てが皆殺しに遭うことに。

 

清く正しくあれば、神が救ってくれる。

父のその言葉だけを胸に、ラジアは、ふたご山へと嫁いだ。

そして、ラジアの地獄の日々が始まる。

 

毎日、奴隷のような扱いを受け、一族の男たちに何度と身体を求められた。

そんな中、自分の夫となるシャーヒドが、集落に帰って来るという知らせが入る。

ふたご山の一族は、巷で勢いにのる隊商であり、族長の息子のシャーヒドは隊商の隊長だ。

 

そのためラジアは、ふたご山へ来てからも、シャーヒドとは一度も会っていなかった。

族長は、シャーヒドが戻ったら婚礼の議だと言う。

そして、婚礼の前には、花嫁の純潔を確認する儀式も行う、と。

 

だが、すでに一族の男たちによって純潔を奪われているラジア。

そのことを告げても、姦通した罪を不当に問われ、ラジアの処刑が決定。

さらにその処刑は、帰還したシャーヒドの手によって行われた。

 

処刑方法とは、耳と鼻を削ぎ落すという残虐なもの。

容赦なく耳と鼻を削がれ、討ち捨てられたまま呆然と空を見上げるラジア。

何故、神は自分を救ってくれないのか。

 

そして、神などいないのだと悟ったラジアは、そのまま夜の闇に紛れて逃亡した。

客の男は、語りを終えた娼婦へ、その後、ラジアはどこへ行ったのかと問う。

すると、娼婦は顔の下半分を隠していたベールを捲り、ここにいる、と。

 

実は、客の男はシャーヒドであり、娼婦はラジアだったのだ。

ラジアは、シャーヒドへの復讐を誓い、あえて娼婦になっていたのだ。

まんまとラジアの罠に嵌ったシャーヒドがそれを知ったときには、すでに遅く。

 

「姫君の残虐遊戯~人殺しごっこ~」のネタバレ

これは、母親に暴力的な虐待を、父親に性的虐待をされた育った姫の話。

領主である父親に溺愛される美しい姫、暁姫。

けれど、姫はとても残虐な思考を持ち、人を人とも思わない。

 

気に入らなければ、すぐに殺せと命令する恐ろしい姫だった。

しかし、この姫の歪んだ残虐性は、肉親によって育まれてしまったもの。

人の善意を知らずに育った姫が、最期に唯一の救いと出会った切ない物語。

 

「つるの恩返し」のネタバレ

始まりは、長者の与平によって姉妹が助けられるところから。

そして、まさかまさかのどんでん返しの結末を迎えます。

最後は、「平原を駆けた女 カラミティ・ジェーン」。

 

女は、力で男に敵わない。

弱いことで大切なものを奪われたジェーンは、女を捨てて生きる決意をする。

詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

 

まんが王国「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」を読む(スマホ版)

BookLive「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」を読む(スマホ・PC共通)

 

「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」を読んだ感想

時代も国も違いますが、物語に登場するのは理不尽に奪われてきた女性たち。

そのあまりにも過酷で壮絶な人生が描かれています。

救いのない展開は、読み進めるほどに悲しくなってきます。

 

その中で最後の「平原を駆けた女 カラミティ・ジェーン」には救われました。

完全あるハッピーエンドではありませんが、女性の笑顔が唯一あった物語です。

 

けれど、どの物語でも、登場する女性は理不尽な世界に生きています。

欲望という暴力の中で尊厳を奪われ、心を殺される。

どれだけ辛いことだろうと考えるだけで胸が痛くなりました。

 

まとめ

「ストーリーの女たち」シリーズ、藤森治見先生の「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」は、一巻読み切りです。

不条理な世界に生きた女性たちの壮絶な物語が四作収録されたオムニバス作品。

 

四作品の中、唯一展開が読めなかった「つるの恩返し」。

これは、読み終わった後に、そのタイトルの意味が分かりました。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で作品タイトルを検索すると読めます。

まんが王国「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」を読む(スマホ版)

BookLive「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」を読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。