「私が肥満になった理由」結末のネタバレと無料試し読み!感想もあり

「私が肥満になった理由」結末のネタバレと感想です。

肉体的な肥満と精神的な肥満という話で、短いですが奥が深い作品でした。

美は内側からといいますが、本当にその通りなのでしょう。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「私が肥満になった理由」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「私が肥満になった理由」結末のネタバレ

専業主婦として家で食っちゃ寝、食っちゃ寝していた浩子の元に高校の同級生・美穂から電話がありました。

どうも家計が大変らしいようで、色々と愚痴を言ってきたのです。

 

それを適当に受け流して、自分はブタになり続ける浩子。

そんな浩子の元に帰ってきた夫は、帰宅早々土下座を開始。

なんと、外で女を作っていたから別れて欲しい、と言い出したのです。

 

条件は今住んでいるマンションを浩子に渡すことで合意。

不本意ながらもバツイチとなった浩子は、生きるために再就職を探します。

 

しかし、専業主婦でダラダラ肥えていた浩子が採用されるはずがなく・・・

家で一日中ゴロゴロと食べて太ってダラダラし、醜い女代表とも言える浩子が急に採用されるはずがありません。

パソコンは使えない、残業も無理、容姿もダメとダメダメ尽くし。

 

あまりにも舐め腐っていたので、遂には面接担当官にもキレられてしまいます。

その反動で家に帰宅したら、ケーキなどをやけ食い。

免罪符の言い訳は「自分の肥満は遺伝だから」という逃げ。

 

自分だけが不幸であることが不公平だと思うようになっていきました。

その日のやけ食いをしている最中に、美穂から電話が掛かってきます。

美穂の話を最初は静かに聞いていた浩子。

 

しかし、ある一言が浩子の逆鱗に触れてしまったのでした。

「ダンナが残してくれたマンション」

美穂はローンのある家を出ていかなきゃいけない。

 

一方で、浩子は元夫が住居だけは残していってくれた。

でも、この家に離婚して女だけが住み続けるには、肩身が狭すぎていたのです。

それを美穂は分かっておらず、ついつい口に出してしまった。

 

それに過敏に反応した浩子は、面接の時の憂さもあって、美穂に対して烈火のごとく怒り狂ってしまいます。

美穂も浩子に対して、ちょっと冗談半分で言ったつもりだった。

それがここまで怒るとは想像していなかったのでしょう。

 

少しだけでいい、少しだけでいいから自分の苦しさを共有して、言葉を掛けて欲しかった。

そんな思いから電話した美穂には、ツライ一件となってしまったのです。

 

後日、ボランティアへ誘う美穂

大人なので、これくらいで縁が簡単に切れるわけじゃありません。

仕切り直しというわけではありませんが、近くのボランティアへ来て欲しいと美穂が電話で伝えます。

どうやら、コーラスの人手が足らない様子。

 

かつて、浩子と美穂は声楽部に入部していたこともあって、美穂は浩子の歌の素質の高さを知っています。

それを上手く持ち出して、外へ連れ出してくれたのでした。

 

その帰り道。

浩子の目の前で、美穂の採用の知らせが届きます。

採用にネックであった「年齢制限」も無事にクリア。

 

子持ちの主婦なのに正社員らしき場所で正式に働ける嬉しさから、浩子の前で大はしゃぎする美穂。

浩子は「それは良かったね」と言えるだけの余裕を、今は持ち合わせていませんでした。

 

はしゃぐ美穂と自分を対比し、自分の容姿が醜いことが不幸の原因だと考える浩子。

一段落して、美穂が楽しければコーラスにまた参加して欲しいことを伝えます。

絶望の縁にでも立っているかのような浩子から出てきた言葉は、最低最悪な言葉でした。

 

「うん・・・そうだね気晴らしになった」

「わたしより不幸な人がいるんだなって」

ブスって言われても否定できないほど心が腐りきっている浩子。

 

本当の自分を知った浩子

心無い言葉を並べられた美穂は、控えめながら浩子を非難。

それに過剰に反応する浩子は、美穂を始め周囲全てが自分をあざ笑っているように感じ始めてしまいます。

 

死んでやろう。

決意を決めて線路の電車に倒れ込もうとした時でした。

体が勝手にホームの内側に倒れていたのです。

 

そして、もう一人が自分の足に重なるように倒れ込んでしたのでした。

もちろん、この倒れた相手というのは美穂。

 

美穂は主婦として子育てをする時間の合間に、自分の資格勉強をし続けていた。

その無理が今ここで出てしまったのです。

それを助けたのが浩子。

 

浩子は美穂の旦那に残っていた処理を預け、走って帰宅します。

帰宅後に真っ先に思ったことは、死にたくないという本音の気持ち。

 

同時に今までの自分の行いを見返して、甘えていたことに気づくのでした。

そして、この1件を経験した浩子は1つの決断を下していたのです。

 

 

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「私が肥満になった理由」の感想

遺伝と病気以外でデブなのは、擁護しようがありませんね。

今回は遺伝って言ってますが、実際は自分自身のだらけ具合が原因です。

この点は一切擁護のしようがなかったですね。

 

それでも、終わりよければ全て良し、という形になったので良かった良かった。

こういう作品系ってラストの結末って、殆どが不幸になる形じゃないですか。

でも、「私が肥満になった理由」は違っていたので、心の中で思わず声を上げてしまいました。

 

最近、私も少し凹む出来事があったのですが、浩子のラストのように前向きに頑張ろうと思います。

短いですが、自分の身の振り方を見直すのに、丁度いい作品でした。

ぜひ、手に取って読んでみてください。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「私が肥満になった理由」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です