「病んでる女〜窓のない家〜」結末のネタバレと無料試し読み

「病んでる女〜窓のない家〜」結末のネタバレです。

仲の良かった友人夫婦が突如変貌していく恐怖。

人が人であるために必要なものがある、と再認識させてくれる作品です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「病んでる女〜窓のない家〜」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「病んでる女〜窓のない家〜」結末のネタバレ

主人公の友人夫婦が今回の物語の主役。

夫は研一、妻は美咲と言って、大変仲の良い夫婦でした。

夫婦には子供がいなかったのですが、近々マイホームが建つ予定。

 

老後は建てた家で犬を沢山飼って暮らしたいねー、と微笑ましい会話を繰り広げていました。

さて、そんな楽しみにしていた夫婦の夢であるマイホームが完成。

そこにお呼ばれした友人なのですが・・・。

 

どこかおかしい。

そう、どこか異様な雰囲気と違和感を外で観たときから感じていました。

中に入った時に、それはより強くなっていきます。

 

窓が無い異様な家

家の中に入ると真っ先に感じたのは、家の中が「薄暗い」ことでした。

研一に案内され、凝った設備の説明をされるのですが、あまり頭に入ってきません。

それよりも、家の中の暗さの方が気になってしまうのです。

 

そして、遂に感じていた違和感に気付きました。

「窓」が無い。

今まで研一に紹介された場所を思い返しても、窓が無かったのです。

 

研一に聞きますが、2階の書斎と玄関にあるから、と答えられてしまいました。

招待されたはいいのですが、あまり居心地の良くない友人宅をあとにする主人公。

それから1年経った時に、夫婦の問題が表面化し始めたのです。

 

美咲の様子がおかしい事に頭を悩ませる研一

ここ最近ヒステリック気味になりつつある妻に、研一は頭を悩ませていました。

主人公は夫婦喧嘩でしょ〜なんて思っていたのですが、ボヤ騒ぎが起きたので研一に頼まれ様子を見に行くことに。

 

様子を見に行って驚いたのは、虚ろな目をした美咲がぼーっと立っているだけ。

本人が言うには、家の中で花火をしていただけなのだそうです。

主人公から事実を全て伝えられた研一は、妻とともに精神科を受診。

 

しかし、精神に異常が見当たらず研一も困ってしまいます。

さらに美咲の行動はエスカレートしていき、部屋の中でプランターも使わず家庭菜園を始める始末。

両親などの手伝いもあり、心療内科やお祓いも経験。

 

それでもダメで、遂には研一は苦痛から家に帰る回数がドンドン減っていきます。

そして、遂に恐れていたことに踏み込み始めたのでした。

 

リスカで自殺を図り始める美咲と異様な執着を見せる研一

ついにメンヘラ発動。

美咲が研一の気を引くためなのかリスカをし始めます。

さらに、行為はエスカレートして、ロープを使った首吊りまで画像で送信してきました。

 

もう耐えきれなくなった研一は主人公を呼び、何か良い案が無いか話し合うことに。

しかし、主人公の何気ない一言で研一の態度が豹変してしまうのです。

主人公が言った一言で、突如研一は怒り狂った上に謝罪まで要求。

 

2人の様子のおかしさに愛想を尽かした主人公は、関係を断つのでした。

こうして縁を切ったわけですが、その後も別の友人を介して情報が回ってきます。

その情報が流れてきた数日後のことでした。

 

研一から電話が掛かってきたのです。

そして、その電話の内容は、妻である美咲について。

研一は、重くゆっくりと静かに何が起きたのかを話し、主人公の言葉を失わさせるのでした。

 

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「病んでる女〜窓のない家〜」の感想

陽の光って重要なんですよねー、本当に。

セロトニンって呼ばれる物質の分泌をはじめ、ビタミンDを体が作るのに必要。

だから、こうやって一切陽の光が入らない場所だと、気分も憂鬱になるってもんですよ。

 

私も1ヶ月くらい自室に篭って色々やってたんですけれど、あれは狂いそうになりましたね。

きっと、この夫婦も同じだったと思いますよ。

 

というか、曇りの日ですらやる気が出なくなるのに、作中の光が一切入らない家に住んでたら余計に狂いやすいでしょ。

何を考えて窓を少なくしたんでしょうね。

 

かつての記憶が蘇りますが、やっぱり健康第一って考えは間違ってないと思います。

体が壊れたら、しんどいどころじゃありません。

私は、そのしんどさを実体験しているので、メチャクチャ強く言います。

 

マジで外には出ましょう。

日に焼けるのが嫌とか言わずに、出たほうが良いです。

缶詰状態は、精神的に狂いそうになりますから。

 

なので、本作は「陽の光」の大切さを学ぶのにもってこいの漫画でしょう。

ぜひ、興味があれば手にしてみてください。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「病んでる女〜窓のない家〜」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です