「溺れる花火」ネタバレ!あらすじと結末についての感想もあり

「溺れる花火」のあらすじやネタバレ。

そして、結末まで読んでみた感想についてです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「溺れる花火」無料試し読みへ(スマホ版

BookLive「溺れる花火」無料試し読みへ(PC版

「溺れる花火」のあらすじ

病弱な彼女と小秋と付き合っていた泳太。

ある時、病室で従姉妹の夏澄と出会うこととなった。

そして、泳太は夏澄の誘惑に抗えず・・・。

ネタバレについて

テーマは「浮気」です。

最初は、泳太は至って普通です。

むしろ、欲望を上手く封じ込めています。

 

だけど、やはり肉欲には抗えないのです。

そこから、どんどん夏澄と行為に走って溺れていきます。

しかし、一方の夏澄は徐々に突き放す形に。

 

そのことに不満のある泳太は、バイト先の女の子とも関係を持ち始めました。

さらにさらに、知り合ったばかりの大学生ともカラダを重ねるほど暴走。

正直言って、こうなってくると正真正銘のクズ男になってきます。

 

ある日、本来の彼女である小秋から花火を見に行きたい、と言われます。

そんな時に取った泳太の行動。

そして、最後の最後でやってくる展開に目は釘付けとなります。

 

ぜひ、その細かい部分は貴方自身で読んでみてください。

まんが王国「溺れる花火」を読む(スマホ版

BookLive「溺れる花火」を読む(PC版

結末まで読んだ感想

非情になれる女の人って怖いな、と。

もちろん、泳太もクズと言えばクズです。

適当にでっち上げた自分自身の質問と答えを出してヤるだけヤるんですから。

 

人の押さえつけられた欲望は止まらない、というのを再現している。

そう考えると、自分もクズに走る可能性が否定できません。

でも、この大学生という年代。

 

さらに童貞で、という麻雀で言えば満貫確定コースの条件です。

そりゃ、もう少し道を踏み外れたら、後は転げ落ちるのみですよね。

それに、10代の終わりで周りが卒業していて、さらに年上の・・・と来たら確実に男の子であれば欲望に逆らえません。

 

恋愛の延長線上に欲望があるのか、欲望が先でその後から恋愛が付いてくるのか。

本当に好きな人に対しては、表に出せない。

そういうような一面も上手いこと描かれています。

 

とはいえ、テーマが「浮気」ですから人によっては即座にアウトでしょう。

それでも、読んで楽しめた作品でしたね。

まとめ

全2巻とはいえ、非常に上手くまとまっていると思います。

特に、欲望に転げ落ちていく心理などは唸らせてくれました。

 

あと、読んだ後に調べて知ったのですが、「ヒメゴト」の作者の方だそうで。

カラー絵が随分と違うなって言うことで驚いてしまいました。

そのうち、「ヒメゴト」も読んでみたいと思います。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「溺れる花火」を読む(スマホ版

BookLive「溺れる花火」を読む(PC版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です