「風俗嬢になったワケ~烙印~」結末のネタバレと無料試し読み

風俗嬢に陥る理由は人それぞれ、ということがよくわかりました。

このケースは、人妻専門のデリヘルです。

へえ~そんなのあるんだあ(棒)

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「風俗嬢になったワケ~烙印~」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「風俗嬢になったワケ~烙印~」結末のネタバレ

椎名陽子は32歳の主婦。

22歳の時に結婚し、夫の両親と同居。

23歳で娘の萌を産み、娘が幼稚園に上がる頃、パートを始めた。

夫の両親ともうまくいっており、幸せな家庭生活だった。

 

夫の浮気が発覚

しかし、萌が小学校に上がる頃のことだった。

夫とはここ最近一か月のセックスレス。

それも、なんだか夫の様子がおかしい。

 

ある日、夫は、「ヘンなモノが出来た」と言って、自分の性器を見せてきた。

そこには、なんと直径1ミリくらいのイボがビッシリあった。

痛みはないというものの、あわててその翌日、泌尿器科を受診した。

 

医師が言うには、夫は性病の一種・尖圭コンジローマだという。

それを聞いて陽子は愕然とし、医師の説明もほとんど頭に入らない。

性病ということは、もしや夫は・・・。

 

念のため、陽子も婦人科で検査を受けたが、感染はしていなかった。

夫は飲みに行った先で若い子と浮気したことを土下座して謝った。

もう浮気しない、と言う夫を、2度目はないから、と許したつもりだった陽子。

 

しかし、それ以来、夫の病気が治っても、夫を汚らわしいと思い、受け入れられなくなった。

夫は、陽子がセックスさせてくれないのに、浮気するなと責めるのか、と反発する。

 

陽子はそれに対して、外で浮気でもなんでも勝手にすればいい、と突き放してしまう。

あなたは萌の父親なんだから、子供だけは作らないで、と念を押す陽子に頷くしかない夫。

 

300万円の借金

そんなある日、陽子の職場に一本の電話がかかってくる。

それはかつて、陽子の夫が浮気し、性病を伝染された女の彼氏だった。

男は、会社にバラされたくなかったら300万円用意しろ、と脅迫してきた。

 

喧嘩したばかりの夫には頼れない陽子は、金融ローンで借金して払った。

それから、家計は苦しくなる一方だった。

不景気で夫の給料は下がり、返済の他に車のローンも抱えていた。

 

萌の学校の役員も務めていたため、陽子がフルタイムで働くことは難しかった。

そんな時、友人のナツミと会うことになった陽子。

 

ナツミの夫はしょっちゅう浮気をし、金遣いも荒いと聞いていたのだが、ナツミはフェラガモのバッグを持ち、羽振りが良さそうであった。

ナツミはなんと、時給8千円のデリヘルをやっているという。

 

本番はないから良かったら紹介する、と言われたものの、かなり迷う陽子。

夫のように性病にかかる危険性も考えたが、時給の良さに負けて一日体験することに。

 

人妻専門のデリヘルに

紹介されたそこは、人妻専門のデルヘルで、客は年配の男性が多かった。

しかし、いきなりフェラを求められ、それが初めてだった陽子は、吐き出してしまう。

店長には注意されたが、失敗したことで却って気負いがなくなり、そのまま続けて働くことに。

 

陽子はだんだんと慣れていき、夫とはセックスレスということもあり、楽しむまでになった。

しかも、バイト代は最低でも一日一万円にはなり、借金返済も順調だった。

同居する夫の両親には、普通のバイトをしていると言ってあった。

 

それに、帰りの遅い夫はどうせ女のところへ行っているのだろうと、罪悪感も全く無かった。

それでも、帰宅して子供の顔を見ると胸が痛んだ。

しかし、大事な収入源をなくすことはできなかった。

 

昼間は普通にパート、週2日の平日の夜と、土日のどちらかの昼間にデリヘルをする生活。

抱えているローンを返済するまでは、続けていくつもりだった。

夫としてはダメだったが、休日には一緒に出かけるなど、萌にとってはいい父親だった。

 

夫とは離婚せずにお互いが自由に生きる道を選択した、と思う陽子。

夜になって、一人で眠る寂しさを埋めるものは・・・。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想

そもそものきっかけとしては、300万の借金なんですが、陽子の場合、その仕事を続けるのはそれだけではないようです。

というより、けっこう楽しんでいるように見えました。

しかし、いくらか納得行かない部分が・・・。

 

まず、勝手に浮気されて性病までもらってきた夫のせいで脅迫されたものなのに、一人でそれを抱えちゃいますかね?

300万円も・・・。

 

そして、脅迫してきたチンピラも、なんと親切なことに、1回こっきりで引き下がってくれるんですねー。

ちょっと不思議な気もしました。

そして、もう一つ納得行かないのは、陽子の髪型が32歳にしては、オバちゃんパーマすぎるような・・・。

 

陽子さんは、顔はかわいいのか分かりませんが、坊主になったことない、と自慢していました。

あ、坊主っていうのは、デリヘルで一日指名ゼロになることだそうです。

それも意外でしたけど。

 

かわいくて人気があるようなんですよ。

それが理解し難いのは、自宅で夫と眠る時は、家のおかんが来てるような正直言ってダサい寝間着なので、風俗で働いてるようには見えないのです。

 

夫の両親同居なのでしょうがないんでしょうけど。

もしかして、普通の家のおかんも、風俗で働いてるかもよ、という警鐘だったら恐ろしいことなんですが。

 

まとめ

烙印、なんていうから、何かのレッテルを貼られる被害にあって・・・。

て感じの深刻な事態を想定したのですが、何というかまあ・・・、その人がいいならいいんじゃないですかね、という感じです。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「風俗嬢になったワケ~烙印~」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。