「オネエ失格」3巻のネタバレと感想!喜一とえみの関係は発展中!

ゲイの年上従兄妹・喜一と、普通女子・えみカップルの恋愛物語。

前回、とうとう両想いとなった二人。

二人のその後をネタバレしていきます。

 

前の巻を知らない人は下の記事からどうぞ。

「オネエ失格」2巻のネタバレと感想!喜一に心境の変化が?

2017.01.29

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先で「オネエ失格」と検索すると読めます。

HandyTLコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(PC版)

 

「オネエ失格」3巻のネタバレ

6歳年上の従兄妹・喜一へ自分の想いを告げたえみ。

最初は、ゲイである喜一に告白したところで玉砕するかもと思っていたが、めでたく両想い。

そのまま、互いの想いを確かめるように身体を触れ合わせる。

 

しかし、喜一によってもたらされる快楽に溺れたえみが気付くと、そこは自室。

喜一の店にいたはずなのに、途中から記憶がない。

しかも、どうやら喜一と結ばれた痕跡が身体にはなく。

 

何かやらかしてしまったのかと戸惑うえみ。

けれど、事情を聞きたくても当事者の喜一の姿が部屋にない。

そして、えみの携帯電話には、シフト変更で仕事へ行くという喜一からのメールが入っていた。

 

事情を聞き出すことも、ことの続きも先延ばし。

えみは、それならばと喜一の休みの日を待つことに。

そして、やって来た喜一の休み前日。

 

いつもより入念に身体を磨き、下着も新調して準備万端で待つえみ。

だが、なぜか喜一はにこやかに「おやすみなさい」と。

混乱するえみだったが、それは次の休み前も、その次もと続く。

 

喜一の店で触れられて以降、全くえみに手を出してこない喜一。

もしや、自分に色気が無いからか、と悩み始める。

そしてえみは、会社の同僚女性二人に、思わずぼやきを漏らしてしまう。

 

食いついてきた同僚に、かいつまんで相談するえみ。

すると、うち一人の同僚が、前回同様、考えずに自分から動いてみたらと。

そして、吹っ切れたえみは、二人にお礼を言うと、笑顔で心を決めた。

 

えみは、帰路を急ぎ、その勢いのまま部屋の喜一に外出しようと誘う。

戸惑う喜一を引っ張り出して向かった先は、ドラッグストア。

そして、赤面しながらも、一緒にコンドームを選ぼうと言うえみ。

 

最初は動揺していた喜一だが、えみが語る素直な心の内を聞き、キスを返す。

さらにスイッチの入った喜一は、喜々として選び始めた。

えみが今まで悩んでいたのが馬鹿らしいくらい、ノリノリの喜一。

 

足りないかもしれないが我慢すると不敵に笑う喜一に、えみは思わず焦りを覚えてしまう。

そして、えみと喜一は帰宅すると、靴を脱ぐのも焦れるかのように寝室へとなだれ込み。

 

詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

HandyTLコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(PC版)

 

「オネエ失格」3巻を読んだ感想

今回は、両想い後、初のベッドシーンまでが描かれていました。

しかし、前回前々回とは違い、なかなか豹変しない喜一くん。

そして、そんな喜一くんに戸惑うえみちゃんの迷走っぷり。

 

確かに、豹変した喜一くんを見ているえみちゃんからすれば、ギャップに驚きますよね。

喜一くんが触れてこないなんて、みたいな。

けれどその理由は、またしてもえみちゃんを気遣うものという。

 

普段は男性を抱いていたために、改めて女性の身体の弱さを知り、自粛していた喜一くん。

ただ、触れちゃうと歯止めが利かない可能性があるからと。

あまりに極端すぎて、不安にさせちゃうところが面白いですが。

 

それでも、やはりえみちゃんの歩み寄りというか、タックルするかのような対応のお陰か。

ちゃんと想いを理解し合うことができて、たっぷり甘い雰囲気に。

まだまだ続きますが、今度はどんな展開になっていくのでしょうか。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先で「オネエ失格」と検索すると読めます。

HandyTLコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(PC版)

 

次は下から!

「オネエ失格」4巻のネタバレと感想!喜一の態度にえみはモヤモヤ?

2017.02.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。